映画-Movie Walker > 人物を探す > 香田修

年代別 映画作品( 1976年 ~ 1996年 まで合計5映画作品)

1996年

嗚呼!!花の応援団(1996)

  • 1996年11月9日(土)公開
  • 出演(赤木 役)

大学応援団に入部した新入生が、パワフルな先輩たちとの交流の中で次第に男気に目覚めていく様を描いたアクション・コメディ。監督・脚本は「武闘派刑事2 HEART_CRASH」の高瀬将嗣。撮影を「リストラ代紋 史上最強の公務員」の佐藤徹が担当している。主演はオーディションで選ばれた「武闘の帝王2」の金井茂。原作はどおくまんの同名コミックで、映画化は77年の「嗚呼!! 花の応援団 男涙の親衛隊」以来、19年ぶりとなる。また、製作総指揮を同作で主役・青田赤道を演じた本間進が担当しているほか、なぎら健壱や宮下順子ら、旧シリーズのメンバーが再集結しているのも話題となった。

監督
高瀬将嗣
出演キャスト
金井茂 藤谷美紀 水橋研二 望月沙那

走らなあかん 夜明けまで

  • 1996年3月30日(土)公開
  • 出演(西川 役)

出張で大阪にやってきたビジネスマンが、アタッシュケースを間違えられたことからヤクザの抗争に巻き込まれ、奔走する姿をコミカルに描いたハードボイルド。監督は「難波金融伝 ミナミの帝王」シリーズで大阪を巧みに描出している萩庭貞明。脚本は「シンガポールスリング」の丸内敏治と、「Zの回路 復讐の裏ゴト師」の監督などで知られる石川均。主役のサラリーマンに「白鳥麗子でございます!」の萩原聖人。共演は「119」の大塚寧々、「トキワ荘の青春」の大森嘉之、「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PART V」の夏八木勲ほか。

監督
萩庭貞明
出演キャスト
萩原聖人 大塚寧々 大森嘉之 世良公則
1995年

難波金融伝 ミナミの帝王 スペシャル劇場版

  • 1995年7月1日(土)公開
  • 出演(山崎 役)

おなじみ“萬田銀行”の活躍を描く劇場版シリーズの第7弾。エステ・ローンを巡るキリトリ・バトルが描かれる。監督はシリーズの大半を手がける萩庭貞明。撮影監督制を採るキャメラマン・三好和宏も前作に続き撮影を担当。元チェッカーズの高杢禎彦、喜多嶋舞、佐藤B作ほかがゲスト出演。

監督
萩庭貞明
出演キャスト
竹内力 高杢禎彦 喜多嶋舞 佐藤B作
1976年

嗚呼!!花の応援団 役者やのォー

  • 1976年12月25日(土)公開
  • 出演(富山一美(南河内大学応援団・一回生) 役)

南河内大学の応援団を舞台に、喧嘩には強いが女にはめっきり弱い親衛隊隊長を主人公にしたナンセンス喜劇。原作はどおくまんプロの同名劇画。今回は第二作目で主人公・青田赤道も二代目。脚本は前作の「嗚呼!! 花の応援団(1976)」の田中陽造、監督も前作同様に曽根中生、撮影は「団地妻 (秘)出張売春」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
曽根中生
出演キャスト
井上治之 香田修 深見博 なぎらけんいち

嗚呼!!花の応援団(1976)

  • 1976年8月21日(土)公開
  • 出演(富山一美 役)

大学の応援団を舞台に喧嘩にはめっぽう強いが女にはまるっきりだらしがない親衛隊隊長を主人公にしたナンセンス喜劇。原作はどおくまんプロの同名劇画。脚本は「「妻たちの午後は」より 官能の檻」の田中陽造、監督は「淫絶未亡人」の曽根中生、撮影は「あるコールガールの証言 露出」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
曽根中生
出演キャスト
今井均 香田修 深見博 宮下順子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 香田修