TOP > 人物を探す > 津田光男

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1974年 まで合計30映画作品)

1974年

野獣死すべし 復讐のメカニック

  • 1974年6月15日(土)
  • 出演(藤田綿吾 役)

昭和34年に公開された「野獣死すべし(1959)」の続編。復讐に賭けたクールな主人公が、非情な戦いを展開するハードボイルドアクション。原作は大藪春彦の小説『野獣死すべし・復讐簾』。脚本は工藤裕弘と「薔薇の標的(1972)」の白坂依志夫、監督は脚本も執筆している「野獣狩り」の須川栄三、撮影も同作の木村大作がそれぞれ担当。

監督
須川栄三
出演キャスト
藤岡弘、 黒沢年雄 緑魔子 小松方正
1965年

フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)

  • 1965年8月8日(日)
  • 出演(技師 役)

馬淵薫のオリジナル・シナリオを、「宇宙大怪獣 ドゴラ」の本多猪四郎が監督したSFもの。撮影もコンビの小泉一。

監督
本多猪四郎
出演キャスト
ニック・アダムス 高島忠夫 水野久美 ピーター・マン

陽のあたる椅子

  • 1965年3月13日(土)
  • 出演(業務課長 役)

佐野洋の原作より、秋山正が脚色、「あの娘に幸福を」の川崎徹広が監督したサラリーマンもの。撮影は、「続社長外遊記」の鈴木斌。

監督
川崎徹広
出演キャスト
加東大介 水の也清美 松原光子 佐久間三雄
1963年

海底軍艦

  • 1963年12月22日(日)
  • 出演(防衛庁幹部B 役)

押川春浪の“海底軍艦”より「のら犬作戦」の関沢新一が脚色、「マタンゴ」の本多猪四郎が監督した特撮もの。撮影もコンビの小泉一。

監督
本多猪四郎
出演キャスト
高島忠夫 藤山陽子 小泉博 上原謙
1962年

銀座の若大将

  • 1962年2月10日(土)
  • 出演(堀口 役)

「サラリーマン 権三と助十」の田波靖男と「サラリーマン清水港」の笠原良三が共同で脚本を執筆。「ベビーギャングとお姐ちゃん」の杉江敏男が監督した明朗喜劇篇。

監督
杉江敏男
出演キャスト
加山雄三 有島一郎 飯田蝶子 中真千子

続新入社員十番勝負 サラリーマン一刀流

  • 1962年2月4日(日)
  • 出演(今泉専務 役)

「新入社員十番勝負」の続篇。スタッフは前作と同じ。

監督
岩城英二
出演キャスト
船戸順 太刀川寛 北川町子 江川宇礼雄
1961年

野盗風の中を走る

  • 1961年11月22日(水)
  • 出演(米屋の亭主 役)

真山美保の原作を「妻は告白する」の井手雅人と、「ゲンと不動明王」の稲垣浩が共同で脚色、「ゲンと不動明王」の稲垣浩が監督した時代劇アクション。撮影もコンビの山田一夫。

監督
稲垣浩
出演キャスト
夏木陽介 佐藤允 二代目松本白鸚 中村万之助
1960年

お姐ちゃんはツイてるぜ

  • 1960年11月19日(土)
  • 出演(レフリー 役)

おなじみお姐ちゃんシリーズの第六作で、今回は「偽大学生」の白坂依志夫が脚本を執筆、前作「お姐ちゃんに任しとキ!」の筧正典が監督した。撮影は「がめつい奴」の完倉泰一。パースペクタ立体音響。

監督
筧正典
出演キャスト
団令子 中島そのみ 重山規子 高島忠夫

花のセールスマン 背広三四郎

  • 1960年11月13日(日)
  • 出演(木下専務 役)

「サラリーマン御意見帖 出世無用」の共同執筆者吉田精弥の脚本を、同じく「サラリーマン御意見帖 出世無用」の岩城英二が監督した明朗サラリーマンもの。撮影は「大空の野郎ども」の小泉福造。

監督
岩城英二
出演キャスト
船戸順 太刀川寛 柳川慶子 柳家金語楼

駄々っ子亭主 続姉さん女房

  • 1960年10月11日(火)
  • 出演(医者 役)

「姉さん女房」の続編で、脚本・斎藤良輔、監督・丸山誠治、撮影・内海正治といずれも前作と同じ顔ぶれ。

監督
丸山誠治
出演キャスト
淡路恵子 ミッキー・カーチス 加東大介 原知佐子

津田光男の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 津田光男