映画-Movie Walker > 人物を探す > サリー・ランド

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1934年 まで合計8映画作品)

1934年

ボレロ

  • 1934年当年公開
  • 出演(Annette 役)

現代フランス音楽界の奏斗モーリス・ラヴェルの名曲「ボレロ」にヒントを得て作るられた映画で、ルース・ライドノアの原案に基づき「アルセーヌ・ルパン」のケイリー・ウィルソンと「舗道の三人女」のキュベック・グラスモンがストーリーを書き、「滅び行く凱歌」のホレイス・ジャックソンが脚色し、「妾は天使じゃない」「響け応援歌」と同じくウェズリー・ラッグルズが監督、レオ・トーヴァーが撮影した。音楽指揮は「悲愴交響楽」のナサニエル・フィンストンがあたった。主演者は「バワリイ」「舗道」のジョージ・ラフトで、「白い肉体」「鷲と鷹(1933)」のキャロル・ロンバードを始め、ファン・ダンスの創始者として名高い躍り手サリー・ランド、イギリス映画界の花形フランセス・ドレイクが相手役を勤め、「坊やが盗まれた」のウィリアム・フローリー、「妾は天使じゃない」のガートルード・マイケル、レイ・ミランド、グロリア・シー等が助演する。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ジョージ・ラフト キャロル・ロンバード サリー・ランド フランセス・ドレイク
1928年

浮気は御法度

  • 1928年当年公開
  • 出演(Mary_Ward 役)

「沈黙(1926)」「昨日への道」出演のヴェラ・レイノルズ嬢と「駆落相手違ひ」等出演のハリソン・フォード氏との主演する映画で、W・スコット・ダーリング氏の原作、脚色により「奥様お耳拝借」「グリフィスの婚礼屋」等と同じくアール・C・ケントン氏が監督した。助演者として「監獄行列車」等出演のジョン・パトリック氏を始めとしてサリー・ランド嬢、キャスリーン・キイ嬢、等が出演する。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
ヴェラ・レイノルズ ハリソン・フォード ジョン・パトリック サリー・ランド
1927年

キング・オブ・キングス(1927)

  • 1927年当年公開
  • 出演(Slave_to_Mary_Magdalens 役)

「十戒(1957)」「昨日への道」「ヴォルガの舟唄」等の制作監督者セシル・B・デミル氏が彼の最も良き昔からの協力者ジェニー・マクフォースン女史の協力を得て完成したる氏独特の超特作品である。即ちマクフォースン女史がストーリーを立て自らそれによって撮影脚本を執筆し、ドミル氏が監督した。そして第一キャメラマンにはドミル氏付きで「昨日への道」「ヴォルガの舟唄」等を撮影したペヴォレル・マーレイ氏が当っている。主役キリストに扮するのは「沈黙」「ソレルとその子」主演のH・B・ウォーナー氏で、それを助けて、聖母に扮するドロシー・カミングス嬢、使徒ピーターに扮する「密輸入者の恋」のアーネスト・トーレンス氏、ユダに扮する「嵐の孤児」「難破船」のジョセフ・シルドクラウト氏、メリー・マグダレンに扮する「オグレス」のジャクリーン・トーガン嬢、カイアファスに扮する「村の医者」のルドルフ・シルドクラウト氏等が重要な役を夫々受持つ外、サム・ド・グラッス氏、ヴィックター・ヴァルコニ氏、モンタギュー・ラヴ氏、ウィリアム・ボイド氏、ジュリア・フェイ嬢、セオドラ・コスロフ兵、上山草人氏、故ジョージ・シーグマン氏、その他多くの知名の俳優が総出演をするという驚くべき大懸りな映画である。なおこの映画撮影にあたっては「ようグリフェス」を監督したフランク・アーソン氏がドミル氏の補助監督を務めた事と、この映画中の幾場面かはテクニカラーが施されているという事を付記する

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
H・B・ワーナー ドロシー・カミングス アーネスト・トーレンス ジョゼフ・シルドクラウト

珍案特許美顔術

  • 1927年当年公開
  • 出演(Dorothy_Shelton 役)

