映画-Movie Walker > 人物を探す > パトリシア・エリス

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1958年 まで合計14映画作品)

1958年

恋を掏った女

  • 1958年6月22日(日)公開
  • 出演(外国婦人 役)

KRTVの連続放送劇「特ダネを逃すな」の映画化で、原作者長谷川公之が自ら脚本化し、「十七才の断崖」の原田治夫が監督、宗川信夫が撮影した明朗スリラー。出演は「猫は知っていた」の石井竜一、金田一敦子に、叶順子、見明凡太朗など。

監督
原田治夫
出演キャスト
石井竜一 金田一敦子 叶順子 見明凡太朗
1951年

底抜け極楽大騒動

  • 1951年3月公開
  • 出演(Mrs._Gilbeat 役)

「紀元前百万年」のハル・ローチが製作したローレル、ハーディの喜劇映画監督は故ジョン・G・ブライストーン、脚本はチャールズ・バディー・ロジャース、フェリックス・アドラー、ジェームズ・パーロット、ハリー・ラングドン、アーノルド・ベルガードの5人、撮影はアート・ロイドが担当、共演者は往時のジョー・B・ブラウンの相手パトリシア・エリス、「蛇の穴」のミナ・ゴンベル、ビリー・ギルバート等。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー パトリシア・エリス ミナ・ゴンベル
1938年

踊るロマンス

  • 1938年当年公開
  • 出演(Jeanette_Dupont 役)

「地下の怪盗」のジャック・ハルバートと「ダム地獄」「二人のメロディ」のパトリシア・エリスが主演する映画で、「舞台裏の戦慄」「紳士渡世」のソーントン・フリーランドが監督した。アーサー・マックレーが書卸し、「ワルツ合戦」「キャラバン」のロバート・リーブマンが脚色してる。歌曲は「キング・ソロモン」「コンゴウ部隊」のミッシャ・ポリアンスキーが書いた。助演はアーサー・リスコ、グージー・ウイザース、シドニー・フェアブラザーその他で、キャメラは「紳士渡世」「ジャン・ダーク」のギュンター・クランプの担当である。

監督
ソーントン・フリーランド
出演キャスト
ジャック・ハルバート パトリシア・エリス アーサー・リスコー グーギー・ウイザース
1937年

二人のメロディ

  • 1937年当年公開
  • 出演(Gale_Starr 役)

米国でラジオ歌手として人気のあったジェームズ・メルトンが「彼女は制服が好き」「運ちゃん武勇伝」のパトリシア・エリスと共に主演を演じる映画で、リチャード・マコーレイの原作を「空の特権」のジョージ・ブリッカー、「山の法律」のルシー・ウォード及びジョセフ・K・ワトソンが協同脚色し「ベンガルの虎」のルイ・キングが監督に当たり、「灼熱のタイヤ」のアーサー・L・トッドが撮影した。助演は「コリーン」のマリー・ウィルソン、「カリアンテ」のウィニフレッド・ショウ、「海を嫌う船長」のフレッド・キーティング、舞台からのディック・パーセル、「無限の青空」のクレイグ・レイノルズ等の面々である。

監督
ルイ・キング
出演キャスト
ジェームズ・メルトン パトリシア・エリス マリー・ウィルソン フレッド・キーティング
1936年

ダム地獄

  • 1936年当年公開
  • 出演(Ann_Vangarick 役)

「真夏の夜の夢」「海行かば(1935)」のロス・アレクサンダーが「運ちゃん武勇伝」のパトリシア・エリスと「雲とつばさ」のライル・タルボットを相手に主役をつとめる映画でダン・M・テンプリンの原作をサイ・バートレットと「カリアンテ」のラルフ・ブロックが協力脚色し、台辞監督から昇進したフランク・マクドナルドが監督にあたり、「灼熱のタイヤ」のアーサー・L・トッドが撮影したもの。助演は「海行かば(1935)」のエディ・エイカフ、「特高警察」のヘンリー・オニール、「ますらを」のジョージ・ブレイクストン等である。

監督
フランク・マクドナルド
出演キャスト
ロス・アレクサンダー パトリシア・エリス ライル・タルボット エディ・エイカフ
1935年

彼女は制服が好き

  • 1935年当年公開
  • 出演(Clarice_Van_Cleve 役)

