映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャネット・ビーチャー

年代別 映画作品( 1934年 ~ 1952年 まで合計13映画作品)

1952年

絶海の嵐

  • 1952年7月14日公開
  • 出演(Mrs._Mottram 役)

[サムソンとデリラ]のセシル・B・デミルが製作ならびに監督したテクニカラー海洋活劇1942年作品。サタディ・イヴニング・ポスト連載のセルマ・ストレイベルの原作にもとずいて「愛と血の大地」のアラン・ルメイ、「征服されざる人々」のチャールズ・ベネット、「激情の断崖」のジャネット・ラスキー・ジュニアの3人が脚色した。撮影監督は「ダニー・ケイの天国と地獄」のヴィクター・ミルナーと「印度の放浪児」のウィリアム・スコール、特殊撮影はゴードン・ジェニングス、W・L・ペレイラ、ファーシオット・エドワード、作曲は「旅愁」のヴィクター・ヤングが夫々担当する。出演は「大時計」のレイ・ミランド、「硫黄島の砂」のジョン・ウェイン、「北西騎馬警官隊」のポーレット・ゴダード、「ネブラスカ魂」のロバート・プレストン、「愛と血の大地」のスーザン・ヘイワード、「ダラス」のレイモンド・マッシー、その他リン・オヴァーマン、ウォルター・ハムブデン、コラムニストのヘッダ・ホッパーらである。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
レイ・ミランド ジョン・ウェイン ポーレット・ゴダード レイモンド・マッセイ
1939年

カッスル夫妻

  • 1939年公開
  • 出演(Mrp._Foute 役)

「気侭時代」に次ぐフレッド・アステア、ジンジャー・ロジャース主演映画。アイリーン・カッスルが書いたヴァーノン・キャッスルと彼女自身の伝記・追想の書2篇を骨子として「スイング」「ショウ・ボート(1929)」のオスカー・ハマースタイン2世と「世界の歌姫」のドロシー・ヨーノトとがストーリーを立て、「世紀の楽園」「四人の復讐」のリチャード・シャーマンが脚色し、「牧童と貴婦人」「市街戦」のH・C・ポタが監督に当り、「ステージ・ドア」「気侭時代」のロバート・デグラスが撮影した。助演者は「天晴れテンプル」「恋の挽歌」のエドナ・メイ・オリヴァー、「テキサス人」「牧童と貴婦人」ウォルター・ブレナン、舞台の喜劇俳優ルー・コディ、「ロイドのエジプト博士」のエチエンヌ・ジラルド、「大都会」のジャネット・ビーチャーその他。

監督
H・C・ポッター
出演キャスト
フレッド・アステア ジンジャー・ロジャース エドナ・メイ・オリヴァー ウォルター・ブレナン
1937年

春に背くもの

  • 1937年公開
  • 出演(Miss_Pringle 役)

「戦友」のフランチョット・トーン、「ターザンの逆襲」のモーリン・オサリヴァン、「逢瀬いま一度」のヴァージニア・ブルースが主演する映画で、エリッヒ・フォン・シュトロハイムが書き下ろし、フレデリック・ステファニとマリオン・バーソネットが協力脚色し「断乎戦うべし」のジョージ・B・サイツが監督、「15処女街」のジョン・サイツが撮影したもの。助演者は新人レオナード・ペン、「サラトガ」のクリフ・エドワーズ、ジャネット・ビーチャー、ヘレン・トロイ等である。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
フランチョット・トーン モーリン・オサリヴァン ヴァージニア・ブルース レオナード・ペン

拾三番目の椅子(1937)

  • 1937年公開
  • 出演(Lady_Crosby 役)

「夜は必ず来る」のデーム・メイ・ウイッティー、「断乎戦うべし」のマッジ・エヴァンス、「仇敵」のルイス・ストーン、新進のトーマス・ベック、「夕陽特急」のエリッサ・ランディ、「ギャングの子」のジャネット・ビーチャー、「真珠と未亡人」のラルフ・フォーブスが共演するもの。ベイヤード・ヴェイラー作の舞台劇マリオン・パーソネットが脚色、「断乎戦うべし」のジョージ・B・サイツが監督し、「街の果報者」のチャールズ・G・クラークが撮影している。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ディム・メイ・ホイッティ マッジ・エヴァンス ルイス・ストーン エリッサ・ランディ

父とその子

  • 1937年公開
  • 出演(Matilda_Hawley 役)

「拾万ドル玉手箱」と同じくJ・ウォルター・ルーペンが監督したウォーレス・ビアリー主演映画で、ドン・マークィス作の喜劇を劇作家A・E・トーマスが脚色したものである。助演者は「港に異常なし」のユーナ・マイクル、「拾万ドル玉手箱」のエリック・リンデン、「愛と光」のベティー・ファーネス、「銀翼の戦慄」のジュディス・バーレット、「高飛び成層圏」のテッド・ヒーリー、「処女散歩」のジャネット・ビーチャー、「ダイヤモンド・ジム」のジョージ・シドニーその他で、カメラも「拾万ドル玉手箱」と同じくクライド・デ・ヴィナが受持った。

