TOP > 映画監督・俳優を探す > Fred Esmelton

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1931年 まで合計11映画作品)

1931年

帰って来た恋人

  • 1931年
  • 出演(Butler 役)

「泥人形」のコンスタンス・ベネットが主演する映画で、「大自然の王者」「曠原の血煙」アーネスト・パスカルが原作脚色台詞を書き、「魅惑を賭けて」「三面記事の女」のポール・L・スタインが監督に当たり、「ビッグ・マネー」のジョン・J・メスコールが撮影 した。助演者は「街のをんな」のジョエル・マクリー「夜霧の女」のポール・カヴァナー、「スパイ(1930)」のアンソニー・ブッシェル、「ウォタルウ橋」のフレデリック・カー、「陽炎の春」のウイズ・クロッサー・ヘイル、その他クロード・クング、メアリー・フォーブス等である。

監督
ポール・L・スタイン
出演キャスト
コンスタンス・ベネット ジョエル・マクリー ポール・カヴァナー フレデリック・カー
1928年

ミシガン小僧

  • 1928年
  • 出演(Hiram_Morris 役)

映画では随分とお馴染みの作家レックス・ビーチ氏の原作の映画化で、J・グラブ・アレキサンダー氏が脚色したものから、ピーター・ミルン氏が撮影台本を作り、それを本として「大自然を敵として」等と同じくアーヴィン・V・ウィラット氏が監督したものである。主役は「囁きの小道」「男の名を言え」等出演のコンラッド・ネーゲル氏と「大自然を敵として」「ビック・パレード」等出演のルネ・アドレー嬢との2人で、ロイド・ウィトロック氏、モーリス・マーフィー君、などが助演する。

監督
アーヴィン・V・ウィラット
出演キャスト
コンラッド・ネーゲル ルネ・アドレー ロイド・ウィトロック Fred Esmelton

スペインの花

  • 1928年
  • 出演(Meinherr_Van_Rycke 役)

「夢想の楽園」「魔炎」「悲恋舞曲」等と同じくロナルド・コールマン氏、ヴィルマ・バンキー嬢共演の映画であるが、2人の顔合わせはこれをもってひとまず終わりとし少なくともこの後当分の間は2人は別れ別れになって撮影する筈である。この映画は原作をバロネス・オルチーの小説LeatheFaceに仰ぎ、アリス・D・G・ミラー女史がそれを脚色し、「椿姫(1927)」「悪魔の踊子」等と同じくフレッド・ニブロ氏が監督の任に当たった。助演者として「赤い鳩」「断想の悲曲」等出演のノア・ビアリー氏を始めとしナイジェル・ド・ブルリエ氏、ヴァージニア・ブラッドフォード嬢、ヘレン・ジェローム・エディー嬢、ポール・ルーカス氏等が出演する。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ロナルド・コールマン ヴィルマ・バンキー ノア・ビアリー ナイジェル・ド・ブルリエ
1927年

憂国の義人

  • 1927年
  • 出演(Commissioner_Ainsworth 役)

「人間力」「上海目指して」に次ぐリチャード・ディックス氏主演映画で、グローヴァー・ジョーンズ氏が執筆した原作をレイ・ハリス氏とサム・ミンツ氏とが脚色し、「青春倶楽部(1926)」「好いて好かれて」等のディックス映画をものしたグレゴリー・ラ・カヴァ氏が監督したものである。助演者は「抜き足さし足」「ネバダ男」等出演のセルマ・トッド嬢、「暗黒街」「決死隊」等出演のフレッド・コーラー氏。

監督
グレゴリー・ラ・カヴァ
出演キャスト
リチャード・ディックス セルマ・トッド フレッド・コーラー Fred Esmelton

正義の楯

  • 1927年
  • 出演(Howard_O'Day 役)

「メイル・マン」「第四の戒律」等と同じくエモリー・ジョンソン氏の監督作品で、原作はいつもと同様に氏の母堂エミリー・ジョンソン夫人が書いている。脚色はレイ・ジャコブソン氏とグラディス・レーマン女史との二人。主演するのは「ボー・ジェスト(1927)」「マザー・マクリー」出演のニール・ハミルトン氏と斯うしたジョンソン物には常に主役を演ずるラルフ・ルイス氏とで、「大学生活」出演のドロシー・ガリヴァー嬢を始めとして、久振りのナイジェル・バリー氏、クレア・マクドウェル嬢、ハリー・ノースラップ氏、セルマ・トッド嬢、ジョセフ・W・ジラード氏等が助演する。

