TOP > 映画監督・俳優を探す > ダン・メーソン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1985年 まで合計13映画作品)

1985年

スター・ファイター

  • 1985年4月20日(土)
  • 出演(Lord_Kril 役)

ビデオ・ゲームの名人が宇宙戦士として侵略者と闘うというSF映画。製作はゲイリー・アデルソン、エドワード・O・デノールト。監督はニック・キャッスル。脚本はジョナサン・ビチュエル、撮影はキング・バゴット、音楽はクレイグ・サファン、プロダクション・デザインはロン・コブの担当。主題歌Just One Star Beyondをメリサ・マンチェスターが歌っている。出演はランス・ゲスト、ダン・オハーリーなど。パナビジョンで撮影。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は大野隆一。テクニカラー、シネスコサイズ。1984年作品。

監督
ニック・キャッスル
出演キャスト
ランス・ゲスト ロバート・プレストン ダン・オハーリー キャサリン・メアリー・スチュワート
1927年

蛮勇ギブソン

  • 1927年
  • 出演(Jimmy 役)

「ギブソン大手柄」「無敵ギブソン」等と同じくフート・ギブソン氏主演セブ劇で、ピーター・B・カイン氏作の短編小説に基づいてアーサー・スタッター氏とメアリー・アリス・スカリー女史とが映画脚色し、デル・アンドリュース氏が監督し、エスリン・クレア嬢、エドワード・ハーン氏等が助演している。

監督
デル・アンドリュース
出演キャスト
フート・ギブスン エスリン・クレア エドワード・デイヴィス エドワード・ハーン

支那の鸚鵡

  • 1927年
  • 出演(Proepector 役)

「猫とカナリヤ」に次いでポール・レニ氏が監督した探偵劇で、アール・ディア・ビッガース氏作の同名の小説をJ・グラブ・アレキサンダー氏が脚色したもの。主要俳優は「修羅のサーカス」「マラソン結婚」等出演のマリアン・ニクソン嬢、「ビッグ・パレード」「地獄極楽」等出演のホバート・ボスウォース氏、「囁く電線」「快傑義涙」等出演のエドモンド・バーンズ氏及び「太平洋横断」「漂泊い人」等出演の上山草人氏が活躍し、アンナ・メイ・ウォン嬢、アルバート・コンテイ氏、桑原ジョージ氏、等が助演している。

監督
パウル・レニ
出演キャスト
マリアン・ニクソン フローレンス・ターナー ホバート・ボスウォース エドモンド・バーンズ

思い出の道

  • 1927年
  • 出演(Roberts 役)

ドロシー・ハウエル女史作の物語によって「負けじ魂」等と同じくエドワード・エッチ・グリフィス氏が監督したもので、主役は「女房いぬ間に」「偽りの警報」等出演のドロシー・レヴイアー嬢と「恋は異なもの」「花嫁歓迎」等出演のマルコーム・マツグレゴア氏が演じ、ウィリアム・ヴイ・モング氏、グスタフ・フオン・セイフエルテイツ氏等が助演している。

監督
エドワード・H・グリフィス
出演キャスト
ドロシー・レヴィア マルコム・マッグレガー ウィリアム・V・モング グスタフ・フォン・セイファーティッツ
1926年

消防隊

  • 1926年
  • 出演(Peg_Leg 役)

「恋と拳闘」「楽園に帰る(1928)」等出演のチャールズ・レイ氏と「極楽トンボ三人連」「責閑夫人」等出演のメイ・マクァヴォイ嬢との主演するもので、ケイト・コーバリー女史の原作により、ロバート・リー氏が改作し、アルフレッド・A・コーン氏が脚色し、それをウィリアム・ナイ氏が監督した。で、バート・ウッドラフ氏、ホームズ・ハーバート氏、ワーナー・リッチモンド氏、トム・オブライエン氏、ド・ウィット・ジェニング氏等が助演する。

監督
ウィリアム・ナイ
出演キャスト
メイ・マカヴォイ チャールズ・レイ ホームズ・ハーバート トム・オブライエン
1925年

大山鳴動(1925)

