映画-Movie Walker > 人物を探す > 西尾三枝子

年代別 映画作品( 1964年 ~ 1976年 まで合計25映画作品)

1976年

凍河 とうが

  • 1976年4月24日(土)公開
  • 出演(薬剤師 役)

精神病院に勤める青年医師と影のある美貌の患者との愛を描く。原作は五木寛之の同名小説。脚本は「青春の構図」の石森史郎、監督は「竹久夢二物語 恋する」の斎藤耕一、撮影は「さらば夏の光よ」の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
斎藤耕一
出演キャスト
中村雅俊 五十嵐淳子 岡田茉莉子 佐分利信
1970年

波止場女のブルース

  • 1970年10月3日(土)公開
  • 出演(花村貴子 役)

森進一のヒット曲の映画化。脚本は「明日また生きる」の下飯坂菊馬、監督は「東京←→パリ 青春の条件」の斉藤耕一。撮影は「風の慕情」の竹村博がそれぞれ担当。

監督
斎藤耕一
出演キャスト
岡田茉莉子 森次浩司 野々村潔 小川ひろみ
1967年

また逢う日まで 恋人の泉

  • 1967年10月14日(土)公開
  • 出演(原田陽子 役)

「恋をしようよ カリブの花」のコンビの石森史郎がシナリオを執筆し、宮崎守が監督した青春歌謡もの。撮影は「すっ飛び野郎」の小辻昭三。

監督
宮崎守
出演キャスト
竹脇無我 三田明 砂塚秀夫 和崎俊哉
1966年

私、違っているかしら

  • 1966年7月30日(土)公開
  • 出演(片山の妹・幸子 役)

森村桂の同名の原作を「涙くんさよなら」の倉本聰と長広明が共同で脚色し、「夜霧の慕情」の松尾昭典が監督した青春もの。撮影は同じく「夜霧の慕情」の岩佐一泉が担当。

監督
松尾昭典
出演キャスト
吉永小百合 淡島千景 浜田光夫 三島雅夫

夜のバラを消せ

  • 1966年7月9日(土)公開
  • 出演(田門正子 役)

柴田錬三郎の原作から、「女犯破戒」の下飯坂菊馬と、「地獄の波止場(1965)」の瀬川昌治が共同でシナリオを執筆。「日本仁侠伝 血祭り喧嘩状」の舛田利雄が監督したアクションもの。撮影は「赤いグラス」の山崎善弘が担当した。

監督
舛田利雄
出演キャスト
石原裕次郎 由美かおる 芦川いづみ 西尾三枝子

日本仁侠伝 花の渡世人

  • 1966年6月15日(水)公開
  • 出演(高之美津 役)

「鉄火場仁義」の甲斐久尊がシナリオを執筆、「賭場の牝猫 捨身の勝負」の野口晴康が監督した仁侠もの。撮影は「東京は恋する」の上田宗男。

監督
野口晴康
出演キャスト
高橋英樹 和泉雅子 佐々木孝丸 川地民夫

俺にさわると危ないぜ

  • 1966年2月12日(土)公開
  • 出演(フユ子 役)

都筑道夫の“三重露出”を「黒い賭博師 ダイスで殺せ」の中西隆三と都筑道夫が共同で脚色、新人長谷部安春が監督したアクションもの。撮影は「賭場の牝猫 素肌の壷振り」の永塚一栄。

監督
長谷部安春
出演キャスト
小林旭 松原智恵子 北あけみ 浜川智子

男の紋章 竜虎無情

  • 1966年1月14日(金)公開
  • 出演(利江 役)

「男の紋章 俺は斬る」の甲斐久尊がシナリオを執筆、「泣かせるぜ」の松尾昭典が監督した“男の紋章”シリーズ第十作目。撮影は「男の紋章・俺は斬る」の萩原憲治。

監督
松尾昭典
出演キャスト
高橋英樹 宍戸錠 和泉雅子 小池朝雄
1965年

高原のお嬢さん

  • 1965年12月4日(土)公開
  • 出演(遠藤光子 役)

「呼んでるぜあの風が」の千葉茂樹と「東京は恋する」の柳瀬観が共同でシナリオを執筆、柳瀬観が監督した歌謡もの。撮影はコンビの上田利男。

監督
柳瀬観
出演キャスト
舟木一夫 山内賢 和泉雅子 西尾三枝子

拳銃無宿 脱獄のブルース

  • 1965年12月4日(土)公開
  • 出演(武原晴子 役)

阿部啓三郎の原作を、「剣鬼」の星川清司と「噂の風来坊」の石森史郎が共同で脚色、「ぼくどうして涙がでるの」の森永健次郎が監督したアクションもの。撮影は、「若草物語」の松橋梅夫。

監督
森永健次郎
出演キャスト
渡哲也 藤竜也 松原智恵子 菅井一郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 西尾三枝子