映画-Movie Walker > 人物を探す > 里中哲夫

年代別 映画作品( 1976年 ~ 2013年 まで合計11映画作品)

2013年

プリンの味

  • 2013年3月2日(土)
  • プロデューサー

文化庁委託事業としてVIPO(映像産業振興機構)が企画する“ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2012”の製作実地研修として製作された作品。おじいちゃんが買ったプリンを孫が食べてしまったことから起こる騒動を描く。出演は子役の金井光翔、「カラスの親指」の上田耕一。監督は「しゃったぁず・4」の畑中大輔。

監督
畑中大輔
出演キャスト
金井光翔 上田耕一 小林麻子 寺十吾
2006年

転がれ!たま子

  • 2006年2月4日(土)
  • プロデューサー

好物は甘食、どこへ行くにも鉄カブトが手離せないという風変わりでキュートなヒロインの“変身”を描くコメディ。山田麻衣子、竹中直人ら多彩なキャストも魅力的。

監督
新藤風
出演キャスト
山田麻衣子 岸本加世子 竹中直人 松澤傑
2004年

零 ゼロ

  • 2004年1月31日(土)
  • プロデューサー

太平洋戦争末期を舞台に、特攻隊として戦火に散った、若きパイロットたちの運命を描いた戦争ドラマ。主演は特撮ドラマ「ウルトラマンコスモス」で人気を博した杉浦太陽。

監督
井出良英
出演キャスト
杉浦太陽 高野八誠 辺見えみり 犬塚弘
2002年

折り梅

  • 2002年3月16日(土)
  • プロデューサー

「ユキエ」の松井久子監督が感動の実話「忘れても、しあわせ」を映画化。痴呆の老親を抱える家族の戸惑いと葛藤、失われた絆の再生までを真摯に見つめた人間ドラマ。

監督
松井久子
出演キャスト
原田美枝子 吉行和子 トミーズ雅 田野あさ美
1999年

大阪物語(1999)

  • 1999年3月27日(土)
  • プロデューサー

漫才師の両親を持つ多感な少女の心の成長を、大阪の暮らしや四季のうつろいの中に綴った青春ドラマ。監督は「たどんとちくわ」の市川準。脚本は「何もかも百回も言われたこと」の犬童一心。撮影を「たどんとちくわ」の小林達比古と「つぐみ」の蔦井孝洋が担当している。主演は、映画初出演の池脇千鶴と新人・南野公助、そして「虹をつかむ男」の田中裕子と「夢二」の沢田研二。関西テレビ開局40周年記念、芸術文化振興基金助成作品。

監督
市川準
出演キャスト
池脇千鶴 南野公助 沢田研二 田中裕子
1998年

Looking For

  • 1998年3月14日(土)
  • 製作

病床の母の為、20年前に蒸発した父を探す旅に出た女性の成長を描く青春ロード・ムービー。監督は「ソクラテス」の鶴巻日出雄。脚本は小林弘利。撮影を「ソクラテス」の東原三郎が担当している。主演は「ママレード・ボーイ」の國府田マリ子。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
鶴巻日出雄
出演キャスト
國府田マリ子 大森南朋 津川雅彦 丘みつ子
1997年

東京夜曲

  • 1997年6月21日(土)
  • プロデューサー

東京の片隅にある商店街を舞台に、そこに暮らす人々の心模様を描いた人間ドラマ。監督は「トキワ荘の青春」の市川準。脚本は「正門前行」の佐藤信介。撮影に「トキワ荘の青春」の小林達比古があたっている。主演は「瀬戸内ムーンライト・セレナーデ」の長塚京三と「スワロウテイル」の桃井かおり。「うなぎ」の倍賞美津子、NHK『大地の子』などで注目を集めた映画初出演の上川隆也が共演している。97年、モントリオール国際映画祭コンペティション部門正式上映作品で、市川準が同映画祭の監督賞を受賞した。97年度キネマ旬報ベスト・テン第4位。桃井が主演女優賞、倍賞が助演女優賞を揃って受賞した。

監督
市川準
出演キャスト
長塚京三 桃井かおり 倍賞美津子 上川隆也
1996年

トキワ荘の青春

  • 1996年3月23日(土)
  • プロデューサー

今から40年ほど前、石森章太郎、赤塚不二夫、藤子不二雄ら、多くの明日を夢見る若いマンガ家たちが青春時代を過ごした実在のアパート“トキワ荘”での彼らの物語を、史実に基づいて描いたフィクション。監督は「東京兄妹」の市川準。脚本は市川と自主映画作家で「東京兄妹」でも共同脚本をつとめた鈴木秀幸、演出助手も兼ねた森川幸治の3人による共同。撮影も「東京兄妹」の小林達比古が担当した。主演のトキワ荘のリーダー格・寺田ヒロオに「GONIN」の本木雅弘、赤塚不二夫に「静かな生活」の大森嘉之がふんしたほか、小劇場、自主映画などで活躍する個性派が多数、実在のマンガ家役でキャスティングされている。96年度キネマ旬報ベストテン第7位。2020年5月、デジタルリマスター版公開。(配給:カルチュア・パブリッシャーズ)

監督
市川準
出演キャスト
本木雅弘 鈴木卓爾 阿部サダヲ さとうこうじ
1993年

病院で死ぬということ

  • 1993年7月24日(土)
  • プロデューサー

ガン告知を受けた患者たちの闘病の日々を、彼らと接する家族や医師らの姿を交えながら描き、ターミナルケア(末期医療)の問題をとらえたドラマ。山崎章郎の同名原作(主婦の友社・刊)をもとに、「ご挨拶」の中の一挿話『佳世さん』の市川準が監督・脚本。患者たちの姿はフィックスで据えたフルサイズのベッドの映像で終始描写され、随所に人生のイメージを四季にわたり追った映像がはさみ込まれていく、ドキュメンタリー的な手法で描いていく。キネマ旬報ベストテン第三位。

監督
市川準
出演キャスト
岸部一徳 塩野谷正幸 石井育代 山内明
1989年

あしたが消える どうして原発?

  • 1989年5月26日(金)
  • 製作

原子力発電所で働いていた父親が骨がん死したことに疑問を持った主婦の投稿を元に、原発作業員達や医師、設計者の証言により原発の危険性に警鐘を鳴らすドキュメンタリー。構成・演出は「マザー・テレサとその世界」の千葉茂樹。製作は平形則安、溝上潔、里中哲夫。平形が、1988年5月2日付け朝日新聞の「ひととき」欄に掲載された仙台市の主婦の投稿「『安全な原発』と父の死」を読み、原発に疑問を持ったのがきっかけで製作された。2011年8月6日より東京・渋谷ユーロスペースにてリバイバル公開。

監督
出演キャスト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 里中哲夫