映画-Movie Walker > 人物を探す > 牧れいか

年代別 映画作品( 1976年 ~ 1977年 まで合計17映画作品)

1977年

東京チャタレー夫人

  • 1977年8月20日(土)公開
  • 出演(蛯名夫人 役)

「東京エマニエル夫人」に続く、ファッション・ポルノ第二弾。大財閥の夫人として上流社会に生き、下半身不随の夫につくす美緒。そんな美緒の女の性が、ふとした事から芽生え、上流社会を去るまでを描く。脚本は「宇能鴻一郎の上と下」の大工原正泰、監督は「中山あい子未亡人学校より 濡れて泣く」の藤井克彦、撮影は「実録不良少女 姦」の萩原憲治がそれぞれ担当。

監督
藤井克彦
出演キャスト
志麻いづみ 真家宏満 椎谷建治 梓ようこ

宇能鴻一郎の上と下

  • 1977年8月6日(土)公開
  • 出演(貝野好美 役)

宇能鴻一郎の同名ポルノ小説の映画化で、退屈しのぎに下宿屋を始める若妻と下宿生たちのSEXをコミカルに描く。脚本は「野球狂の詩」の大工原正泰、監督は「宇能鴻一郎のむちむちぷりん」の白鳥信一、撮影も高作の畠中照夫がそれぞれ担当。

監督
白鳥信一
出演キャスト
片桐夕子 たけうちのぶし 信田旦久 浅見小四郎

夜這い海女

  • 1977年7月23日(土)公開
  • 出演(奈津 役)

漁村で生活する海女たちの夜のSEX絵巻。脚本は「四畳半芸者の枕紙」の佐治乾と「(秘)温泉 岩風呂の情事」の池田正一の共同、監督は「東京秘密ホテル けものの戯れ」の藤浦敦、撮影は「本番 ほんばん」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
藤浦敦
出演キャスト
梓ようこ 中島葵 岡尚美 牧れいか

檻の中の妖精

  • 1977年6月4日(土)公開
  • 出演(浪路 役)

団鬼六原作のサド・マゾもので、前作「夕顔夫人」に引きつづき谷ナオミが主演。脚本は「花芯の刺青 熟れた壷」の松岡清治、監督は「学生情婦 処女の味」の小原宏裕、撮影は「OL官能日記 あァ!私の中で」の水野尾信正がそれぞれ担当。

監督
小原宏裕
出演キャスト
谷ナオミ 佐竹一男 大河内稔 井上博一

壇の浦夜枕合戦記

  • 1977年4月23日(土)公開
  • 出演(しの井 役)

頼山陽原作と伝えられその格式の高さと、名文をもって好事家の秘宝ともてはやされている『壇の浦夜合戦記』の映画化。脚本は「濡れた欲情 ひらけ!チューリップ」の神代辰巳、監督も「悶絶!! どんでん返し」の神代辰巳、撮影も同作の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
神代辰巳
出演キャスト
渡辺とく子 風間杜夫 丹古母鬼馬二 中島葵

宇能鴻一郎のむちむちぷりん

  • 1977年3月5日(土)公開
  • 出演(北山マリ 役)

ダメな主人の出世のためなら、だれにでも肉体をゆるすという、うだつのあがらないサラリーマンの妻を描く。脚本は「東京秘密ホテル けものの戯れ」の芦沢俊郎、監督は「幼な妻絶叫!!」の白鳥信一、撮影は「おんな(秘)発情度」の畠中照夫がそれぞれ担当。

監督
白鳥信一
出演キャスト
片桐夕子 宮井えりな 牧れいか たけうちのぶし

おんな(秘)発情度

  • 1977年2月12日(土)公開
  • 出演(黒川圭子 役)

性欲をもてあまし、男に飢えた女達が、一軒の家の中で、一人の男をめぐって争う様子を描く。脚本は「団地妻 (秘)出張売春」の鹿水晶子、監督は「トルコ最新テクニック 吸舌」の林功、撮影は「暴行!」の畠中照夫がそれぞれ担当。

監督
林功
出演キャスト
片桐夕子 桂たまき 水乃麻希 牧れいか

悶絶!!どんでん返し

  • 1977年2月1日(火)公開
  • 出演(ミドリ 役)

第二回ロマン・ポルノシナリオ募集の入選作『あづき色の黄昏』の映画化。東大出のエリートが実はオカマという発想を基にくりひろげられる、さまざまな人間模様をユーモラスに描く。脚本は熊谷禄朗、監督は「濡れた欲情 ひらけ!チューリップ」の神代辰巳、撮影は「性処女 ひと夏の経験」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
神代辰巳
出演キャスト
鶴岡修 遠藤征慈 粟津號 谷ナオミ
1976年

学生情婦 処女の味

  • 1976年11月27日(土)公開
  • 出演(マリコ 役)

心中未遂の子猫のような女高生と、中年の暴力団員との奇妙な愛とほのかな心のふれあいを描く。脚本は「四畳半青春硝子張り」のいどあきお、監督は「東京(秘)ナイト・レポート 熱い樹液」の小原宏裕、撮影は同じ「東京(秘)ナイト・レポート 熱い樹液」の山崎敏郎がそれぞれ担当。

監督
小原宏裕
出演キャスト
八城夏子 遠藤征慈 清水国雄 宮下順子

暴行!(1976)

  • 1976年10月20日(水)公開
  • 出演(大原弘美 役)

人影もまばらな別荘地のスナックを訪れた数人の男と女が巻き起こす、性と暴力の嵐を描く日活ヴァイオレンス・ポルノ。脚本は「真夏の夜の情事 悶え」の佐治乾とこの映画の助監督斉藤信幸の共同、監督は「あばよダチ公」の沢田幸弘、撮影は「感じるんです」の畠中照夫が担当。

監督
沢田幸弘
出演キャスト
梢ひとみ 宮井えりな 牧れいか 益富信孝
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 牧れいか