映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・ニコルソン

年代別 映画作品( 1921年 ~ 2005年 まで合計10映画作品)

2005年

奇蹟のイレブン 1966年北朝鮮VSイタリア戦の真実

  • 2005年5月28日(土)公開
  • 出演(Himself 役)

サッカーファンの間で“ワールドカップ史上最大の衝撃”と言われる、'66年イギリス大会での北朝鮮VSイタリア戦。その当事者である選手や関係者に迫ったスポーツ・ドキュメンタリー。

監督
ダニエル・ゴードン
出演キャスト
ポール・ニコルソン
1931年

沈黙(1931)

  • 1931年当年公開
  • 出演(Walter_Pritchard 役)

「赤新聞」「市街」の脚色者として、また劇作家としても知られているマックス・マーシンが自ら執筆しブロードウェイに上演されたことのある戯曲を撮影台本に書き改め、台詞を付し「沈黙の秘密」と同様ルイ・ガスニエと共に監督にあたったもので、主なる出演者は「心を汚されし女」「沈黙の秘密」のクライグ・ブルック、舞台から来た新進のペギー・シャノンをはじめかつて舞台でこの役を勤めたマージョリー・ランボウ、チャールズ・スターレット、ウェラード・ロバートスン、「西部戦線異状なし」のジョン・レイなどでカメラは「テムペスト(1928)」「デパート娘大学」のチャールズ・ロシャーが担任。

監督
マックス・マーシン ルイ・ガスニエ
出演キャスト
クライヴ・ブルック マージョリー・ランボー ペギー・シャノン チャールズ・スターレット
1930年

1930年フォックス・フォリース

  • 1930年当年公開
  • 出演(Lee_Hubert 役)

昨年発表された「フォックス・ムーヴィートン」と同じ趣向をもて製作された歌と踊りと音楽とを主とするレヴュー映画である。劇筋そのほか大体のストーリーは「想夫舞曲」「鉄骨エロ騒動」のウィリアム・K・ウェルズが組み立て、「ハッピイ・デイス」「ハバナから来た女」のベンッジャミン・ストロフが監督し、「鉄骨エロ騒動」「ヨーロッパ突進」のL・ウィリアム・オコンネルが撮影した。主なる出演者は「サニー・サイド・アップ」「巴里よいとこ」のエル・ブレンデル、「サニー・サイド・アップ」「ハッピイ・デイス」のマージョリー・ホワイト、「ドノヴァン」「母よ愚かなれ」のウィリアム・コリアー・ジュニア「七つの鍵」「愛の医者」のミリアム・シーガー、ノール・フランシス、フランク・リチャードソン等である。

監督
ベンジャミン・ストロフ
出演キャスト
エル・ブレンデル マージョリー・ホワイト フランク・リチャードソン ノール・フランシス
1929年

キャバレーの秘話

  • 1929年当年公開
  • 出演(Al_Bergon 役)

「懐しのアリゾナ」「熱沙果つる所」と同じくアーヴィング・カミングス氏の監督作品でウォーレス・スミス氏の原作から「街の天使」「クリスティナ」のマリオン・オース女史が脚色した。主役を演ずるのは「母ぞよく知る」「空中サーカス」のルイズ・ドレッサー夫人で他に「赤い酒」「無頼漢(1928)」のジューン・コリアー嬢、アラン・レーン氏、オスカー・アッフェル氏、ポール・ニコルソン氏等が助演している。キャメラは「紅の踊」「極北恋の滑走」のチャールズ・クラーク氏が担任。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
ルイズ・ドレッサー ジューン・コリアー アラン・レーン オスカー・アッフェル
1927年

赤熱の人

  • 1927年当年公開
  • 出演(John_Felton 役)

「純情無敵」「ニューヨーク狂想曲」等と同じくモント・ブルー氏が主演するもので、W・ダグラス・ニュートン氏の原作をハービュイ・ゲーツ氏が脚色し、「懐しのアリゾナ」「闇より光へ」のアービン・カミング氏が監督した。助演者は「中華街見物」のリーラ・ハイアムス嬢、「ニューヨークの波止場」のクライド・クック氏、「燃ゆる人魚」のキャロル・ナイ氏及びポール・ニコルソン氏である。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
モント・ブルー クライド・クック リーラ・ハイアムス キャロル・ナイ
1926年

