映画-Movie Walker > 人物を探す > 佐伯赫哉

年代別 映画作品( 1963年 ~ 1976年 まで合計8映画作品)

1976年

おとうと(1976)

  • 1976年12月25日(土)
  • 出演(船宿の船頭 役)

幸田文の代表作品の映画化。父が作家で、母は継母という家庭環境に育った、姉と弟の心の交流を描く。脚本は「妖婆」の水木洋子、監督は「パーマネント・ブルー 真夏の恋」の山根成之、撮影も同作の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
山根成之
出演キャスト
郷ひろみ 浅茅陽子 木村功 岩崎加根子
1975年

桜の森の満開の下

  • 1975年5月31日(土)
  • 出演(役人 役)

坂口安吾の同名の短篇小説の映画化で、都の女に魅せられた粗暴な山賊を怪奇と幻想風に描く。脚本は「卑弥呼」の富岡多恵子、監督は脚本も執筆している同作の篠田正浩、撮影も同作の鈴木達夫がそれぞれ担当。

監督
篠田正浩
出演キャスト
若山富三郎 岩下志麻 伊佐山ひろ子 滝田裕介
1973年

忍ぶ糸

  • 1973年7月7日(土)
  • 出演(星野 役)

果たされぬ恋を組紐に託し、忍従に生きぬいた、娘二代の愛の歴史を、城下町・伊賀上野を舞台に描く。原作は北原優子の同名小説。脚本は「恍惚の人」の松山善三と、増田憲義、監督は「卒業旅行」の出目昌伸、撮影も同作の原一民がそれぞれ担当。

監督
出目昌伸
出演キャスト
栗原小巻 成瀬昌彦 川上夏代 山野辺敦
1969年

若者はゆく 続若者たち

  • 1969年5月10日(土)
  • 出演(設計技師 役)

「若者たち」のトリオ、山内久、森川時久、宮島義勇が脚本、監督、撮影を担当した青春もの。

監督
森川時久
出演キャスト
田中邦衛 橋本功 山本圭 佐藤オリエ
1966年

他人の顔

  • 1966年7月16日(土)
  • 出演(ケロイドの娘の兄 役)

「砂の女」と同じく安部公房が原作・脚色を担当、勅使河原宏が監督した心理劇。撮影も瀬川浩。

監督
勅使河原宏
出演キャスト
仲代達矢 京マチ子 平幹二朗 岸田今日子
1965年

スパイ(1965)

  • 1965年9月4日(土)
  • 出演(宮島警備官 役)

夏堀正元の“罠”を、「続・兵隊やくざ」の舟橋和郎が脚色、「にっぽん泥棒物語」の山本薩夫が監督した社会もの。撮影は前田実。

監督
山本薩夫
出演キャスト
田宮二郎 中谷一郎 小川真由美 山本學

最後の審判(1965)

  • 1965年5月16日(日)
  • 出演(バーテン 役)

W・P・マッギバーンの同名の原作を「ここから始まる」の松山善三と「城取り」の池田一朗が共同で脚色「悪の紋章」の堀川弘通が監督したスリラーもの。撮影は「喜劇 駅前音頭」の黒田徳三

監督
堀川弘通
出演キャスト
仲代達矢 須賀不二男 淡島千景 吉村実子
1963年

白と黒(1963)

  • 1963年4月10日(水)
  • 出演(都電の車掌 役)

橋本忍のオリジナルシナリオより「娘と私」の堀川弘通が監督した推理ドラマ。撮影は「ぶらりぶらぶら物語」の村井博。第37回キネマ旬報ベスト・テン第9位。

監督
堀川弘通
出演キャスト
小林桂樹 仲代達矢 井川比佐志 千田是也
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 佐伯赫哉