TOP > 映画監督・俳優を探す > 浮世亭歌楽

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1975年 まで合計3映画作品)

1975年

鬼の詩

  • 1975年8月16日(土)
  • 出演(剣舞師 役)

明治末期の大阪の寄席で活躍した桂馬喬を主人公に、上方芸人の芸に対する執念と壮絶な生涯を描く。原作は藤本義一の同名小説。脚本は藤本義一と杉浦久、監督は脚本も執筆している「富士山頂(1970)」の村野鐵太郎、撮影は「夜にほほよせ」の吉岡康弘がそれぞれ担当。

監督
村野鐵太郎
出演キャスト
四代目桂福団治 片桐夕子 露乃五郎 中原早苗
1959年

愛情不動

  • 1959年5月19日(火)
  • 出演(落語家夢団治 役)

長谷川幸延の原作を、「荷車の歌」の依田義賢が脚色したもので、大阪法善寺界隈をバックにしたメロドラマ。「恐喝(1958)」の佐伯幸三が監督し、「グラマ島の誘惑」の岡崎宏三が撮影した。パースペクタ立体音響。

監督
佐伯幸三
出演キャスト
鶴田浩二 山田五十鈴 香川京子 西岡慶子
1956年

世にも面白い男の一生 桂春団治

  • 1956年11月27日(火)
  • 出演(桂円治郎 役)

大阪が生んだ無類の愛敬者、桂春団治の物語。長谷川幸延の原作より監督の木村恵吾が新喜劇の渋谷天外と共同脚色、「月の紘道館」の木村恵吾がフリーになっての第一作。撮影は「遠山金さん捕物控 影に居た男」の三村明。主な出演者は「猫と庄造と二人のをんな」の森繁久彌、「日本橋」の淡島千景、「殉愛」の八千草薫、「日蝕の夏」の高峰三枝子、「猫と庄造と二人のをんな」の浪花千枝子、エンタツ、「天上大風」の田中春男、「アチャコ行状記 親馬鹿天国」の本郷秀雄、ほかに三好栄子、杉山昌三九、山路義人など。

監督
木村恵吾
出演キャスト
森繁久彌 田村楽太 淡島千景 高峰三枝子

浮世亭歌楽の関連人物

汐風享子  有田たね  有明月子  都家文雄  藤本幸次郎 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 浮世亭歌楽

ムービーウォーカー 上へ戻る