映画-Movie Walker > 人物を探す > 中山仁

年代別 映画作品( 1966年 ~ 2008年 まで合計31映画作品)

1974年

伊豆の踊子(1974)

  • 1974年12月28日(土)公開
  • 出演(栄吉 役)

川端康成原作『伊豆の踊子』の六度目の映画化で一高生と旅芸人の踊子との心のふれあいを描いた青春映画。脚本は「娘たちは風にむかって」の若杉光夫、監督は「夜の牝 年上の女」の西河克己、撮影は「妹」の萩原憲治がそれぞれ担当。

監督
西河克己
出演キャスト
山口百恵 三浦友和 中山仁 佐藤友美
1972年

約束(1972)

  • 1972年3月29日(水)公開
  • 出演(護送犯 役)

看守付きで仮出所した女囚と、刑事に追われる強盗犯が列車の中で偶然に隣り合わせになり恋に陥る。一一明日がない男と女の悲しい別離を描く。脚本は「旅路 おふくろさんより」の石森史郎。監督も同作の斎藤耕一。撮影は坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
斎藤耕一
出演キャスト
岸恵子 萩原健一 南美江 三國連太郎
1971年

君は海を見たか

  • 1971年5月5日(水)公開
  • 出演(大石先生 役)

テレビで放映された同名作品の映画化。原作・脚本は「昭和元禄 TOKYO196X年」以来、映画から遠ざかっていた倉本聰。監督は「太陽は見た」の井上芳夫。撮影は「タリラリラン高校生」の中川芳久がそれぞれ担当。

監督
井上芳夫
出演キャスト
天知茂 山本善郎 寺田路恵 阪口美奈子
1970年

サインはV

  • 1970年7月18日(土)公開
  • 出演(牧圭介 役)

テレビでお馴染みのスポーツ根性ドラマの映画化。脚本はテレビ同様に上条逸雄、監督は新人の竹林進。撮影は益子武夫が担当。

監督
竹林進
出演キャスト
中山仁 岡田可愛 中山麻理 范文雀
1969年

海はふりむかない

  • 1969年9月17日(水)公開
  • 出演(インターン 役)

「前科・ドス嵐」の星川清司が脚本を書き、「落葉とくちづけ」の斎藤耕一が監督した青春メロドラマ。撮影は「猛烈社員 スリゴマ忍法」の小杉正雄が担当した。

監督
斎藤耕一
出演キャスト
西郷輝彦 勝部演之 尾崎奈々 夏圭子

死ぬにはまだ早い

  • 1969年6月14日(土)公開
  • 出演(二枚目の男 役)

菊村到の原作『閉じこめられて』を「殺し屋をバラせ」の石松愛弘と「育ちざかり」の小寺朝が共同脚色し、西村潔の監督昇進第一作。撮影は原一民。

監督
西村潔
出演キャスト
黒沢年男 高橋幸治 緑魔子 小栗一也

愛するあした

  • 1969年5月1日(木)公開
  • 出演(宮原咸太郎 役)

「落葉とくちづけ」の斎藤耕一と中野顕彰が脚本を共同執筆し、斉藤耕一が監督した青春もの。撮影は北原成。

監督
斎藤耕一
出演キャスト
伊東ゆかり 松原智恵子 和田浩治 中山仁

日も月も

  • 1969年1月25日(土)公開
  • 出演(高谷宗広 役)

ノーベル賞作家川端康成の原作(角川文庫版)を「わが闘争」の広瀬襄が脚色し、同作品でコンビを組んだ中村登が監督した文芸もの。撮影も同作品を担当した竹村博。

監督
中村登
出演キャスト
森雅之 久我美子 岩下志麻 中山仁
1968年

砂の香り

  • 1968年10月23日(水)公開
  • 出演(徳良敦 役)

川口松太郎の原作『人魚』を、馬嶋満と「リオの若大将」の岩内克己が共同で脚色し、岩内克己が監督した。撮影は「首」の中井朝一。

監督
岩内克己
出演キャスト
浜美枝 中山仁 松本めぐみ 長沢大

虹の中のレモン

  • 1968年7月20日(土)公開
  • 出演(記者 役)

「夜明けの二人」の桜井義久がシナリオを執筆し、「思い出の指輪」の斎藤耕一がメガホンをとった青春もの。撮影は「悪党社員遊侠伝」の大越千虎が担当。

監督
斎藤耕一
出演キャスト
竹脇無我 加東大介 尾崎奈々 美川陽一郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 中山仁