お針娘バーサ

  • 1926年当年公開
  • 出演(Jules_Morton 役)

「大山鳴動」「名門の血は踊る」等と同じくマツジ・ベラミー嬢主演映画で、セオドア・クレーマー氏作の舞台劇に基づいてガートルード・オール女史が台本を執筆し、「ジョンスタウンの大洪水」「愛の投縄」等と同じくアーヴィング・カミングス氏が監督したもので、ベラミー嬢の相手役は新進のアラン・シンプソン氏が勤め、ポール・ニコルソン氏、サリー・フイツプス嬢、アニタ・ガーウイン嬢、ジエー・フアーレル・マクドナルド氏、アーサー・ハルスマン氏等が助演している。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
マッジ・ベラミー アラン・シンプソン サリー・フィップス ポール・ニコルソン

素晴らしい果報者

  • 1926年当年公開
  • 出演(Bob_Wells 役)

アル及びチャールズ・クリスティー氏の制作した喜劇で、E・J・ラス氏の小説に基づきオーウェン・デイヴィス氏が戯曲化した舞台の当たり狂言を映画にしたものである。「のんきな叔母さん」と同じく脚色にはF・マッグルー・ウィリス氏、監督にはスコット・シドニー氏が夫々にその任に当たっている。「浮気は御法度」のハリソン・フォード氏、「肉体の道」のフィリス・ヘイヴァー嬢、「凸凹サーカスの巻」のチェスター・コンクリン氏とマック・スウェイン氏、「アンニー・ローリー」のホバート・ボスウォース氏、その他クリスティー喜劇の花形ヴェラ・ステッドマン嬢、チャールズ・ジェラード氏、クラレンス・バートン氏、等共演の賑かな顔触れである。

監督
スコット・シドニー
出演キャスト
ハリソン・フォード フィリス・ヘイヴァー チェスター・コンクリン マック・スウェイン

大洪水(1926)

  • 1926年当年公開
  • 出演(Peyton_Ward 役)

有名なジョンスタウンの洪水を中心にして劇画化したもので原作はエドフリッド・A・ビンガム氏とロバート・ロード氏とが執筆したもので、「ひととせの命」「地と肉」等と同じくアーヴィング・カミングス氏が監督した。主役は「サンキュー」「アイアン・ホース」等出演のジョージ・オブライエン氏で相手役は新進のフローレンス・ギルバート嬢とジャネット・ゲイナー嬢で、アンダース・ランドルフ氏、ポールニコルソン氏、ポール・バンサー氏等が共演している。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
ジョージ・オブライエン フローレンス・ギルバート ジャネット・ゲイナー アンダース・ランドルフ
1924年

浮気哲学

  • 1924年当年公開
  • 出演(Peter_Granvill 役)

ルイス・ジョセフ・ヴァンス氏作の小説をジュリア・クロフォード・アイヴァース女史が脚色し、「武士道華やかなりし頃」「絶世の美姫」等の監督者ロバート・G・ヴィニョーラ氏がMG社第1回作品として監督したもので主役は「3人の女性」「死途の小唄」等出演のポーリン・フレデリック嬢が演じ、「受難のテス」「痴人哀楽」等出演のコンラッド・ネーゲル氏「さすらいの人々」「女房征服」等出演のメイ・ブッシュ嬢、「社交界の誘惑」「幸福の扇」等出演のハントリー・ゴードン氏が共演する他パターソン・ダイアル嬢も助演している。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
ポーリン・フレデリック コンラッド・ネーゲル メイ・ブッシュ ハントリー・ゴードン
1921年

神の変えし女

  • 1921年当年公開
  • 出演(District_Attorney 役)

「ヴィクトリー」等に豊艶な容姿をみせたシーナ・オウエン嬢主演のコスモポリタン映画で、ドン・バーン氏の有名なる同名の小説家からドティー・ホバート氏が脚色し、ロバート・G・ヴィニョーラ氏が監督した映画である。相手役は「衷心の声」等のE・K・リンカーン氏である。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
シーナ・オウエン E・K・リンカーン ヘンリー・セッドリー リリアン・ウォーカー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・ニコルソン