映画-Movie Walker > 人物を探す > 佐野周二

年代別 映画作品( 1937年 ~ 1977年 まで合計131映画作品)

1977年

悲愁物語

  • 1977年5月21日(土)公開
  • 出演(高木 役)

鈴木清順監督が十年ぶりにメガホンをとった作品で、若く美しい女子プロゴルファーが、ハード・トレーニングに耐え、大スターの地位を獲得するが、やがて住民エゴむき出しの主婦族によって抹殺されてしまう悲劇を描く。脚本は「不連続殺人事件」の大和屋竺、監督は「殺しの烙印」の鈴木清順、撮影は「嗚呼!! 花の応援団 男涙の親衛隊」の森勝がそれぞれ担当。

監督
鈴木清順
出演キャスト
白木葉子 原田芳雄 岡田眞澄 和田浩治
1974年

炎の肖像

  • 1974年12月28日(土)公開
  • 出演(老人 役)

歌手・沢田研二の分身ともいえる青年を主人公に、自由とロマンを求める青春の孤独を描く青春映画。脚本は「バージンブルース」の内田栄一、監督は同作の藤田敏八と「秘本袖と袖」の加藤彰、撮影は「あばよダチ公」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
藤田敏八 加藤彰
出演キャスト
沢田研二 大門正明 地井武男 秋吉久美子
1970年

女組長

  • 1970年1月15日公開
  • 出演(知川鶴吉 役)

「刺客列伝」の宮川一郎と「悪名一番勝負」のマキノ雅弘が脚本を共同執筆し、マキノが監督した女任侠もの。撮影は、「女賭博師花の切り札」の中川芳久が担当した。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
江波杏子 平泉征 成田三樹夫 小瀬朗
1969年

栄光の黒豹

  • 1969年12月17日公開
  • 出演(部長神崎 役)

「夕陽の恋人」の石森史郎の脚本を「めくらのお市 みだれ笠」の市村泰一が監督した青春もの。撮影は「海はふりむかない」の小杉正雄が担当。

監督
市村泰一
出演キャスト
森田健作 目黒祐樹 生田悦子 江夏夕子

ニュージーランドの若大将

  • 1969年7月12日公開
  • 出演(牛丸 役)

「クレージーの大爆発」の田波靖男が脚本を書き、「フレッシュマン若大将」の福田純が監督したシリーズ第14作。撮影は宇野晋作が担当。

監督
福田純
出演キャスト
加山雄三 飯田蝶子 有島一郎 江原達怡

超高層のあけぼの

  • 1969年5月14日公開
  • 出演(鹿島建設会長 役)

菊島隆三の原作を岩佐氏寿と工藤栄一が共同脚色し、「いれずみ無残」の関川秀雄がメガホンをとった霞が関ビル完成までのドラマ。撮影は「人生劇場 飛車角と吉良常」の仲沢半次郎が担当した。

監督
関川秀雄
出演キャスト
佐野周二 三宅邦子 中村伸郎 山本豊三
1968年

年ごろ(1968・日本)

  • 1968年7月13日公開
  • 出演(小林大造 役)

小寺朝の原案を、「春らんまん」の松木ひろしが脚色し、これが監督第一作の出目昌伸が監督した青春もの。撮影は「さらばモスクワ愚連隊」の福沢康道。

監督
出目昌伸
出演キャスト
佐野周二 京塚昌子 内藤洋子 松山省二

黒部の太陽

  • 1968年2月17日公開
  • 出演(平田 役)

木本正次の原作『日本人の記録・黒部の太陽』(毎日新聞社刊)を、「女たちの庭」の井手雅人と、「日本列島」の熊井啓が共同で脚色し、熊井啓が監督した黒四ダム建設のドラマ。撮影は「情炎(1967)」の金宇満司。

監督
熊井啓
出演キャスト
滝沢修 志村喬 佐野周二 三船敏郎
1967年

愛は惜しみなく(1967)

  • 1967年12月9日公開
  • 出演(山本庄三 役)

川内康範の原作を、「喜劇 大風呂敷」の才賀明と丹野雄二が共同で脚色し、「花と果実」の森永健次郎が監督した歌謡メロドラマ。撮影は「恋のハイウェイ」の藤岡粂信。

監督
森永健次郎
出演キャスト
園まり 杉良太郎 園井啓介 佐野周二
1966年

恋する年ごろ

  • 1966年11月26日公開
  • 出演(山村博士 役)

「結婚相談」の須藤勝人がシナリオを執筆、「「青春の言葉」より 風にきけ雲にきけ」の宮崎守が監督した青春歌謡もの。撮影はコンビの丸山恵司。

監督
宮崎守
出演キャスト
三田明 早瀬久美 柳沢真一 宗方奈美
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 佐野周二