TOP > 映画監督・俳優を探す > 林美一

年代別 映画作品( 1975年 ~ 1981年 まで合計8映画作品)

1981年

北斎漫画

  • 1981年9月12日(土)
  • 時代考証

『富嶽三十六景』の他に『北斎漫画』で春画の大家としても知られる葛飾北斎と娘・お栄の一生、ふんけいの友、滝沢馬琴との交流を描く。矢代静一の同名の戯曲の映画化で、脚本・監督は「絞殺」の新藤兼人、撮影は丸山恵司がそれぞれ担当。

監督
新藤兼人
出演キャスト
緒形拳 西田敏行 田中裕子 樋口可南子

魔性の夏 四谷怪談より

  • 1981年5月23日(土)
  • 時代考証

お馴染鶴屋南北の『四谷怪談』を青春群像ドラマとして映画化。脚本は「スローなブギにしてくれ」の内田栄一、監督は「海よお前が-帆船日本丸の青春-」の蜷川幸雄、撮影は「五番町夕霧楼(1980)」の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
蜷川幸雄
出演キャスト
萩原健一 高橋惠子 夏目雅子 石橋蓮司

ええじゃないか

  • 1981年3月14日(土)
  • 時代考証

江戸時代末期に発生したええじゃないか騒動や百姓一揆など騒然とした世相を背景に江戸東両国界隈に生きた下層庶民のバイタリティ溢れる生活を描く。脚本は「復讐するは我にあり」の今村昌平と宮本研の共同執筆、監督も同作の今村昌平、撮影も同作の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
今村昌平
出演キャスト
桃井かおり 泉谷しげる 緒形拳 露口茂
1980年

ザ・ウーマン(1980)

  • 1980年11月22日(土)
  • 原案

江戸時代後期の文化年間、当代一の人気役者、坂東三津五郎(映画では三寿五郎)の妻でありながら、男ごころをそそる美貌と性的魅力でさまざまな男たちと関係し、前代未聞の“間男番付”なるものまで売り出されたほどの女、竹本小伝の性遍歴を描く。林美一の「あんばいよしのお伝」を原案に、脚本は星川清司、監督は「ナオミ」の高林陽一、撮影は稲垣涌三がそれぞれ担当。

監督
高林陽一
出演キャスト
佳那晃子 中野誠也 仲谷昇 池波志乃

天平の甍

  • 1980年1月26日(土)
  • 時代考証

天平年間、日本仏教界の確立のために黄土に渡った四人の日本人青年僧の青春と、唐の高僧、鑒真和上の二十年の歳月をかけて渡日に成功するまでの苦難の道を描く。井上靖の同名の小説の映画化で脚本は「お吟さま(1978)」の依田義賢、監督も同作の熊井啓、撮影は「復讐するは我にあり」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
熊井啓
出演キャスト
中村嘉葎雄 大門正明 浜田光夫 草野大悟
1978年

お吟さま(1978)

  • 1978年6月3日(土)
  • 時代考証

茶道の名匠・千利休の娘・吟の悲恋を描く、今東光原作の同題名小説の映画化。脚本は「京舞・四世井上八千代」の依田義賢、監督は「北の岬」の熊井啓、撮影は「ねむの木の詩がきこえる」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
熊井啓
出演キャスト
志村喬 中野良子 梅野泰靖 高橋長英

曽根崎心中(1978)

  • 1978年4月29日(土)
  • 時代考証

元禄の女の自我と、商人の意地とバイタリティを描く、近松門左衛門原作の同題名小説の映画化。脚本は「肉体の悪魔」の白坂依志夫と、「大地の子守歌」の増村保造の共同執筆、監督も同作の増村保造、撮影は「春男の翔んだ空」の小林節雄がそれぞれ担当。

監督
増村保造
出演キャスト
梶芽衣子 宇崎竜童 井川比佐志 左幸子
1975年

ある映画監督の生涯 溝口健二の記録

  • 1975年5月24日(土)
  • 出演

溝口健二と一緒に仕事をした三九人の俳優・スタッフ・友人に新藤兼人がインタビューして、溝口の人生を描こうとした長編ドキュメンタリー。なおこのインタビューは、『ある映画監督の生涯--溝口健二の記録』(映人社刊)という本になって活字化されている。

監督
新藤兼人
出演キャスト
永田雅一 入江たか子 成沢昌茂 柳永二郎

林美一の関連人物

殿山泰司  西村晃  志村喬  井川比佐志  梅野泰靖 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 林美一

ムービーウォーカー 上へ戻る