映画-Movie Walker > 人物を探す > 絲屋寿雄

年代別 映画作品( 1946年 ~ 2006年 まで合計35映画作品)

2006年

夜の女たち

  • 2006年9月9日(土)公開
  • 企画

大女優・田中絹代が初めての汚れ役に挑んだ社会派群像ドラマ。終戦直後の荒廃した大阪を舞台に、戦争未亡人の姉と、その妹がたどる波瀾万丈の人生を生々しく描き出す。

監督
溝口健二
出演キャスト
田中絹代 高杉早苗 角田富江 宮本民平
2001年

鬼婆

  • 2001年3月3日(土)公開
  • 製作

 ベテラン新藤兼人監督の64年作。戦国時代を舞台に、落武者を殺害してはその武具を売りさばく母娘の生きざまと愛憎を力強く描いた和製ホラー。

監督
新藤兼人
出演キャスト
乙羽信子 吉村実子 佐藤慶 殿山泰司
1975年

ある映画監督の生涯 溝口健二の記録

  • 1975年5月24日(土)公開
  • 出演

溝口健二と一緒に仕事をした三九人の俳優・スタッフ・友人に新藤兼人がインタビューして、溝口の人生を描こうとした長編ドキュメンタリー。なおこのインタビューは、『ある映画監督の生涯--溝口健二の記録』(映人社刊)という本になって活字化されている。

監督
新藤兼人
出演キャスト
永田雅一 入江たか子 成沢昌茂 柳永二郎
1971年

甘い秘密

  • 1971年8月25日(水)公開
  • 製作

作家志願の女葉子が、四人の男との愛欲にひたりながらも、自由を求めて奔放に生きる姿を描く。原作は徳田秋声の『仮装人物』。脚本は秋声ファンとして知られる「激動の昭和史 沖縄決戦」の新藤兼人。監督は「眠れる美女(1968)」の吉村公三郎。撮影は佐藤昌道がそれぞれ担当。なお、この作品は本誌昭和四十三年七月下旬号(四七三)「日本映画紹介」欄に「熱い夜」として紹介したが、題名が変更になって八月二十五日に封切られたものである。

監督
吉村公三郎
出演キャスト
佐藤友美 小沢栄太郎 伊丹十三 細川俊之
1970年

裸の十九才

  • 1970年10月31日公開
  • 製作

地方から上京した少年が大都会の非情なメカニズムの車輪に巻きこまれ、次第に脱落し、ふとしたはずみで殺人を犯すという事件を素材にした、近代映協創立二十周年記念映画。脚本は「かげろう」の関功と松田昭三、監督は脚本にも参加している「かげろう」の新藤兼人、撮影は同作の黒田清巳がそれぞれ担当。

監督
新藤兼人
出演キャスト
原田大二郎 乙羽信子 吉岡ゆり 厳波郎
1969年

かげろう(1969)

  • 1969年10月29日公開
  • 製作

「触角」の新藤兼人が脚本・監督を担当、撮影も新藤チームの黒田清巳が加わった。なお新人の関功が脚本執筆に参加している。

監督
新藤兼人
出演キャスト
乙羽信子 富山真沙子 吉澤健 戸浦六宏
1968年

眠れる美女(1968)

  • 1968年1月31日公開
  • 製作

川端康成の同名原作(“新潮”所載)を、「華岡青洲の妻」の新藤兼人が脚色し、「堕落する女」の吉村公三郎が監督した文芸もの。撮影はコンビの佐藤昌道。

監督
吉村公三郎
出演キャスト
田村高廣 山岡久乃 八木昌子 香山美子
1967年

堕落する女

  • 1967年6月28日公開
  • 製作

谷崎潤一郎の原作「愛すればこそ」を、「妻二人」の新藤兼人が脚色、「こころの山脈」の吉村公三郎が監督した文芸もの。撮影は「松川事件」の佐藤昌道。

監督
吉村公三郎
出演キャスト
桑野みゆき 細川俊之 田村高廣 高橋悦史
1965年

悪党(1965)

  • 1965年11月21日公開
  • 製作

谷崎潤一郎の戯曲“顔世”より「鬼婆」の新藤兼人が脚色・監督した戦乱もの。撮影もコンビの黒田清巳。

監督
新藤兼人
出演キャスト
小沢栄太郎 岸田今日子 乙羽信子 木村功
1963年

母(1963)

  • 1963年11月8日公開
  • 製作

原作、脚色、監督ともに「人間」の新藤兼人が担当した、社会ドラマ。撮影もコンビの黒田清巳。

監督
新藤兼人
出演キャスト
乙羽信子 杉村春子 高橋幸治 加藤武
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 絲屋寿雄

ムービーウォーカー 上へ戻る