映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・オーグル

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1926年 まで合計40映画作品)

1926年

曙光の森

  • 1926年公開
  • 出演(Donald_McTavish 役)

大北物の大衆作家として知名なジェームズ・オリヴァー・カーウッド氏の小説の映画化で、それを「三人」「ドロシー・ヴァーノン」と同じくウォルデマー・ヤング氏が脚色し、「大分水嶺」「怒號する天地」の監督者レジノルド・バーカー氏が監督したもの。主役は「明眸罪あり」「イット」出演のアントニオ・モレノ氏と「ビッグ・パレード」「ミシガン小僧」出演のルネ・アドレー嬢との二人で、ガードナー・ジェームズ氏、トム・オブライエン氏、匈牙利オスカー・ベレギ氏等が出演してイる。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
アントニオ・モレノ ルネ・アドレー ウィリアム・オースティン トム・オブライエン

誉れの一蹴

  • 1926年公開
  • 出演(John_Wade 役)

米国の有名な職業蹴球選手レッド・レンジ氏主演の蹴球劇で、自動車活劇で有名バイロン・モーガン氏が特に台本を書き下ろし、ロリア・アウォンスン嬢映画の監督たりしサム・ウッド氏が監督した。メアリー・マカリスターー嬢、ベン・ヘンドリックス氏、チャールズ・オーグル氏、リンカーン・ステッドマン氏、ジェイ・ハント氏、リー・シャムウェイ氏等助演。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
レッド・レンジ メアリー・マカリスター チャールズ・オーグル ジョージ・ウイルソン
1925年

火焔を潜りて

  • 1925年公開
  • 出演(Henry_Thurman 役)

お馴染みの西部物語作者ゼーン・グレイ氏の小説をルシエン・ハバード氏が脚色し「迸る魂」等と同じくウィリアム・K・ハワード氏が監督したもので「黄金の誘惑」のオーエン・ムーア氏、「鵞鳥を飼う女」のコンスタンス・ベネット嬢、「虚栄の市(1923)」のメーベル・ボーリン嬢、「美人貧客」のデイヴィッド・バトラー氏等が競演し、チャールズ・オーグル氏、フランキー・リー君等も出演している。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
オーエン・ムーア コンスタンス・ベネット メーベル・ボーリン チャールズ・オーグル

勝利者(1925)

  • 1925年公開
  • 出演(James_Martin 役)

「十誡(1923)」に続くセシル・B・デミル氏の監督作品で、原作はサタデイ・イヴニングポースト誌上に連載されたメイ・エジントン女史の小説、これを例のジャニー・マクファースン女史が脚色したもので、主役は「十誡(1923)」現代篇と同じくリートリス・ジョーイ嬢とロッド・ラ・ロック氏、それにハンガリー生れの新進俳優ヴィクター・ヴァルコニ氏が加わり、その他贅澤なオール・スター・キャストである。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
リートリス・ジョーイ ロッド・ラロック ヴィクター・ヴァルコニ チャールズ・オーグル
1924年

アラスカン

  • 1924年公開
  • 出演(The_Lawler 役)

「氷原の彼方へ」「追はるゝ女」等の原作者たるジェームズ・オリヴァー・カーウッド氏原作の小説に基づき「スカラムージュ」「ピーターパン(1924)」脚色者たるウィリス・ゴールドベック氏が脚色し「西班牙の踊子」「ピーターパン(1924)」等と同じくハーバート・ブレノン氏が監督したもの。主役は「浪吼ゆる夜」「女に安全な男」等出演のトーマス・ミーアン氏、相手は「十誡(1923)」「起てよ!戦士」等出演のエステル・テイラー嬢で、アラスカを背景の男性劇である。

監督
ハーバート・ブレノン
出演キャスト
トーマス・ミーアン エステル・テイラー ジョン・セント・ポリス フランク・カンポー

活動のマートン

  • 1924年公開
  • 出演(Mr._MOntague 役)

ハリー・レオン・ウィルソン氏の小説からジョージ・S・カウフマン氏とマーク・コネリー氏とが舞台劇に書き上げて、それが米国中の大評判となった。それがこの映画の原作であって、映画化する際はウォルター・ウッズ氏が脚色し「ホリウッド」「男子改造」「女性礼讚」等と同じくジェームズ・クルーズ氏が監督したもの。舞台劇の主役であったグレン・ハンター氏が選まれてこの映画でも主役を演じている。相手役はメトロのスターであったヴァイオラ・ダナ嬢で「ホリウッド」とはまた別な味のある撮影所を背景にした人情喜劇である。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
グレン・ハンター チャールズ・セロン Sadie Gordon ゲイル・ヘンリー

国境の狼

  • 1924年公開
  • 出演(Harvey_Roberts 役)

ゼーン・グレイ氏作の西部物語をジョージ・ハル氏が脚色したものでウィリアム・K・ハワード氏のバ社における第一回監督作品である。主役は「恋と食欲」「南海の情火」等出演のアントニオ・モレノ氏と「女房征服」「単騎突進」等出演のヘレン・チャドウィック嬢でロックリフ・フェローズ氏、ギブソン・ゴウランド氏、チャールズ・オーグル氏等助演。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
アントニオ・モレノ ヘレン・チャドウィック ロックリフ・フェローズ ギブソン・ゴーランド

地獄の猛火

  • 1924年公開
  • 出演(Patrick_Malone 役)

「爆音千里」その他の自動車活劇の原作者として有名なバイロン・モーガンの原作を、ユ社に長くいたハーヴェイ・シュウが脚色し、「夕陽の山道」「干潮」等と同じくジョージ・メルフォードが監督した。主役は「夕陽の山道」「干潮」等出演のジャクリーン・ローガン「スペインの踊子」「大陸に鳴る女」出演のアントニオ・モレノ「巨人大望」「剣劇の響」出演のウォルター・ハイアースの3人で、悪役の名手ロバート・マッキムも主要な役を演じている。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
ジャクリーヌ・ローガン アントニオ・モレノ ウォルター・ハイアース チャールズ・オーグル
1923年

巨人大望

  • 1923年公開
  • 出演(James_Smith 役)

ウォルター・ハイアーの第2回主演映画で、フランク・コンドンの原作を、グラント・カーペンターが脚色、「悪魔の眠る時」「男になる迄」等と同じくジョセフ・ヘナベリーが監督した。対手役は「剣劇の響」「干潮」等のジャクリーン・ローガン。その他リカルド・コルテス、チャールズ・オーグル等も共演する。痛快な喜活劇である。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
ウォルター・ハイアース ジャクリーヌ・ローガン リカルド・コルテス チャールズ・オーグル

グラムピー

  • 1923年公開
  • 出演(Ruddock 役)

1913年9月19日始めてグラスゴーのローヤル座に上演され、同年秋ニューヨークにも100回の連続上演されたホレース・ホッジス、トーマス・ウィグニー・パーシヴァル共作の舞台劇を、クララ・S・ベランジャー女史が脚色し、「クラレンス」「世界の喝采」等を作ったウィリアム・C・デミルが監督したもので、主役には「ふるさとの家」その他でお馴染みのセオドア・ロバーツ、「キック・イン」「センチメンタル・トミー」等出演のメイ・マカヴォイ、「白絹の女」「愚か者の楽園」等出演のコンラッド・ネーゲルが共演する。探偵喜活劇とでもいうべき愉快なる映画である。

監督
ウィリアム・C・デミル
出演キャスト
セオドア・ロバーツ メイ・マカヴォイ コンラッド・ネーゲル カッスン・ファーガソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・オーグル