TOP > 人物を探す > ジーン・ベーリー

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1931年 まで合計4映画作品)

1931年

恋とお月様

  • 1931年
  • 出演(Miss_Rixey 役)

「珍暗黒街」に次ぐジャック・オーキー主演喜劇で、原作はリング・ラードナーとジョージ・コーフマン合作の舞台喜劇、脚色には「スキピイ」のジョセフ・マンキウィッチとキーン・トンプソンとが挙動であたり、「珍暗黒街」その他のオーキー作品を監督したエドワード・サザーランドがメガフォンをとり、カメラは「凸凹海軍の巻」「拳の王者」のアレン・G・シーグラーが担任した。助演俳優は「巴里選手」のフランセス・ディー、「珍暗黒街」のウィン・ギブソン、ニューヨークミュージカル・プレイ界の花形ジェーン・マックローイ、アーネスト・ウッド、ハリー・アクスト、サム・ハーディなどの面々。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
ジャック・オーキー フランセス・ディー ジューン・マックロイ アーネスト・ウッド
1930年

野の白百合

  • 1930年
  • 出演(Gertie 役)

「土曜日の乙女」「情炎の美姫」のコリーヌ・グリフィス嬢の主演映画でウィリアム・ハールバット氏原作舞台劇から「愛すればこそ(1929)」のジョン・グッドリッチ氏が脚色し「ゴンドラの歌」「姫百合の花」のアレクサンダー・コルダ氏が監督し「恋の大分水嶺」「ゴンドラの歌」のリー・ガームス氏が撮影した。「黄金の世界へ」のラルフ・フォーブス氏、「医者の秘密」のジョン・ローダー氏、「妖怪屋敷」のイヴ・サザーン嬢、その他が出演している。

監督
アレクサンダー・コルダ
出演キャスト
コリーヌ・グリフィス ラルフ・フォーブス ジョン・ローダー フリーマン・ウッド
1929年

藪睨みの世界

  • 1929年
  • 出演(Fanny 役)

「栄光」の姉妹編とも称さるべき作品で原作者のローレンス・ストーリングス氏及びマクスウェル・アンダーソン氏、監督者のラウール・ウォルシュ氏、主演者のヴィクター・マクラグレン氏並びにエドモンド・ロウ氏、すべて「栄光」と同じ顔ぶれ、但しこれは無声版の派かに発声版がありウィリアム・K・ウェルズ氏が会話をつけラウール・ウォルシュ氏が脚色に当たっている。俳優としては主演者のほかに「海のロマンス」のリリー・ダミタ嬢、レイラ・カーネリー嬢、エル・ブレンデル氏、ボビー・バーンズ氏、ジーン・ベーリー嬢等が出演。キャメラは「懐しのアリゾナ」「娘乱暴記」のアーサー・エディソン氏が担任している。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン エドモンド・ロウ リリー・ダミタ レイラ・カーネリー

浮気発散

  • 1929年
  • 出演(Jackie 役)

ラッセル・メドクラフト氏、ノーマ・ミッチェル女史原作の喜歌劇を映画化したもので、数年前「新旧恋の三段返し」という邦文題名で公開された映画と同じストーリーだがこれは発声映画として再び新しく撮影されたもの、ロバート・S・カー氏の脚色により「近代恋愛ごっこ」「赤い酒」のレイモンド・キャノン氏が監督し、ウォルター・カトレット氏が会話をつけた。キャメラは「赤い酒」「空中サーカス」のダニエル・B・クラーク氏の担任で「フォックス・ムーヴィントン・フォリイス」のコン・コンラッド氏、シドニー・D・ミッチェル氏、アーチー・ゴッドラーの3人が歌詞と歌曲をうけもっている。主演者は「ヨーロッパ突進」と同じく、ほかに「ムービートーン・フォーリス」のディキシー・リー嬢、ジーン・ベーリー嬢、リチャード・キーン氏、デイヴィッド・ローリンス氏、ウォルター・カルカット氏、ジェッド・プラウティー氏、イルカ・チェイス嬢、ドット・ファーレイ嬢等が助演している。

監督
レイモンド・キャノン
出演キャスト
スー・キャロル ディキシー・リー ジーン・ベーリー ニック・スチュアート

ジーン・ベーリーの関連人物

Patsy Paige  Jeanette Dagna  Joe Rochay  Albert Dresden  ボビー・バーンズ 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジーン・ベーリー

ムービーウォーカー 上へ戻る