映画-Movie Walker > 人物を探す > 森崎由紀

年代別 映画作品( 1975年 ~ 1976年 まで合計7映画作品)

1976年

玉割り人ゆき 西の廓夕月楼

  • 1976年2月14日(土)公開
  • 出演(美代 役)

“玉割り人ゆき”シリーズ二作目。北陸の廓を舞台にして、玉割り人ゆきの娼妓たちを相手にした性の訓練と、青年楼主との愛を描く。原作は松森正の劇画「玉割り人ゆき」。脚本は「玉割り人ゆき」の田中陽造、監督も同作の牧口雄二、撮影も同作の塩見作治がそれぞれ担当。

監督
牧口雄二
出演キャスト
潤ますみ 坂口徹 中島葵 森崎由紀
1975年

五月みどりのかまきり夫人の告白

  • 1975年11月1日(土)公開
  • 出演(星川小百合 役)

夫の浮気に対抗して次次と五人の男を取り替え、男を破滅させる魔性の女を描く。脚本は安西英夫、監督は「玉割り人ゆき」の牧口雄二、撮影は「好色元禄(秘)物語」の塩見作治がそれぞれ担当。

監督
牧口雄二
出演キャスト
五月みどり 山城新伍 森崎由紀 浪花五郎

好色元禄(秘)物語

  • 1975年10月14日(火)公開
  • 出演(お新 役)

元禄時代の京の都を舞台に好色な姉妹を描いたポルノ映画。脚本は「玉割り人ゆき 西の廓夕月楼」の田中陽造、監督は「女番長 玉突き遊び」の関本郁夫、撮影は「玉割り人ゆき 西の廓夕月楼」の塩見作治がそれぞれ担当。

監督
関本郁夫
出演キャスト
ひし美ゆり子 橘麻紀 山田政直 中林章

童貞(1975)

  • 1975年9月20日(土)公開
  • 出演(田中弘子 役)

少年から“男”への成長期にある若者の恋と性へのあこがれを描いた青春映画。原作は福田章二の「軽やかに開幕」。脚本は松原信吾、監督は脚本も執筆している「球形の荒野」の貞永方久、撮影は「メス」の加藤正幸がそれぞれ担当。

監督
貞永方久
出演キャスト
重田尚彦 大滝秀治 加藤治子 夏木陽介

喜劇 特出しヒモ天国

  • 1975年5月24日(土)公開
  • 出演(菊かおる 役)

社会の底辺で生きるストリッパーと彼女たちのヒモとのつながりを描いたセックス喜劇。脚本は「青春トルコ日記 処女すべり」の山本英明と松本功、監督は「街の灯」の森崎東、撮影は「日本仁侠道 激突篇」の古谷伸がそれぞれ担当。

監督
森崎東
出演キャスト
山城新伍 池玲子 芹明香 カルーセル麻紀

玉割り人ゆき

  • 1975年5月14日(水)公開
  • 出演(はつえ 役)

昭和初期、京都・島原の廓を舞台にして、玉割り人と呼ばれる女仕事師の悲哀を描く。原作は三木孝祐・作、松森正・画の同名劇画。脚本は「生贄夫人」の田中陽造、監督は新人・牧口雄二、撮影は塩見作治がそれぞれ担当。

監督
牧口雄二
出演キャスト
潤ますみ 森崎由紀 大下哲矢 奈辺悟

下苅り半次郎 (秘)観音を探せ

  • 1975年1月29日(水)公開
  • 出演(百合 役)

徳川四代将軍家綱が、来世に再び将軍として生まれかわるために“み仏の子宮”を捜す事になり、伊賀者が“下苅り屋”としてあらゆる階層の女達を覗いていく、というポルノ時代劇。原作は小池一雄・作、神江里見・画の劇画「子宮を探せ・下苅り半次郎」。脚本は「生贄夫人」の田中陽造、監督は「忘八武士道 さ無頼」の原田隆司、撮影は「痴情ホテル」の国定玖仁男がそれぞれ担当。

監督
原田隆司
出演キャスト
伊吹吾郎 森崎由紀 山城新伍 外山高士
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 森崎由紀