監督
J・ウォルター・ルーベン
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ウナ・マーケル エリック・リンデン ジュディス・バーレット
1936年

ギャングの子

  • 1936年公開
  • 出演(Mrs._Bancroft 役)

「さらば海軍兵学校」のサー・ガイ・スタンディングおよびトム・ブラウンと「結婚十分前」のフランセス・ドレイクとが主要な役を勤める映画で、H・H・ヴァン・ローンとウィラード・マック合作の舞台劇をジョージ・オニールが脚色し、「仇敵」「超スピード時代」のエドウィン・L・マリンが監督。「偽者紳士」のアイラ・モーガンが撮影したもの。助演者は「薔薇はなぜ紅い」のジャネット・ビーチャー「情無用ッ」のロバート・グレックラー、ヘレン・ロウェル等である。

監督
エドウィン・L・マリン
出演キャスト
サー・ガイ・スタンディング フランセス・ドレイク トム・ブラウン ジャネット・ビーチャー

処女散歩

  • 1936年公開
  • 出演(Mrs._Colby 役)

「ギャングの花嫁」「春を手さぐる」のキャロール・ロンバートと、「ポンペイ最後の日(1935)」「愛の弾丸」のプレストン・フォスターが主演する映画で、「激浪」「カーニバル」のウォルター・ラングが監督した。原作はフェイス・ボールビンの小説で、されを「恋をしましょう(1933)」「春を手さぐる」のハーバート・フィールズが脚色した。助演者は「バラはなぜ紅い」のジャネット・ピーチャー、「米国の機密室」のシーザー・ロメロ、「偉大なる人生」のベティー・ローフォードを始め、ダグラス・ブラックリー、ドン・ブリッグス、バート・ローチ、アンドレ・ド・ベランジェ、ジョイス・コンプトンなどである。撮影は「パリは夜もすがら」「さらば海軍兵学校」のテッド・スズラフが担当した。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
キャロル・ロンバード プレストン・フォスター ジャネット・ビーチャー セザール・ロメロ
1935年

うるさき人々

  • 1935年公開
  • 出演(Any_Sonerville 役)

「痴人の愛」「泉」「恋の歌」のジョン・クロムウェルが監督した映画で、「南風」「あめりか祭」と同じくフィル・ストングの小説の映画化。脚色は「トップ・ハット」のアラン・スコットが任じ、撮影は「ロマンその街角」のニック・ミニズラカの担当。出演者は「ロバータ」「薔薇はなぜ紅い」のランドルフ・スコット、「雁(かりがね)」「痴人の愛」のケイ・ジョンソンを始め、「ロマンスの街」のアーサー・ホール、運ちゃん武勇伝」のロバート・バラット、「曲芸団」のジャネット・ビーチャー、「影無き男(1934)」のエドワード・エリス、ドロシー・バージェス等である。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ランドルフ・スコット ケイ・ジョンソン アーサー・ホール ロバート・バラット

今宵も楽しく

  • 1935年公開
  • 出演(Mrs. Routledge 役)

「私と女王様」「生ける人形」のリリアン・ハーヴェイが「恋の一夜」「ムーラン・ルージュ」のチュリオ・カルミナチと共に主演する映画で、「恋の一夜」のヴィクター・シェルツィンゲルが監督に当たったもの。原作は「フープラ」「地獄特急」の脚色者ブラッドリー・キングが書き下ろし「真夜中の処女」「紅唇罪あり」のジーン・マーキーが脚色した。助演者は「曲芸団」のジャネット・ビーチャー、「南欧横断列車」のタラ・ビレル、「恋の一夜」のルイ・アルバーニ、新人アーサー・トリーチャー等で、撮影は「恋の一夜」「或る夜の出来事」のジョゼフ・ウォーカーの担任である。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
リリアン・ハーヴェイ チュリオ・カルミナチ ジャネット・ビーチャー ヒュー・ウィリアムズ

薔薇はなぜ紅い(1935)

  • 1935年公開
  • 出演(Sally_Bedford 役)

「結婚の夜」「麦秋」のキング・ヴィダーが監督した映画で、スターク・ヤング作の小説に基づいて「青春の頬杖」のローレンス・ストーリングスと「復活(1934)」のマクスウェル・アンダーソン及び「わが胸は高鳴る」のエドウィン・ジャスタス・メイヤーが共同して脚色に当たったもの。主演者は「お人好しの仙女」「昨日」のマーガレット・サラヴァンで、「その夜の真心」のウォルター・コノリー、「ロバータ」のランドルフ・スコット、「曲芸団」のジャネット・ビーチャー、「名を失える男」のエリザベス・パターソン、「永遠に愛せよ」のディッキー・ムーア、ロバート・カミングス、ダニエル・ヘインズ等が助演している。撮影は「十字軍」「クレオパトラ(1934)」のヴィクター・ミルナーの担任。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
マーガレット・サラヴァン ウォルター・コノリー ランドルフ・スコット ジャネット・ビーチャー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャネット・ビーチャー