「可愛いマーカちゃん」「よたもん稼業」と同じくデーモン・ラニョンが原作した映画で、「放送ビルディング」と同様ポール・ジェラード・スミスとエディ・ウェルチが共同脚色し「ムーラン・ルージュ」「軟派ガール」のシドニー・ランフィールドが監督に当たり、「嫌疑者」「舞台に立つ妻」のミルトン・クラスナーが撮影している。出演俳優は「運ちゃん武勇伝」のパトリシア・エリス、「西班牙狂想曲」のシーザー・ロメロ、「美人探し」のラリー・バスター・クラブ、「わが胸は高鳴る」のウィリアム・フローリー、「カレッジ・リズム」のジョージ・バービア、「可愛いマーカちゃん」のウォーレン・ハイマー、「泰西快盗伝」のアンディ・デヴァイン、「奇傑パンチョ」のジョージ・E・ストーンその他である。

監督
シドニー・ランフィールド
出演キャスト
パトリシア・エリス セザール・ロメロ ラリー・バスター・クラブ ウィリアム・フローリー

ブラウンの千両役者

  • 1935年当年公開
  • 出演(Peggy 役)

「ブラウンの怪投手」「ブラウンのサーカス」のジョー・E・ブラウンが主演する映画でロイス・リーソンの原作から「これがアメリカ艦隊」のベン・マークソンとベニー・ルービンが潤色し、「ブラウンのサーカス」のバート・カルマーとハリー・ルビーが脚色し、「ゴールド・ディガース36年」のバスビー・バークレーが監督、「運ちゃん武勇伝」のシド・ヒコックスが撮影したもの。助演者は「Gメン」「スイート・ミュージック」のアン・ヴォーザーク、「運ちゃん武勇伝」のパトリシア・エリス、「雨」のウィリアム・ガーガン、「スイート・ミュージック」のジョセフ・カウソーン、ヘンリー・オニール等である。

監督
バスビー・バークレー
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン アン・ヴォーザーク パトリシア・エリス ウィリアム・ガーガン
1934年

運ちゃん武勇伝

  • 1934年当年公開
  • 出演(Ann_reid 役)

「これがアメリカ艦隊」「フットライト・パレード」のジェームズ・キャグニーが主演する映画で、フレデリック・ハズリット・ブレナンの原作を「世界大洪水」のウォーレン・ダフと「深夜の紳士」のシートン・I.ミラーが共同脚色し、「泥酔夢」「ブラウンのサーカス」のレイ・エンライトが監督し、「ブラウンのサーカス」「めりけん商売」のシド・ヒコックスが撮影したもの。助演は「ブラウンのサーカス」「世界は回る」のパトリシア・エリスを始め、「地獄の市長」のアレン・ジェンキンス、「これがアメリカ艦隊」のロバート・バラット、喜歌劇出身のドロシー・デーア、「麦秋」のアディスン・リチャーズ、「ワンダー・バー」のホバート・カヴァナ等の面々である。

監督
レイ・エンライト
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー パトリシア・エリス アレン・ジェンキンス ロバート・バラット

花嫁は泣きました

  • 1934年当年公開
  • 出演(Patricia_Ra_dolph 役)

「土曜日の大観衆」「キートンの麦酒王」のエドワード・セジウィックが監督した映画で、「めりけん音頭」のジャック・ヘイリーが「風の接吻」のメアリー・ボーランド、「プラウンのサーカス」のパトリシア・エリス、「ターザンの復讐」のニール・ハミルトン、「第三の恋」のイザベル・ジュウェルと共演する。原作はリチャード・フローノイの筆になり、「肉体」のレナード・プラスキンスと「麦畑を奪う者」のケイシー・ロビンソンが共同脚色した。撮影は「不思議の国のアリス(1933)」「ビール万歳」のヘンリー・シャープの担当である。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
ジャック・ヘイリー メアリー・ボーランド パトリシア・エリス ニール・ハミルトン

ブラウンのサーカス

  • 1934年当年公開
  • 出演(Alice 役)

「ブラウンの本塁打」と同じくパトリシア・エリスを相手としてジョー・E・ブラウンが主演する映画で「メリケン万歳爆走の巻」と同じくバート・カルマーとハリー・ルビーが原作脚色し、「二千万人の恋人」「劇場王ブラウン」のレイ・エンライトが監督し「女性二重奏」のシッド・ヒコックスが撮影した。助演者は「流行の王様」のドロシー・バージェス及びゴードン・ウェストコット、「笑う巨人」のドナルド・ディラウェイその他である。

監督
レイ・エンライト
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン Chuckles Howard パトリシア・エリス ドロシー・バージェス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > パトリシア・エリス