映画-Movie Walker > 人物を探す > トーマス・ミーアン

年代別 映画作品( 1916年 ~ 1934年 まで合計35映画作品)

1927年

運は天に在り

  • 1927年
  • 出演(Sam McCarver 役)

「カナディアン」「暗の小路」に続くトーマス・ミーアン氏主演映画で、ルシェン・ホワード氏作の舞台劇をホープ・ロアリングの女史が脚色し、「戦艦くろかね号」「親心子心」等と同じくジェームズ・クルーズ氏が監督したもの。相手女優は「熱砂を踏んで」出演のマリエッタ・ミルナー嬢で、「鉄蹄万里」「突貫急行」等出演のカレン・ランディス氏、フィロ・マッカロー氏、エドワード・スミス氏、スペック・オドンネル君等が助演している。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
トーマス・ミーアン マリエッタ・ミルナー カレン・ランディス スペック・オドンネル
1926年

キャナディアン

  • 1926年
  • 出演(Frank_Taylot 役)

W・サマセット・モーム氏作の舞台劇をアーサー・ストリンジャー氏が改作し、ジェー・クラアクソン・ミラー氏が脚色し「珍妙ライオン狩り」「雀」「天空騒動」等と同じくウイリアム・ボーデイン氏が監督したもので、主役は「神ぞ知る」「野球成り金」等主演のトマス・ミーアン氏が演じ、相手女優にはモナ・パルマ嬢(かつてミミ・パルメリ嬢として「鬼気人に迫る」「青春来る」に出演し、最近パラマウント俳優学校を卒業した人)が選ばれ、ウインダム・スタンデイング氏、デール・フラー嬢等が助演している。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
トーマス・ミーアン モナ・パルマ ウィンダム・スタンディング デール・フラー

神ぞ知る

  • 1926年
  • 出演(Roger_Drake 役)

ウィリアム・アンソニー・マクガイア氏作の舞台劇をポール・ディッキー氏とハワード・エメット・ロジャース氏とが改作し、ジェームズ・シュリー・ハジルトン氏が脚色し、「海馬」「兄貴」「心の合鍵」等と同じくアラン・ドワン氏が監督したもので、主役は「野珠成り金」「愛の凱歌」等主演のトーマス・ミーアン氏で相手役は「愛の黒眼鏡」「突貫花婿」等出演のルネ・アドレー嬢と「山だし娘」「男子凱旋」等出演のアイリーン・プリングル嬢が勤め、ウィリアム・パウエル氏及びヘール・ハミルトン氏が助演している。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
トーマス・ミーアン ルネ・アドレー アイリーン・プリングル ウィリアム・パウエル
1925年

愛の凱歌

  • 1925年
  • 出演(Tom_Blackford 役)

「襤褸を飾って」「やくざ者(1923)」等と同じくトーマス・ミーアン氏とライラ・リー嬢の 共演になる映画で、原作はジャック・ベシア氏の手になり、ポール・ショーフィールド氏が脚色し新進のエドワード・サザーランド氏が監督した第一回作品である。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
トーマス・ミーアン ライラ・リー ジョン・ミルターン ウォーレス・ビアリー
1924年

笛吹きマローン

  • 1924年
  • 出演(Jack_Malone 役)

「ペンロッド」「クラレンス」等を書いたブース・ターキントンの原作を「襤褸を飾って」等と同じくトム・ジェラティー氏の脚色、アルフレッド・E・グリーン氏の監督で作られたもので、主役は前二映画や「アラスカン」「女に安全な男」等出演のトマス・ミーアンシ、対手は「氷に閉ざされて」等出演のロイス・ウィルソン嬢である。その他老練なジョージ・フォーセット氏が重要な役を演じている。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
トーマス・ミーアン ロイス・ウィルソン エマ・ダン チャールズ・A・スティーヴンソン

アラスカン

  • 1924年
  • 出演(Alan_Holt 役)

「氷原の彼方へ」「追はるゝ女」等の原作者たるジェームズ・オリヴァー・カーウッド氏原作の小説に基づき「スカラムージュ」「ピーターパン(1924)」脚色者たるウィリス・ゴールドベック氏が脚色し「西班牙の踊子」「ピーターパン(1924)」等と同じくハーバート・ブレノン氏が監督したもの。主役は「浪吼ゆる夜」「女に安全な男」等出演のトーマス・ミーアン氏、相手は「十誡(1923)」「起てよ!戦士」等出演のエステル・テイラー嬢で、アラスカを背景の男性劇である。

監督
ハーバート・ブレノン
出演キャスト
トーマス・ミーアン エステル・テイラー ジョン・セント・ポリス フランク・カンポー
1923年

やくざ者(1923)

  • 1923年
  • 出演(Kirk_Anthony 役)

レックス・ビーチ原作の同名の小説からルイズ・スティーヴンスが脚色し、「襤褸を飾って」「明日を見る男」等と同じくアルフレッド・E・グリーン監督トーマス・ミーアンの主演で「襤褸を飾って」に共演したライラ・リーが対手役をする。ちなみにこれと同一の原作が数年前シーリッグ会社によって映画化されたものが輸入されたことがあるから記憶されている方もあろう。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
トーマス・ミーアン ライラ・リー Gertrude Sastor ジョン・ミルターン

浪吼ゆる夜

  • 1923年
  • 出演(Jim_Bedford 役)

「負けじ魂」「海の壮漢」等の原作者ピーター・B・カインの小説「風下の灯」“The Light to Leewardを、「幌馬車」を脚色したジャック・カニンガムと、「銀の翼」「神の怒り」等を脚色したポール・H・スローンの2人が共同で脚色し、ラルフ・インスが監督したもの「やくざ者(1923)」「襤褸を飾って」等と同じくトーマス・ミーアンとライラ・リーの共演である。

監督
ラルフ・インス
出演キャスト
トーマス・ミーアン ライラ・リー Charles Abbe ウィリアム・T・カールトン

女に安全な男

  • 1923年
  • 出演(Tom_Rockwood 役)

「襤褸を飾って」と同じくジョージ・エイドの原作になったもので、「ホリウッド」等と同じくトム・ジェラティーの脚色、「襤褸を飾って」「君を思えば」等を監督したアルフレッド・E・グリーンが監督した。「襤褸を飾って」「浪吼ゆる夜」等と同じくトーマス・ミーアンとライラ・リーが共演し、その他メアリー・アスター、ロバート・エイニュー、ジョン・セント・ポリス、ヴェラ・レイノルズ等が出演している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
トーマス・ミーアン ライラ・リー ジョン・セント・ポリス ルイズ・ドレッサー
1922年

模範市民

  • 1922年
  • 出演(Daniel_Bettly 役)

「子煩悩」「星の奇跡」等と等しくパ社トーマス・ミーアン氏主演映画である。米国の諧謔作家ジョージ・エイド氏が映画の為に作った最初の譚りを、氏及びウォルデマー・ヤング氏が脚色し、「子煩悩」「君を思えば」等同様アルフレッド・グリーン氏が監督したものである。相手役は売出しのロイス・ウィルソン嬢、其他老巧な人々が多数出演している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
トーマス・ミーアン ロイス・ウィルソン ウィリアム・P・カールトン セオドア・ロバーツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > トーマス・ミーアン