TOP > 人物を探す > テレサ野田

年代別 映画作品( 1971年 ~ 1979年 まで合計8映画作品)

1979年

関白宣言

  • 1979年12月22日(土)
  • 出演(相沢あけみ 役)

さだまさしのヒット曲「関白宣言」をヒントに映画化したサラリーマン喜劇。脚本は紺野八郎とかがみおさむの共同執筆、監督は「恋の空中ぶらんこ」の松林宗恵、撮影は「トラブルマン 笑うと殺すゾ」の加藤雄大がそれぞれ担当。

監督
松林宗惠
出演キャスト
さだ繁理 名取裕子 財津一郎 新井康弘
1977年

恋人岬

  • 1977年4月29日(金)
  • 出演(舞原ルナ 役)

権謀と虚飾の渦巻く現代TV界、広告業界を背影に、あくまで純粋に、自らの道を歩もうとする二人の女性の戦いと恋愛の軌跡を描く。脚本は石松愛弘、監督は「春琴抄」の西河克己、撮影は竹村博がそれぞれ担当。

監督
西河克己
出演キャスト
松坂慶子 細川俊之 岡本富士太 原田美枝子
1976年

金閣寺

  • 1976年7月17日(土)
  • 出演(まり子 役)

金閣寺を美の象徴として憧憬していた青年が、金閣寺の徒弟となってから、自らその金閣寺を焼失させるまでの心の屈折を描いた三島由紀夫の同名小説の二度目の映画化。脚本・監督は「本陣殺人事件」の高林陽一、撮影も同作の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
高林陽一
出演キャスト
篠田三郎 柴俊夫 横光克彦 島村佳江
1975年

青春讃歌 暴力学園大革命

  • 1975年6月7日(土)
  • 出演(泉由加 役)

番長道にのっとり暴れまくる番長を主人公にした青春映画。脚本は波多雅史と田口勝彦、監督は「若い貴族たち 13階段のマキ」の内藤誠、撮影は「大脱獄」の出先哲也がそれぞれ担当。

監督
内藤誠
出演キャスト
星正人 滝田裕介 長谷直美 青木和子

裸足のブルージン

  • 1975年12月20日(土)
  • 出演(その女 役)

とあるドライブ・インを舞台に、若者たちの反骨精神と生命力、孤独と焦燥などを喜劇タッチで描いた青春映画。脚本は「発禁肉蒲団」の大和屋竺と「お姐ちゃんお手やわらかに」の長野洋、監督は脚本も執筆している「炎の肖像」の藤田敏八、撮影は「白い牝猫 真昼のエクスタシー」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
藤田敏八
出演キャスト
和田アキ子 山本伸吾 前田武彦 中原早苗
1973年

非情学園ワル

  • 1973年3月31日(土)
  • 出演(白石春美 役)

“ワル”と呼ばれ、学校で番を張る少年の妥協を許さぬ故の苛酷な青春と、更生させるべく努力する教師たち、また学校を追い出そうと策略する教師たち、対立する不良学生との抗争を描く。真樹日佐夫・作、影丸譲也・画の劇画「ワル」の映画化。脚本は「不良番長 骨までしゃぶれ」の松本功と山本英明、監督は新人三堀篤、撮影は「昭和残侠伝 破れ傘」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
三堀篤
出演キャスト
谷隼人 目黒祐樹 渥美マリ 田中邦衛
1972年

麻薬売春Gメン 恐怖の肉地獄

  • 1972年12月16日(土)
  • 出演(王垣美津子 役)

“麻薬売春Gメン”シリーズ第二作。沖縄の美しい景色を背景に、そこに巣食う麻薬組織に敢然と挑戦する麻薬Gメンたちを描く。脚本は「麻薬売春Gメン」の金子武郎、監督は脚本も執筆している同作の高桑信、撮影も同作の星島一郎がそれぞれ担当。

監督
高桑信
出演キャスト
千葉真一 渡瀬恒彦 葵三津子 真木沙織
1971年

八月の濡れた砂

  • 1971年8月25日(水)
  • 出演(三原早苗 役)

夏の湘南を舞台に無軌道な青春を、スピードとセックスと暴力を通して描く。脚本は「野良猫ロック セックス・ハンター」の大和屋竺と峰尾基三。監督は脚本も執筆している「野良猫ロック 暴走集団'71」の藤田敏八。撮影は「女の意地」の萩原憲治がそれぞれ担当。

監督
藤田敏八
出演キャスト
広瀬昌助 村野武範 剛たつひと 赤塚真人

テレサ野田の関連人物

河合絃司  村野武範  横山リエ  田中邦衛  戸浦六宏 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > テレサ野田

ムービーウォーカー 上へ戻る