監督
エモリー・ジョンソン
出演キャスト
ニール・ハミルトン ドロシー・ガリヴァー ラルフ・ルイス ナイジェル・バリー

支那の鸚鵡

  • 1927年
  • 出演(Alexander_Eden 役)

「猫とカナリヤ」に次いでポール・レニ氏が監督した探偵劇で、アール・ディア・ビッガース氏作の同名の小説をJ・グラブ・アレキサンダー氏が脚色したもの。主要俳優は「修羅のサーカス」「マラソン結婚」等出演のマリアン・ニクソン嬢、「ビッグ・パレード」「地獄極楽」等出演のホバート・ボスウォース氏、「囁く電線」「快傑義涙」等出演のエドモンド・バーンズ氏及び「太平洋横断」「漂泊い人」等出演の上山草人氏が活躍し、アンナ・メイ・ウォン嬢、アルバート・コンテイ氏、桑原ジョージ氏、等が助演している。

監督
パウル・レニ
出演キャスト
マリアン・ニクソン フローレンス・ターナー ホバート・ボスウォース エドモンド・バーンズ
1926年

猿飛カンター

  • 1926年
  • 出演(Tom's_Lawer 役)

ウィリアム・アンソニー・マクガイア氏、オットー・ハーバッハ氏合作のフローレンズ・ジーグフィルド舞台喜劇「キッド・ブーツ」を映画化したもので、ルーサー・リード氏が改作しトム・ギブソン氏が脚色し、「美女競艶」「女王蜂」等と同じくフランク・タトル氏が監督した。この喜劇を舞台で三年間主演したエディー・カンター氏が主役で、「昇天の意気」「紅の大空」等出演のクララ・ボウ嬢、「白馬王国」「盗賊」等出演のビリー・ダヴ嬢、「美女競艶」「女王蜂」等出演のローレンス・グレイ嬢、マルコム・ウエイト氏等も出演する。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
Kid Boots クララ・ボウ ローレンス・グレイ ビリー・ダヴ
1925年

加州目指して

  • 1925年
  • 出演(Mr._Hayden 役)

バイロン・モーガン氏とハリー・ポラード氏がデニー氏の為に書き卸し、ポラード氏がベアトリス・ヴァン女史と主に脚色し、「女難襲来」「おお、先生」と同じくポラード氏が監督した自動車喜活劇で、主役はレジーノールド・デニー氏、相手役は「そばかす大統領」「処女時代」等主演のガートルード・オルムステッド嬢が演じ、トム・ウィルソン氏、チャールズ・ジェラード氏等が助演している。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
レジナルド・デニー ガートルード・オルムステッド トム・ウィルソン チャールズ・ジェラード

快走百万哩

  • 1925年
  • 出演(Hon._R._C._Lowden 役)

グレゴリー・ロジャース氏の原作をエドワード・T・ロウ・ジュニア氏が脚色し、アール・C・ケントン氏が第1回作品として監督したキ活劇で、主役は「特別最大急行」等出演のモント・ブルー氏が演じ、相手役は「蕃地のロレーン」「夜の馬鹿」等出演のバッシー・ルス・ミラー嬢が勤めている。その他リンカーン・ステッドマン氏、トム・マッカーサー氏等が助演している。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
モント・ブルー パッシー・ルス・ミラー Fred Esmelton リンカーン・ステッドマン
1924年

運転手閣下

  • 1924年
  • 出演(Dennan_Connelly 役)

「名馬一鞭」に続いてジョニー・ハインズ氏がワーナー・ブラザース社で主演した映画で、原作は氏自身が書き、チャールズ・ハインズ氏とフランク・グリフィン氏とが監督した。ハインズ氏の相手には「自由結婚」出演のドリス・メイ嬢である。

監督
チャールズ・ハインズ フランク・グリフィン
出演キャスト
ジョニー・ハインズ ドリス・メイ ダン・メーソン Byron Sage
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > Fred Esmelton

ムービーウォーカー 上へ戻る