  • 1925年
  • 出演(Pa_MacBirney 役)

パール・フランクリン女史作の舞台劇に基づいてイヴ・アンセル女史が脚色し「廻る小車」「サイベリア」等と同じくブィクター・シュルツィンガー氏が監督したもので、主役は「サンディー」「踊り狂う人々」等出演のマッヂ・ベラミー嬢で、対手役は「サンディー」「なまけ者」等出演のレスリー・フェントン氏が演じ、ザス・ピッツ嬢、アレック・B・フランシス氏、アーサー・ハウスマン氏、エミリー・フィッツローイ嬢、オーティス・ハーラン氏、ラッセル・シンプソン氏、ジェーイ・ハント氏、ポール・パンザー氏等の腕利き連が助演している。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
マッジ・ベラミー レスリー・フェントン アレック・B・フランシス ポール・パンザー

喧嘩両成敗

  • 1925年
  • 出演(Davis 役)

ガイ・ボルトン氏作の舞台劇に基いてケネス・B・クラーク氏が脚色し、「なまけ者」「秘密」等と同じくフランク・ボーゼージ氏が監督したもので、俳優は「サンキュー」等出演のジャクリーン・ローガン嬢を始めクレイトン・ヘール氏、ザス・ピッツ嬢、アール・フォックス氏、クロード・ギリングウォーター氏、デイヴィッド・バトラー氏、マーガレット・リヴィングストン嬢、マーガレット・セドン嬢及びダン・メーソン氏等の賑やかな顔振れである。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
ジャクリーヌ・ローガン クレイトン・ヘール ザス・ピッツ アール・フォックス

踊子サリー

  • 1925年
  • 出演(Pops_Stendorf 役)

原作はガイ・ボルトン氏作のミュージカル・コメディーでニューヨークでジーグフェルドが長期興行をなして当てたものである。ジューン・メイシス女史が脚色したものを「小公子」「滑稽ホリウッド」等と同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督した。主役は「愛の救援列車」「青春に浴して」等出演のコリーン・ムーア嬢で「ロスト・ワールド」及び「嫉妬の創痕」等出演のロイド・ヒューズ氏が相手役を演じ、ジーグフェルド一座で大当たりを取ったレオン・エロール氏が同じく公爵の役を演じ、その他エヴァ・ノヴァク嬢、マートル・テッドマン嬢等が助演。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
コリーン・ムーア ロイド・ヒューズ レオン・エロール ダン・メーソン
1924年

楽天王ハム

  • 1924年
  • 出演(Dan 役)

「いとしの我児」に続くベン・アレクサンダー主演映画で、J・K・マクドナルド氏の原作、ヴァイオレット・クラーク女史,レックス・ニール氏、ジョン・W・グレイ氏の脚色、「子供の世界」「いとしの我児」等と同じくウィリアム・ボーディン氏が監督した。アレクサンダー君の対手にはマーメイド喜劇でお馴染みのロイド・ハミルトン氏、「海賊アップルジャック」出演のマット・ムーア氏、「花聟試験」「夜の馬鹿」出演のパッシー・ルス・ミラー嬢その他メアリー・カー婦人やサム・ド・グラッス氏等が出演している。愉快な喜劇である。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
ベン・アレクサンダー ロイド・ハミルトン マット・ムーア パッシー・ルス・ミラー

猿公万歳

  • 1924年
  • 出演(Henry_Baldwin 役)

エドワード・モーラン氏が書き卸したものをリイズ・サイラー氏が監督製作した動物喜劇で、フォックス社インピリアル・コメディでお馴染みのマックス,モリッツ、ペップの猿優連が主演し「争闘の熱血」「ニューヨークの十字街」のジョージ・オハラ氏が特に出演している。

監督
ルイス・サイラー
出演キャスト
ジョージ・オハラ Nell Brantley スタンリー・ブライストン ダン・メーソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ダン・メーソン

ムービーウォーカー 上へ戻る