映画-Movie Walker > 人物を探す > 坂本九

年代別 映画作品( 1959年 ~ 2011年 まで合計31映画作品)

2011年

コクリコ坂から

  • 2011年7月16日(土)公開
  • 挿入歌

宮崎駿が企画&脚本を担当し、『ゲド戦記』以来、5年ぶりに宮崎吾朗が監督を手がけた、同名漫画が原作のスタジオジブリによるアニメ映画。1963年の横浜を舞台に、16歳の女子高校生・海の恋愛模様や友情を通して、まっすぐに生きる高校生たちの青春を描き出す。海役を長澤まさみ、彼女が好意を寄せる少年・俊を岡田准一が演じる。

監督
宮崎吾朗
出演キャスト
長澤まさみ 岡田准一 竹下景子 石田ゆり子
1975年

新八犬伝

  • 1975年3月15日(土)公開
  • 語り

NHK連続人形劇シリーズ「新八犬伝」の劇場版。芳流閣の決闘までを描く第一部。「東宝チャンピオンまつり」の一本として公開。

出演キャスト
鈴木弘子 近石真介 関根信明 阿部寿美子

吶喊

  • 1975年3月15日(土)公開
  • 出演(語りの老婆 役)

幕末の“戊辰の戦い”にまきこまれた若者たちの生きざまを通して、明治維新という変革の意味、そして変革の姿を浮き彫りにした青春喜活劇。なおタイトルの“吶喊”とは、突貫する時にあげるときの声の謂。脚本・監督は「青葉繁れる」の岡本喜八、撮影も同作の木村大作がそれぞれ担当。

監督
岡本喜八
出演キャスト
伊藤敏孝 岡田裕介 高橋悦史 伊佐山ひろ子
1967年

君は恋人

  • 1967年11月3日公開
  • 出演(九ちゃん 役)

「喜劇 東京の田舎っぺ」の若井基成がシナリオを執筆し、「君が青春のとき」の斎藤武市が監督した青春もので、主演浜田光夫の再起第一作。撮影は「爆弾男といわれるあいつ」の山崎善弘。

監督
斎藤武市
出演キャスト
浜田光夫 蕃ユミ 和泉雅子 林家こん平

九ちゃんのでっかい夢

  • 1967年1月2日公開
  • 出演(源九太郎 役)

三木洋の原作を、「なつかしい風来坊」の山田洋次が、シナリオと監督を担当したアクション・コメディ。撮影も「なつかしい風来坊」で山田と組んだ高羽哲夫。

監督
山田洋次
出演キャスト
坂本九 倍賞千恵子 竹脇無我 谷幹一
1966年

坊っちゃん(1966)

  • 1966年8月13日公開
  • 出演(小川大助(坊っちゃん) 役)

夏目漱石の同名原作を、「若いしぶき」の柳井隆雄が脚色し、「春一番」の市村泰一が監督した文芸もの。撮影はコンビの小杉正雄。

監督
市村泰一
出演キャスト
坂本九 古賀政男 牟田悌三 三波伸介
1965年

ハイウェイの王様

  • 1965年12月18日公開
  • 出演(市川源三郎 役)

阿川弘之の原作“銀のこんぺいとう”を、「命しらずのろくでなし」の若井基成が脚色、「求婚旅行」の市村泰一が監督した喜劇。撮影もコンビの大越千虎。

監督
市村泰一
出演キャスト
坂本九 香山美子 谷幹一 菅原文太

調子のいい奴 いたずらの天才

  • 1965年7月10日公開
  • 出演(藤島洋 役)

「命しらずのろくでなし」の若井基成と「恋人よ」の二本松嘉瑞が共同でシナリオを執筆、二本松嘉瑞が監督した喜劇。撮影は「お座敷小唄」の倉持友一。

監督
二本松嘉瑞
出演キャスト
坂本九 香山美子 堺駿二 谷幹一

ガリバーの宇宙旅行

  • 1965年3月20日公開
  • 出演(テッド少年 役)

「宇宙大怪獣 ドゴラ」の関沢新一がシナリオを執筆、「狼少年ケン ジャングル最大の作戦 おばけ嫌い」の黒田昌郎が演出した漫画映画。作画監督は古沢日出夫。撮影は篠崎文男と林昭夫。

出演キャスト
坂本九 本間千代子 宮口精二 堀絢子
1964年

万事お金

  • 1964年10月14日公開
  • 出演(豊年太郎 役)

源氏鶏太の同名小説を「裸の重役」の井手俊郎が脚色「こんにちは赤ちゃん(1964 松林宗恵)」の松林宗恵が監督したサラリーマンもの。撮影もコンビの鈴木斌。

監督
松林宗恵
出演キャスト
坂本九 星由里子 三井弘次 浪花千栄子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 坂本九