映画-Movie Walker > 人物を探す > 東由多加

年代別 映画作品( 1972年 ~ 1980年 まで合計3映画作品)

1980年

霧のマンハッタン

  • 1980年10月1日(水)公開
  • 監督、脚本

消息をたった女流カメラマンを探すために、ニューヨークを訪れた男の愛と夢の物語。脚本・監督は「ピーターソンの鳥」の東由多加、撮影は「HOUSE ハウス」の阪本善尚がそれぞれ担当。

監督
東由多加
出演キャスト
柴田恭兵 坪田直子 ティナ・ラッセル 峰のぼる
1976年

ピーターソンの鳥

  • 1976年1月27日(火)公開
  • 監督、脚本

孤独な若者と少女の心のふれあい、彼らを取り巻く様様な若者たちを描いた東京キッド・ブラザースの主宰者・東由多加の第一回監督作品。撮影は井出情児。

監督
東由多加
出演キャスト
秋田明大 坪田直子 吉行晋作 国谷扶美子
1972年

ユートピア(1972)

  • 1972年1月20日(木)公開
  • 原作

昭和四十六年四月より四ヵ月間、東京キッドブラザース、小林由起子、斉藤泰徳、深水竜作、斉藤正一、深水三章、中川節子、峰のぼる等約百名で形成した“キッド旅行団”が、ヨーロッパ漂流の旅を続けながら、撮影したドキュメンタリータッチのミュージカル作品。東京キッドブラザースの芝居“南総里見八犬伝”をヨーロッパ各地を上演しながら、その国、その土地の若者達と自然共同体を結成し、ディスカッションを通して“ユートピア”を求める。途中、反戦デモと間違えられ警察に拉致されたり、助監督が留置されたり、無一文になり日本字を百円で即売しながら漂流の旅をつづける。しかし、旅に疲れ一人、二人と脱落していく仲間達。去っていく仲間を見送り、改めて苦悶する。“ユートピア”は、このような漂流の旅を通し発見できるものなのか?いや存在さえするのか?結局“ユートピア”なるものは求めて得られるものではなく、一人一人が、原始に立ち戻り、人間としての出発点から歩き始めなければならないのではないか……。彼らは自分達で“ユートピア”を造り上げる為、また漂流の旅をつづけるのだった。

監督
古沢憲吾
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 東由多加