映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャッジ・ラインホルド

年代別 映画作品( 1982年 ~ 2006年 まで合計15映画作品)

2006年

ウォルト・ディズニーのサンタクローズ3 クリスマス大決戦!

  • 2006年12月2日(土)公開
  • 出演(ニール・ミラー 役)

クリスマスにつきもののサンタクロースが、悪者にサンタの資格を奪われて孤軍奮闘する爆笑ファンタジー。前2作に続き、人気コメディ俳優ティム・アレンが主人公を熱演。

監督
マイケル・レムベック
出演キャスト
ティム・アレン エリザベス・ミッチェル ジャッジ・ラインホルド ウェンディ・クルーソン
2002年

サンタクロース・リターンズ! クリスマス危機一髪

  • 2002年12月7日(土)公開
  • 出演(Niel Mirror 役)

サンタクロースとして契約させられた男の騒動を描いたヒット・コメディの続編が登場。今回はサンタの失業という危機を回避するために、愛する女性を探して大奮闘!

監督
マイケル・レムベック
出演キャスト
ティム・アレン ジャッジ・ラインホルド ウェンディ・クルーソン エリザベス・ミッチェル
2000年

ワイルド・スモーカーズ

  • 2000年1月22日(土)公開
  • 出演(Policeman 役)

マリファナの自家栽培で荒稼ぎを企む男たちの姿をブラックな味わいで描くドラマ。監督は「パリス・トラウト」のスティーヴ・ギレンホール。脚本は「悪魔を憐れむ歌」のニコラス・カザンとギレンホール。原案はギレンホールとジョアナ・ラシン。製作はジェイソン・クラーク。製作総指揮はナオミ・フォナー、トム・ローゼンバーグ、シガージョン・サイヴァッソン、テッド・タネンバウム。撮影はグレッグ・ガーディナー。音楽は「ディープ・ブルー」のトレヴァー・ラビン。美術はリチャード・シャーマン。編集はマイケル・ジャブロウ。衣裳はジョゼフ・A・ポロ。出演は「狂っちゃいないぜ!」のビリー・ボブ・ソーントン、「セレブリティ」のハンク・アザリア、「Mr.マグー」のケリー・リンチ、「クルーエル・インテンションズ」のライアン・フィリップほか。

監督
スティーブン・ガイレンホール
出演キャスト
ビリー・ボブ・ソーントン ハンク・アザリア ケリー・リンチ ライアン・フィリップ
1995年

サンタクローズ

  • 1995年10月28日(土)公開
  • 出演(Neal 役)

ひょんなことからサンタクロースの仕事を引き継ぐことになった男の姿を描いたファンタジー・コメディ。全米の人気テレビ番組『Home Improvement』の看板コメディアン、ティム・アレンのデビュー作で、監督も同番組で製作・監督を務め、これが初の映画となるジョン・パスキン。脚本はコメディアンから脚本家に転身したレオ・ベンヴェヌッティとスティーヴ・ルードニック。製作はブライアン・ライリー、ジェフリー・シルヴァー、ロバート・ニューマイヤーの共同。撮影は「ショート・カッツ」のウォルト・ロイド、音楽は「不機嫌な赤いバラ」のマイケル・コンヴァーティノ、美術は「裸のランチ」のキャロル・スパイアー。特殊造形スーツは「ミセス・ダウト」のリンダ・ノターロ、特殊メイクは「エイリアン3」のアレック・ギリスとトム・ウッドルーフが担当。共演は「愛が微笑む時」の子役エリック・ロイド、「ビバリーヒルズ・コップ3」のジャッジ・ラインホールド、「コリーナ、コリーナ」のウェンディ・クルーソンほか。

監督
ジョン・パスキン
出演キャスト
ティム・アレン ジャッジ・ラインホルド ウェンディ・クルーソン エリック・ロイド
1994年

ビバリーヒルズ・コップ3

  • 1994年9月23日(金)公開
  • 出演(Billy Rosewood 役)

エディ・マーフィ主演のアクションコメディ・シリーズ、7年ぶりの第3作。今回は巨大遊園地を舞台に、デトロイト市讐の名物刑事、アクセル・フォーリーが得意のマシンガントークと持ち前のユーモアで難事件に立ち向かう。監督は「大逆転(1983)」「星の王子ニューヨークヘ行く」に次いでマーフィーとコンビを粗むジョン・ランディス。製作は「パトリオット・ゲーム」のメイス・ニューフェルドとロバート・レーメ。脚本は「フリント・ストーン モダン石器時代」のスティーヴン・E・デ・スーザ、撮影は「オスカー(1991)」のマック・アールバーグ。音楽はオリジナル・スコアを「星の王子ニユーヨークへ行く」のナイル・ロジャースが書き、インエクセス、テレンス・トレント・ダービー、イージー・Eら多彩なアーティストの挿入曲が流れる。架空のテーマパークを作り上げた美術はマイケル・シーモア、SFXコーディネーターは「リーサル・ウェポン2」、「同3」のジョン・G・ベリューが担当。主演は「エディ・マーフィのホワイトハウス狂騒曲」のエディ・マーフィ。共演はジャッジ・ラインホールド、ヘクター・エリゾンドらレギュラー陣に加え、「マルコムX」のテレサ・ランドル、「テルマ&ルイーズ」のティモシー・カーハート、「エルム街の悪夢」のジョン・サクソンら。