「大暴れギブソン」「高原王」等と同じくフート・ギブソン氏主演西部劇で、ピーター・ピー・カイン氏が書き卸した物語をチャールズ・エー・ローグ氏が加筆し、アーサー・スタッター氏が脚色し、右記2映画と同じくリーヴス・イースン氏が監督したもの。ギブソン氏の相手女優は新進のサリー・ランド嬢で、エドワード・コクソン氏、オテイス・ハーラン氏、フランク・ピール氏等が共演している。

監督
リーヴス・イースン
出演キャスト
フート・ギブスン サリー・ランド オーティス・ハーラン エドワード・コクソン

悲恋舞曲

  • 1927年当年公開
  • 出演(Gypsy_Dancer 役)

スペインの大詩人カルデロンの名詩にヒントを獲てレノア・コフィー女史が書き下ろした台本により「ダーク・エンゼル(1925)」「熱砂の舞」等と同じくジョージ・フィッツモーリス氏が監督したもので、主役は「夢想の楽園」「ダーク・エンゼル(1925)」と同じくロナルド・コールマン氏とヴィルマ・バンキイ嬢とが演じ、「熱砂の舞」「南北珍勇腕比べ」等出演のモンタギュー・ラヴ氏が適役を勤め、ナタリイ・キングストン嬢、ジョン・ジョージ氏、ラスカ・ウインター嬢等が助演している。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ロナルド・コールマン ヴィルマ・バンキー モンタギュー・ラヴ ナタリー・キングストン

美人売約濟

  • 1927年当年公開
  • 出演(Teddy_Desmond 役)

「奥様お耳拜借」「特制鋼鉄人形」等出演のマリー・プレヴォー嬢が主演する映画で「霹靂の巨弾の下に」「歓楽の不夜城」等と同じくE・メイソン・ホッパー氏が監督した。プレヴォー嬢の相手役は「楽園に帰る(1928)」「恋と挙闘」等出演のチャールズ・レイ氏で、そのほか「艶争奪戦」のハリー・マイヤース氏、「浮気は御法度」のサリー・ランド嬢、フランクリン・パングボーン氏、デル・ヘンダーソン氏、フリッツィ・リッジウェイ嬢等が助演する。

監督
E・メイソン・ホッパー
出演キャスト
マリー・プレヴォー チャールズ・レイ ハリー・マイヤース サリー・ランド
1926年

学窓の思い出

  • 1926年当年公開
  • 出演(Sally_Venon 役)

ウィリアム・C・デミル氏作の舞台劇を映画化したものでメアリー・オハラ女史が脚色し俳優たりしアラン・ヘールが第2回作品として監督した。主役は「復活(1927)」「恋の修羅城」等主演のロッド・ラ・ロック氏で、相手役は「爆笑七日間」「金色の寝床」等出演のリリアン・リッチ嬢で、ロバート・エディソン氏、タイロン・パワー氏、アーサー・ハウスマン氏、ジーン・アッカー氏が助演している。

監督
アラン・ヘイル
出演キャスト
ロッド・ラロック リリアン・リッチ ロバート・エディソン アーサー・ハウスマン

最後の戦線

  • 1926年当年公開
  • 出演(Caprice_Jordan 役)

コートニー・ライリー・クーパー氏作の物語をウィル・M・リッチー氏が脚色し、「滅び行く民族」「白馬王国」等と同じくジョージ・B・サイツ氏が監督したもので、主役は「地獄極楽」「昨日への道」等出演のウィリアム・ボイド氏と「無心の大空」「決勝裸一貫」等出演のマーゲリット・ド・ラ・モット嬢が演じ、「3悪人」「愛馬の面影」等出演のJ・ファーレル・マクドナルド氏、「人間砲弾」「荒馬殺到」等出演のジャック・ホキシー氏を始めミッチェル・ルイス氏、グラデイス・ブロックウェル嬢、サリー・ランド嬢、フランク・ラクティーン氏等が共演している。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ウィリアム・ボイド マーゲリット・ド・ラ・モット J・ファーレル・マクドナルド ジャック・ホキシー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > サリー・ランド