TOP > 人物を探す > オルガ・プリンツロー

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1927年 まで合計17映画作品)

1927年

椿姫(1927・アメリカ)

  • 1927年
  • 脚色

アレクサンドル・デュマ・フィリスの名作小説を映画化したもので「お転婆キキー(1926)」に次いで製作されたノーマ・タルマッジ嬢主演映画である。フレッド・デ・グレサック氏が改作し、オルガ・プリンツロー女史とチャンドラー・スプレイグ氏とが脚色の任に当たった。相手役はタルマッジ嬢に見いだされた無名の青年ギルバート・ローランド氏が勤め、ヘレン・ジエローム・エディー嬢、リリアン・タツシユマン嬢、ハーヴェイ・クラーク氏、モーリス・コステロ氏、アレック・B・フランシス氏等が助演している。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ノーマ・タルマッジ ギルバート・ローランド ヘレン・ジェローム・エディー ハーヴェイ・クラーク
1926年

謎の刺青

  • 1926年
  • 脚本

フランシス・ペリー・エリオット氏作の小説と、リー・ウィルソン・ドット氏作の舞台劇とに基づいてオルガ・プリンツロー女史が書き下ろし、ロイス・リーソン女史が脚色し、「街のマドンナ」等と同じくエドウィン・カリュー氏が監督製作したもので、「微笑みの女王」「お洒落娘」等出演のロイド・ヒューズ氏と新進のドロレス・デル・リオ嬢とが主演し、ジョージ・クーパー氏、アレック・B・フランシス氏、エドワード・アール氏等が共演する。

監督
エドウィン・カリュー
出演キャスト
ロイド・ヒューズ ドロレス・デル・リオ アレック・B・フランシス ジョージ・クーパー

えくぼ御用心

  • 1926年
  • 脚本

サタデイ・イブニング・ポストに連載されたニナ・ウィルコックス・プトナム女史作の小説に基づきA・P・ヤンガー氏とオルガ・プリンツロー女史が脚色し「我れ世に誇る」「発明の栄冠」等と同じくエドワード・スローマン氏が監督したもの。主役は「乙女の危険期」「厄介娘」等主演のローラ・ラ・プラント嬢で「独身倶楽部」等出演のハリー・マイヤース氏「滑稽ホリウッド」等出演のアレクサンダー・カー氏及びユッカ・トルーベツコイ氏、バートラム・グラスビー氏等が助演している。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ハリー・マイヤース バートラム・グラスビー アレクサンダー・カー
1925年

五番街のモデル

  • 1925年
  • 脚色

「ロジタ(1923)」のセットを設計したデンマークの美術家スヴェンド・ガーダ氏(ユ社の通信によるとガーデでなくガーダと発音するのだそうである)がユ社に監督として入社した第一回作品。原作はミュリエル・ハイン女史の小説で、これをオルガ・プリンツロウ女史が脚色した。主役は「パリの薔薇」「ゲイティーの踊子」等主演のメアリー・フィルビン嬢、「バタフライ」「メアリー・ゴー・ラウンド」等出演のノーマン・ケリー氏である。五番街とはニューヨーク市の流行の中心地の名である。

監督
スヴェント・ガーデ
出演キャスト
メアリー・フィルビン ノーマン・ケリー ジョセフ・スウィッカード ウィリアム・コンクリン
1924年

人獣国

  • 1924年
  • 脚色

ジョージ・アグニュー・チェンバーレイン氏の小説を、イヴ・アンセル女史とオルガ・プリンツロー女史とが脚色し「楽園の毒草」「春来りなば(1923)」等と同じくルイ・ガスニエ氏が監督したもの。2年間映画界を遠ざかっていたアリス・ジョイス嬢の復帰第一回作品で、その他に「天空征服」「剣の輝き」等出演のウォルター・ロング氏等が出演する。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
アリス・ジョイス ケネス・ハーラン ウォルター・ロング

胡蝶の如く

  • 1924年
  • 脚色

キャスリーン・ノーリスの小説として好評を博した「胡蝶」を映画化したもので、脚色者は「子煩悩」「燃ゆる砂」「女は曲者」「唖も語る」などのオルガ・プリンツロー、「誰が罪ぞ?」「信号塔」などで一寸売出しのクラレンス・ブラウンの監督下に、ユ社新進のローラ・ラ・プラント、「メアリー・ゴー・ラウンド」「ノートルダムのせむし男(1923)」などのノーマン・ケリー、ブルーバード映画時代から返り咲きのルース・クリフォード、プリファード映画でお馴染みのケネス・ハーラン、「負けじ魂」「アダムとエヴァ」など出演のT・ロイ・バーンズ、最近エフ・ビー・オーの「離婚」に出演したマーガレット・リヴィングストンなど主演の下に製作されたものである。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ノーマン・ケリー ルース・クリフォード ケネス・ハーラン
1923年

春来りなば(1923)

  • 1923年
  • 脚色

1917年8月初めてニューヨークに上演され大当たりとなったリダ・ジョンソン・ヤング原作の喜歌劇「五月の頃」に基づき、オルガ・プリンツローが脚色し、「虚栄地獄」「楽園の毒草」等と同じくルイ・ガスニエが監督した。主役は「影に怖えて」「久遠の微笑」出演のハリソン・フォード、「悪魔の花園」「仮面の勇士」等出演のエセル・シャノン、「楽園の毒草」等出演のクララ・ボウ等で、3代に渡る恋物語である。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
エセル・シャノン ハリソン・フォード ウィリアム・ノリス クララ・ボウ

女は曲者

  • 1923年
  • 脚色

スコット・フィッツジェラルド原著の小説「美しく、呪はれしもの」に基づき、オルガ・ブリンツロウが脚色し、「唖も語る」と同じくウィリアム・A・サイターが監督した。主役は「結婚とは」出演のマリー・プレヴォーと「天空征服」「唖も語る」等出演のケネス・ハーラン「結婚とは」等出演のハリー・マイヤースで、その他良い役割である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
マリー・プレヴォー ケネス・ハーラン ハリー・マイヤース タリー・マーシャル

恩愛のむち

  • 1923年
  • 脚色

「母よ恋し」「虚栄地獄」等と同じくフランク・ミッチェル・デイジーとアグネス・クリスティン・ジョンストンの合作、ルイ・ガスニエ監督にある家庭劇シーリースの1つで、主役は「仮面の勇士」「悪魔の花園」等出演のガストン・グラスと「悪魔の花園」「勝敗の彼方へ」等出演のルース・クリフォードとで、義理ある母を主題とした人情劇である。

監督
カール・ストラッス
出演キャスト
ガストン・グラス ジョセフ・スウィッカード エディス・ヨーク ルース・クリフォード

悪魔の花園

  • 1923年
  • 脚色

プリファード社におけるガスニエ監督の社会劇シリーズの1つで「富者の妻」「貧者の妻」に続いて製作されたもの。エドガー・サルタスの小説に基づき、オルガ・プリンツローとジョセフィン・カークとが脚色した。主役は「活路は輝く」「世界を敵として」等出演のミリアム・クーパー、「ユーモレスク(1920)」「活路は輝く」等出演のガストン・グラス、「良人の危険時代」のルース・クリフォードで、その他新進の、エセル・シャノン、悪役の名手として知られたスチュアート・ホームズ、老名優ジョセフ・スウィッカード等、堂々たる顔触れである。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
ミリアム・クーパー ガストン・グラス エセル・シャノン ルース・クリフォード
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > オルガ・プリンツロー

ムービーウォーカー 上へ戻る