映画-Movie Walker > 人物を探す > 目黒幸子

年代別 映画作品( 1950年 ~ 2000年 まで合計98映画作品)

2000年

カリスマ

  • 2000年2月26日(土)公開
  • 出演(華子 役)

森の中に生える一本の不思議な木を巡る人々の葛藤を描いたドラマ。監督・脚本は「大いなる幻影」の黒沢清。撮影を「修羅がゆく9 北海道進攻作戦」の林淳一郎が担当している。主演は「金融腐食列島 呪縛」の役所広司。92年サンダンス・インスティテュート・スカラシップ獲得。99年カンヌ国際映画祭他出品。

監督
黒沢清
出演キャスト
役所広司 池内博之 風吹ジュン 洞口依子
1978年

曽根崎心中(1978)

  • 1978年4月29日(土)公開
  • 出演(おみね 役)

元禄の女の自我と、商人の意地とバイタリティを描く、近松門左衛門原作の同題名小説の映画化。脚本は「肉体の悪魔」の白坂依志夫と、「大地の子守歌」の増村保造の共同執筆、監督も同作の増村保造、撮影は「春男の翔んだ空」の小林節雄がそれぞれ担当。

監督
増村保造
出演キャスト
梶芽衣子 宇崎竜童 井川比佐志 左幸子
1974年

三婆

  • 1974年6月1日(土)公開
  • 出演(中川 役)

金融業の社長が急死したために、本妻と妾と小姑が同居生活することになり、身寄りのない“三婆”の欲の皮のつっぱった奇妙な三角関係が展開される。原作は有吉佐和子の同名小説の映画化。脚本は「放課後」の井手俊郎、監督は「塩狩峠」の中村登、撮影は「日本侠花伝」の村井博がそれぞれ担当。

監督
中村登
出演キャスト
三益愛子 田中絹代 木暮実千代 有島一郎
1971年

成熟

  • 1971年10月16日(土)公開
  • 出演(加納咲江 役)

山形県に伝わる鶴岡の天神祭り、出羽神社の八朔祭りなどを背景に、明るく健康的な青春を描く。脚本、監督は「ガメラ対深海怪獣ジグラ」の高橋二三と湯浅憲明。撮影は喜多崎明がそれぞれ担当。

監督
湯浅憲明
出演キャスト
関根恵子 篠田三郎 菅野直行 八並映子
1970年

夜のいそぎんちゃく

  • 1970年7月1日公開
  • 出演(志村美智子 役)

「でんきくらげ」につづいて、渥美マリの魅力が踊る軟体動物シリーズ第四作。脚本は「与太郎戦記 女は幾万ありとても」の舟橋和郎、監督は「喜劇 おひかえなすって!」の弓削太郎。撮影も同作の上原明が担当。

監督
弓削太郎
出演キャスト
渥美マリ 飯田恵美子 千秋実 大塚道子

太陽は見た

  • 1970年5月30日公開
  • 出演(敏江 役)

真夏の太陽の下、青い海の中に展開する渥美マリの愛の世界。脚本は「でんきくらげ」の石松愛弘、監督は「女賭博師壷くらべ」の井上芳夫。撮影は「高校生番長」の中川芳久が担当。

監督
井上芳夫
出演キャスト
渥美マリ 峰岸隆之介 伊藤雄之助 伊井利子

女賭博師壷くらべ

  • 1970年2月21日公開
  • 出演(下宿のおかみ 役)

「天狗党」の高岩肇と「女賭博師花の切り札」の井上芳夫が脚本を共同執筆し、井上芳夫が監督した女賭博師シリーズ第十六作。撮影は「あなた好みの」の小林節雄が担当。

監督
井上芳夫
出演キャスト
江波杏子 丸山明宏 成田三樹夫 真山知子

続・いそぎんちゃく

  • 1970年2月7日公開
  • 出演(女教師 役)

「昭和おんな仁義」の長谷川公之が脚本を執筆し「続・与太郎戦記」の臼坂礼次郎がメガホンをとった風俗もの。撮影は「ヤングパワー・シリーズ 大学番外地」の上原明が担当。

監督
臼坂礼次郎
出演キャスト
渥美マリ 八代順子 田中邦衛 森川信
1969年

いそぎんちゃく

  • 1969年8月30日公開
  • 出演(妻房代 役)

「あゝ海軍」の石松愛弘が脚本を書き、「与太郎戦記」の弓削太郎、渡辺公夫のコンビが監督、撮影を担当した風俗もの。

監督
弓削太郎
出演キャスト
渥美マリ 高原駿雄 目黒幸子 加藤嘉

女賭博師丁半旅

  • 1969年8月9日公開
  • 出演(婦長・田所 役)

堺武彦が脚本を担当し「女殺し屋 牝犬」の井上芳夫が監督したシリーズ第十四作。撮影は「千羽鶴(1969)」の小林節雄が担当。

監督
井上芳夫
出演キャスト
江波杏子 佐藤允 藤巻潤 内田朝雄
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 目黒幸子

ムービーウォーカー 上へ戻る