TOP > 人物を探す > 貝山知弘

年代別 映画作品( 1964年 ~ 1991年 まで合計16映画作品)

1991年

ストロベリーロード

  • 1991年4月27日(土)
  • 製作総指揮

60年代のカリフォルニアを舞台に、広大ないちご畑に夢を託す日本人兄弟の姿を描くドラマ。石川好原作の同名小説の映画化で、脚本は「青い山脈'88」の山田信夫が執筆。監督は「海へ See you」の蔵原惟繕。撮影監督は「花の季節」の加藤雄大がそれぞれ担当。

監督
蔵原惟繕
出演キャスト
松平健 石橋保 マリシカ・ハーガティー マコ
1983年

南極物語(1983)

  • 1983年7月23日(土)
  • チーフプロデューサー

南極観測隊が悪天候に阻まれ、やむなく南極の地に置き去りにしてきた十五匹のカラフト犬の生への闘いと、観測隊員たちの姿を描く。脚本は「人生劇場(1983)」の野上龍雄、「色ざんげ(1983)」の佐治乾、「暗室」の石堂淑朗、「キタキツネ物語 THE FOX IN THE QUEST OF THE NORTHERN SUN」の蔵原惟繕の共同執筆。監督は「青春の門 自立篇(1982)」の蔵原惟繕、撮影は「キタキツネ物語 THE FOX IN THE QUEST OF THE NORTHERN SUN」の椎塚彰がそれぞれ担当。

監督
蔵原惟繕
出演キャスト
高倉健 渡瀬恒彦 岡田英次 夏目雅子
1977年

姿三四郎(1977)

  • 1977年10月29日(土)
  • 製作

明治十五年から二十年、怒涛のように押し寄せた西洋文化の前に、みるみる衰退していった日本の柔術。その中で、日本人の心を失わなかった一握りの人々が、やがて新しい「柔道」を完成させていく姿を描く。脚本は「世界名作童話 白鳥の王子」の隆巴、監督は「青葉繁れる」の岡本喜八、撮影は「八甲田山」の木村大作がそれぞれ担当。

監督
岡本喜八
出演キャスト
三浦友和 仲代達矢 若山富三郎 秋吉久美子
1975年

はつ恋(1975)

  • 1975年11月1日(土)
  • 製作

16歳の少年が年上の女性に初めての愛を捧げるが、彼女は少年の父の愛人であった、というツルゲーネフの同名小説の翻訳映画化。脚本は重森孝子、監督は「がんばれ!若大将」の小谷承靖、撮影は「デルス・ウザーラ」の中井朝一がそれぞれ担当。

監督
小谷承靖
出演キャスト
井上純一 二谷英明 南風洋子 原ひさ子

雨のアムステルダム

  • 1975年3月21日(金)
  • 製作、出演(鈴木参事官 役)

アムステルダムを背景に、現地の日本人社会からはじき出された男と女が、日本の大商社の黒い霧の渦にまきこまれるサスペンスドラマ。脚本は「華麗なる一族」の山田信夫、監督は「陽は沈み陽は昇る」の蔵原惟繕、撮影は「華麗なる一族」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
蔵原惟繕
出演キャスト
萩原健一 岸惠子 三國連太郎 アラン・キュニー
1973年

化石の森(1973)

  • 1973年9月1日(土)
  • 製作

現代の青春と、母と子の血の問題をとりあげながら、人間の心の中の神と獣性を追求する。原作は石原慎太郎の同名小説。脚本は「陽は沈み陽は昇る」の山田信夫、監督は「札幌オリンピック」の篠田正浩、撮影は「無宿人御子神の丈吉 黄昏に閃光が飛んだ」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
篠田正浩
出演キャスト
萩原健一 二宮さよ子 八木昌子 杉村春子
1972年

白鳥の歌なんか聞えない

  • 1972年5月25日(木)
  • 製作

“揺れ動く青春”をテーマにした庄司薫原作の「白鳥の歌なんか聞えない」の映画化。脚本は「薔薇の標的(1972)」の桂千穂。監督は「恋人って呼ばせて」の渡辺邦彦。撮影は「潮騒(1971)」の中井朝一がそれぞれ担当。

監督
渡辺邦彦
出演キャスト
岡田裕介 本田みちこ 加賀まりこ 菅原一高

薔薇の標的(1972)

  • 1972年4月5日(水)
  • 製作

冷たく光る銃に魅せられた非情な殺し屋と、彼に恋人を狙撃された可憐な中国娘。数奇な糸に繰られながら青春を賭ける男女の姿を描く。脚本は「凄い奴ら」の白坂依志夫と新人桂千穂。監督も同作の西村潔。撮影は「誰のために愛するか」の原一民がそれぞれ担当。

監督
西村潔
出演キャスト
加山雄三 チェン・チェン 岡田英次 トビー門口
1970年

赤頭巾ちゃん気をつけて

  • 1970年8月4日(火)
  • 製作

高校生薫クンの一日を通して描いた揺れ動く青春。庄司薫の原作から、脚本は「二人の恋人」の井手俊郎と森谷司郎の共同執筆、監督は森谷司郎。撮影は「ブラボー!若大将」の中井朝一が担当。

監督
森谷司郎
出演キャスト
岡田裕介 森和代 富川徹夫 森秋子
1969年

弾痕(1969)

  • 1969年9月10日(水)
  • 製作

「無頼・殺せ」の永原秀一がシナリオを執筆し、「二人の恋人」の森谷司郎がメガホンをとったアクションもの。撮影は「兄貴の恋人」の斎藤孝雄が担当した。

監督
森谷司郎
出演キャスト
加山雄三 太地喜和子 佐藤慶 岡田英次

貝山知弘の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 貝山知弘