映画-Movie Walker > 人物を探す > ルス・レニック

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1931年 まで合計7映画作品)

1931年

ブロードウェイの西

  • 1931年公開
  • 出演(Barbara 役)

ラルフ・グレイヴス・とメレディスが合作したストーリーからジーン・マーキーが撮影台本を書き上げ、台詞を付し、「暗黒街に踊る」「夜歩きパリ雀」のハリー・ボーモンが監督し、「あけぼの」「運命の兄弟」のメリット・B・ガースタッドが撮影した映画で、「運命の兄弟」「パリの魔人」のジョン・ギルバート、「大西洋横断」「感激の怒濤」のロイス・モーラン、「印度の寵児」のマッチ・エヴァンス、「脱走兵」のラルフ・ベラミー、「各国の女」のエル・ブレンデル、グウェン・リー、ヘッダ・ホッパー等が主演している。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
ジョン・ギルバート エル・ブレンデル ロイス・モラン マッジ・エヴァンス
1924年

運転手閣下

  • 1924年公開
  • 出演(Grace_Brown 役)

「名馬一鞭」に続いてジョニー・ハインズ氏がワーナー・ブラザース社で主演した映画で、原作は氏自身が書き、チャールズ・ハインズ氏とフランク・グリフィン氏とが監督した。ハインズ氏の相手には「自由結婚」出演のドリス・メイ嬢である。

監督
チャールズ・ハインズ フランク・グリフィン
出演キャスト
ジョニー・ハインズ ドリス・メイ ダン・メーソン Byron Sage
1923年

王様万歳

  • 1923年公開
  • 出演(Princess_Hedwig 役)

ジャッキー・クーガンがソル・レッサーのもとを離れメトロ社に移っての第1回作品で原作はアメリカの閨秀作家メアリー・ロバーツ・ラインハート(「白薔薇の君」などの原作を書いた人)の小説で、これをC・ガードナー・サリヴァンが映画劇的に書き直し、イヴ・アンセルが撮影台本を書いた。監督は「田園詩人」等を監督したヴィクター・シェルツィンゲルで、クーガンの相手役には「ロビン・フッド(1922)」「剣の輝き」等出演のアラン・ヘール、古いミンター映画の相手役であったアラン・フォレスト、「南海の情火」「キスメット(1920)」等出演のローズマリー・セビー、「臆病男」「闇黒部落」等出演のルース・レニック等が出演する。バルカンの仮想国を背景の物語である。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
ジャッキー・クーガン ローズマリー・セビー ルス・レニック ヴェラ・ルイス
1921年

黄金の罠

  • 1921年公開
  • 出演(Celie 役)

「氷原の彼方へ」「大北の生」「ふさと」「雪国の掟」などの原作者ジェームズ・オリヴァー・カーウッド原作の例によって雪の北国を題材とした物語で、カーウッドがファースト・ナショナルから発売した最後の作品である。「氷原の彼方へ」「大北の生」と同じくルイス・ストーンが乗馬警官隊レイニー部長に扮し、ウォーレス・ビアリー、メルボーン・マクドウィェルらが出演している。

監督
デイヴィッド・M・ハートフォルド
出演キャスト
ルイス・ストーン ウォーレス・ビアリー メルボーン・マクドウェル ルス・レニック

正義の蛮勇

  • 1921年公開
  • 出演(Beth_Lynne 役)

ジャック・ストラムワッサーとクライド・ウェストーヴァーの合作で監督は「命を売る男(1923)」「陸上将軍」等と同じくエドワード・セジウィック、「豪傑ダン」「死線突破」等主演のバック・ジョーンズが主役を演じ、ルス・レニックが対手である。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
バック・ジョーンズ ルス・レニック アーサー・カリュー ジェームズ・ファーレー

丑満時

  • 1921年公開
  • 出演(Viola_Capbell 役)

オーガスタス・トーマス氏の有名な同名の舞台劇を「緑の誘惑」等と同様ジュリア・クロフォード・アイヴァース・アイヴァース女史が脚色し、故ウィリアム・デスモンド・テイラー氏が監督したパラマウント映画である。珍しい事に多くの同社映画で殆ど相手役としてのみ出演していたエリオット・デクスター氏が主演している。相手役は「氷原の獅子咆」「暗黒部落」等出演のルス・レニック嬢で、その他ウィンター・ホール氏がメアリー・アルデン嬢等立派な顔触れである。 譚りはジャック・ブルックフィールドというケンタッキーの賭博者を中心としたもので、彼の姪の許嫁者クレイ・ホィップルがある殺人事件について嫌疑をかけられた。その真相を明らかにする迷宮の鍵を彼が握っている所から素晴らしく劇的な筋を展開するのである学界に興味ある問題として研究の余地をまだ残している所の睡眠術の不思議を劇中に取り入れてある点については「暁の前1時間」等と同様な趣きがある。

監督
ウィリアム・デスモンド・テイラー
出演キャスト
エリオット・デクスター ウィンター・ホール ルス・レニック ロバート・ケイン
1920年

ジャクリン家の人々

  • 1920年公開
  • 出演(Millie_Lundsford 役)

ジョージ・メルフォードが「一網打尽」「我が妻を見よ」に続いて監督製作した作品で、主役は前2映画にも出たメイベル・ジュリエンヌ・スコット。そのほか「アナトール」「陰陽の人」出演のモント・ブルーやチャールズ・オーグルも主要な役を演じている。オピー・リードとオーガスタス・タマス共作の北カロライナの山の中に起こる静かな一篇の田園劇である。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
メイベル・ジュリエンヌ・スコット モント・ブルー ルス・レニック チャールズ・オーグル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルス・レニック