TOP > 映画監督・俳優を探す > 三笑亭笑三

年代別 映画作品( 1969年 ~ 1980年 まで合計4映画作品)

1980年

天平の甍

  • 1980年1月26日(土)
  • 出演(遣唐船の陰陽師 役)

天平年間、日本仏教界の確立のために黄土に渡った四人の日本人青年僧の青春と、唐の高僧、鑒真和上の二十年の歳月をかけて渡日に成功するまでの苦難の道を描く。井上靖の同名の小説の映画化で脚本は「お吟さま(1978)」の依田義賢、監督も同作の熊井啓、撮影は「復讐するは我にあり」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
熊井啓
出演キャスト
中村嘉葎雄 大門正明 浜田光夫 草野大悟
1975年

鴎よ、きらめく海を見たか めぐり逢い

  • 1975年7月12日(土)
  • 出演(安さん 役)

貧乏で不格好ながらも懸命に生きようとする青年と少女の真情を描いた青春映画。原作は脚本も執筆している岩間芳樹のオリジナル・シナリオ「現代日本艶歌」、監督は「モスクワわが愛」の吉田憲二、撮影は「不知火海」の大津幸四郎がそれぞれ担当。

監督
吉田憲二
出演キャスト
高橋洋子 田中健 根岸明美 天の夕づる
1973年

朝やけの詩

  • 1973年10月27日(土)
  • 出演(為次 役)

日本アルプスの大自然を背景にして、破壊されてゆく原生林、緑の広野、離散する開拓村一家に、日本の未来をみつめながら、自然の中に育くまれた若い男女の激しい愛を描く。脚本は山内久と桂明子、監督は脚本も執筆している「忍ぶ川」の熊井啓、撮影は「化石の森」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
熊井啓
出演キャスト
仲代達矢 高橋惠子 岩崎加根子 川瀬裕之
1969年

喜劇 駅前桟橋

  • 1969年2月15日(土)
  • 出演(司会者 役)

「セックス・チェック 第二の性」の池田一朗がシナリオを執筆し、「落語野郎 大爆笑」の杉江敏夫が監督した“駅前”シリーズ第二四作目。撮影は「君に幸福を センチメンタル・ボーイ」の岡崎宏三。

監督
杉江敏男
出演キャスト
森繁久彌 松山英太郎 フランキー堺 左卜全

三笑亭笑三の関連人物

三国景子  安藤和子  島田喜美江  沢宏美  金田典子 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 三笑亭笑三

ムービーウォーカー 上へ戻る