監督
ジョン・ランディス
出演キャスト
エディ・マーフィ ジャッジ・ラインホルド ヘクター・エリゾンド テレサ・ランドル
1992年

浮気はパリで(1991)

  • 1992年3月14日(土)公開
  • 出演(Claude 役)

2人の妻とひとりの愛人を持つ男が、替え玉の部下が拉致されたことから、米ソのスパイ合戦に巻き込まれるコメディ。副題「女たちを少しだけ愛しすぎた男」。監督はバズ・テイラー、製作はモニーク・アノー、エグゼクティヴ・プロデューサーはダニエル・マークウェット、脚本はピーター・バロフとデイヴ・ウォラート、撮影はイヴス・ダーハンが担当。

監督
バズ・テイラー
出演キャスト
ジャッジ・ラインホルド ケーシー・シマスコー セシール・パオリ レベッカ・パウリー
1991年

ザンダリーという女

  • 1991年10月5日(土)公開
  • 出演(Thierry 役)

アメリカ南部を舞台にした、欲求不満の人妻の愛欲関係を描くエロチック・サスペンス。監督はニュージーランド出身のサム・ピルスバリー。製作はウィリアム・ブレイロックとアール・リモン。エグゼクティブ・プロデューサーはニコル・セイガンとステファン・アレンバーグ、脚本はマリ・コーンハウザー。撮影はウォルト・ロイド。音楽はプレイ・フォー・レインが担当。

監督
サム・ピルスバリー
出演キャスト
ニコラス・ケイジ エリカ・アンダーソン ジャッジ・ラインホルド ヴィヴェカ・リンドフォース

家族狂想曲

  • 1991年1月12日(土)公開
  • 出演(Harmony 役)

アメリカ・テキサス州のある旧家を舞台に、父親の遺言をめぐって繰り広げられる姉弟の騒動を通し家族のつながりを描いたホーム・ドラマ。。エグゼクティヴ・プロデューサーはボビー・エドリック、デル・ショアーズ、マイケル・クーン、ナイジェル・シンクレア、製作はシガージョン・サイヴァットソン、スティーヴ・ゴリン、モンティ・モンゴメリー、監督はジャック・フイスク、原作・脚本はデル・ショアーズ、撮影はボール・エリオット、音楽はデイヴィッド・マクヒューが担当。出演はボー・ブリッジス、ビヴァリー・ダンジェロほか。

監督
ジャック・フィスク
出演キャスト
ボー・ブリッジス ビヴァリー・ダンジェロ テス・ハーパー ジャッジ・ラインホルド
1990年

ロザリー・ゴーズ・ショッピング

  • 1990年3月3日(土)公開
  • 出演(Priest 役)

ローンに追われるある主婦の姿を描くコメディ。製作・監督・脚本は「バグダッド・カフェ」のパーシー・アドロン、共同製作はエレオノラ・アドロン、共同脚本はE・アドロンとクリストファー・ドハーティー、撮影はベルント・ハインル、音楽はボブ・テルソンが担当。主演はマリアンネ・ゼーゲブレヒト、ブラッド・デイヴィスほか。

監督
パーシー・アドロン
出演キャスト
マリアンネ・ゼーゲブレヒト ブラッド・デイヴィス ジャッジ・ラインホルド Willy Harlander
1987年

ビバリーヒルズ・コップ2

  • 1987年7月11日(土)公開
  • 出演(Billy_Rosewood 役)

大がかりな現金強奪事件に挑む刑事のハチャメチャな活躍を描くポリス・アクション。製作は「トップガン」のドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー、監督も同作のトニー・スコット、エグゼクティヴ・プロデューサーはロバート・D・ワックスとリチャード・ティエンケン、脚本はラリー・ファーガソン、ウォーレン・スカーレン、撮影はジェフリー・キンボール、音楽はハロルド・フォルターメイヤーが担当。出演はエディ・マーフィ、ブリジット・ニールセンほか。

監督
トニー・スコット
出演キャスト
エディ・マーフィ ジャッジ・ラインホルド ユルゲン・プロホノフ ロニー・コックス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャッジ・ラインホルド