映画-Movie Walker > 人物を探す > 村野武範

年代別 映画作品( 1969年 ~ 2015年 まで合計50映画作品)

1975年

青い山脈(1975)

  • 1975年8月9日(土)公開
  • 出演(沼田玉雄 役)

石坂洋次郎原作の同名小説の四度目の映画化作品。昭和22年の静かな城下町にある女子高校を舞台にして、新旧の世代の対立と青春の歓びを描いた青春映画。脚本は「三婆」の井手俊郎と、剣持亘、監督は新人・河崎義祐、撮影は「青春の門(1975)」の村井博がそれぞれ担当。

監督
河崎義祐
出演キャスト
三浦友和 片平なぎさ 村野武範 中野良子

青春讃歌 暴力学園大革命

  • 1975年6月7日(土)公開
  • 出演(星武夫 役)

番長道にのっとり暴れまくる番長を主人公にした青春映画。脚本は波多雅史と田口勝彦、監督は「若い貴族たち 13階段のマキ」の内藤誠、撮影は「大脱獄」の出先哲也がそれぞれ担当。

監督
内藤誠
出演キャスト
星正人 滝田裕介 長谷直美 青木和子
1974年

あした輝く

  • 1974年11月2日(土)公開
  • 出演(西崎繁 役)

戦争末期の満州から戦後の混乱期の日本を舞台に、清らかに強くひとつの愛を貫いた女性の半生を描く。原作は里中満智子の同名劇画。脚本は「ダメおやじ」のジェームス三木と「喜劇 日本列島震度0」の南部英夫、監督は脚本も執筆している「愛と誠」の山根成之、撮影も同作の竹村博がそれぞれ担当。

監督
山根成之
出演キャスト
浅田美代子 志垣太郎 津島恵子 長藤尚子

  • 1974年8月14日(水)公開
  • 出演(和田研二 役)

喧噪とした現代に、二人だけで寄り添って生きる、兄と妹の哀歓を描く青春映画。脚本は内田栄一、監督は「修羅雪姫 怨み恋歌」の藤田敏八、撮影は「赤ちょうちん」の萩原憲治がそれぞれ担当。

監督
藤田敏八
出演キャスト
秋吉久美子 林隆三 吉田由貴子 吉田日出子
1973年

ときめき

  • 1973年6月30日(土)公開
  • 出演(江上和夫 役)

中学時代の仲良し四人組が卒業後、それぞれの道を苦しみながらも明かるく楽しく歩む姿を描いた青春映画。脚本は「新・同棲時代 -愛のくらし-」の石森史郎、監督は「としごろ(1973)」の市村泰一、撮影も同作の小杉正雄がそれぞれ担当。

監督
市村泰一
出演キャスト
栗田ひろみ 浅田美代子 秋谷陽子 海野まさみ

としごろ(1973)

  • 1973年4月14日(土)公開
  • 出演(堀口哲也 役)

もっとも傷つきやすい思春期を向えた女の子たちが、周囲の先輩、教師たちに見守られながら成長していく姿を描く。脚本は元持栄美、監督は「あまから物語 おんなの朝」の市村泰一、撮影は「黒の奔流」の小杉正雄がそれぞれ担当。

監督
市村泰一
出演キャスト
和田アキ子 森昌子 秋谷陽子 石川さゆり

飛び出せ! 青春

  • 1973年3月17日(土)公開
  • 出演(河野武 役)

NTVで放映された、連続テレビ・ドラマの映画化。

監督
高瀬昌弘
出演キャスト
村野武範 有島一郎 穂積隆信 柳生博
1971年

八月の濡れた砂

  • 1971年8月25日(水)公開
  • 出演(野上健一郎 役)

夏の湘南を舞台に無軌道な青春を、スピードとセックスと暴力を通して描く。脚本は「野良猫ロック セックス・ハンター」の大和屋竺と峰尾基三。監督は脚本も執筆している「野良猫ロック 暴走集団'71」の藤田敏八。撮影は「女の意地」の萩原憲治がそれぞれ担当。

監督
藤田敏八
出演キャスト
広瀬昌助 村野武範 中沢治夫 赤塚真人

この青春

  • 1971年5月8日(土)公開
  • 出演(長男健一 役)

働く若者たちの姿を通して、真の平和とは何かを描いていく。脚本は原源一と「橋のない川(1969)」の八木保太郎の共同執筆。監督はテレビで活躍していた森園忠。撮影は「沖縄(1970)」の瀬川浩がそれぞれ担当。

監督
森園忠
出演キャスト
今福正雄 荒木道子 藤田弓子 村野武範
1969年

ヤングパワー・シリーズ 大学番外地

  • 1969年11月29日公開
  • 出演(島田 役)

「あゝ陸軍隼戦闘隊」の須崎勝弥が脚本を書き、「ヤングパワー・シリーズ 新宿番外地」の帯盛迪彦が監督したシリーズ第二作、撮影は、「続・与太郎戦記」の上原明が担当した。

監督
帯盛迪彦
出演キャスト
梓英子 文野朋子 峰岸隆之介 河原崎建三
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 村野武範