TOP > 人物を探す > 藤原審爾

年代別 映画作品( 1951年 ~ 1997年 まで合計57映画作品)

1997年

新サラリーマン専科

  • 1997年11月22日(土)
  • 企画協力

平凡なサラリーマンの一家に巻き起こる騒動を描いたコメディ・シリーズの第3弾。監督は前2作も手掛けた朝原雄三。東海林さだおの人気漫画のキャラクターをもとに、前作でもチームを組んだ山田洋次、朝原雄三、鈴木敏夫が共同脚色をつとめた。撮影にはやはり前作同様、近森眞史があたっている。主演も前作と同じく三宅裕司がつとめるが、その妻の役は前作までの田中好子から、「Morocco 横浜愚連隊物語」の岸本加世子にバトンタッチされた。また、「GOING WEST 西へ…」の森繁久彌がゲスト出演している。

監督
朝原雄三
出演キャスト
三宅祐司 森繁久彌 岸本加世子 松下由樹
1991年

よるべなき男の仕事・殺し

  • 1991年11月16日(土)
  • 原作

“殺し”という仕事を淡々と行う若者と、彼を追う刑事との対決をストイックに描くハードボイルド・アクション。藤原審爾原作の同名小説の映画化で、脚本は永原秀一と満友敬司の共同執筆。監督は「BEST GUY」の村川透。撮影は高橋達美がそれぞれ担当。

監督
村川透
出演キャスト
加藤雅也 根津甚八 村上里佳子 阿藤快
1977年

泥だらけの純情(1977)

  • 1977年7月30日(土)
  • 原作

山口百恵・三浦友和のコンビ第六作目で、初の現代劇。外交官の令嬢とチンピラヤクザの恋を中心に、与えられた環境の中で精いっぱい生きる若者を描く。脚本は「パーマネント・ブルー 真夏の恋」の石森史郎、監督は「毒薬の匂う女」の富本壮吉、撮影は「愛のなぎさ」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
富本壮吉
出演キャスト
山口百恵 三浦友和 西村晃 大坂志郎
1976年

反逆の旅

  • 1976年9月4日(土)
  • 原作

殺し屋を廃業するために、最後の殺しを行なった主人公が、一人の少女を真剣に愛したために、破滅へ向って走ってゆく姿を描くアクション映画。脚本は「ナンバーテンブルース」の長田紀生、潤色は宮川一郎、監督は「やさぐれ刑事」の渡辺祐介、撮影は「撃たれる前に撃て!」の小杉正雄がそれぞれ担当。原作は藤原審爾(「よるべなき男の仕事・殺し」)

監督
渡辺祐介
出演キャスト
原田芳雄 高橋洋子 麻生れい子 尾藤イサオ
1974年

東京ド真ン中

  • 1974年6月1日(土)
  • 原作

大東京のド真ン中にある下町を舞台に、貧しくとも人情厚き人々の生活を描く喜劇。脚本は「喜劇 社長さん」の高橋正圀、「男はつらいよ 私の寅さん」の山田洋次、監督は「ダメおやじ」の野村芳太郎、撮影は「しあわせの一番星」の川叉昂がそれぞれ担当。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
森田健作 宍戸錠 倍賞千恵子 加東大介
1972年

日蔭者

  • 1972年11月21日(火)
  • 原案

鶴田浩二の同名の主題歌をバックに、日蔭に生きる男の仁義と女の夢の葛藤を描く。脚本は棚田吾郎、監督は「博奕打ち外伝」の山下耕作、撮影も同作の古谷伸がそれぞれ担当。

監督
山下耕作
出演キャスト
鶴田浩二 葉山良二 池部良 待田京介

女生きてます 盛り場渡り鳥

  • 1972年12月9日(土)
  • 原作

“女”シリーズ四作目。お座敷ストリップ斡旋屋「新宿芸能社」に出入りする、下積みの生活の中で、ひたむきに生きる女と男たちの愛を暖かく描く。脚本は「徳川セックス禁止令 色情大名」の掛札昌裕、監督は脚本も執筆している「喜劇 女売り出します」の森崎東、撮影も同作の吉川憲一がそれぞれ担当。

監督
森崎東
出演キャスト
森繁久彌 中村メイコ 川崎あかね 山崎努

昭和おんな博徒

  • 1972年5月27日(土)
  • 原作

“女賭博師”江波杏子の東映初出澄。父親、恋人の仇を追って女渡世人になり、復讐を遂げるまでを描く。藤原審爾の同名小説の映画化。脚本は「関東テキヤ一家 浅草の代紋」の鳥居元宏と「まむしの兄弟 お礼参り」の本田達男、監督は、「緋牡丹博徒 お命戴きます」の加藤泰、撮影は「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」の古谷伸がそれぞれ担当。

監督
加藤泰
出演キャスト
江波杏子 松方弘樹 水島道太郎 遠藤辰雄

喜劇 女売り出します

  • 1972年2月5日(土)
  • 原作

「新宿芸能社」を舞台に、藤原審爾原作の「女」シリーズ第三作。脚本は「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」の掛札昌裕と「生まれかわった為五郎」の吉川憲一。監督森崎東。撮影も同作の吉川憲一が、それぞれ担当。

監督
森崎東
出演キャスト
森繁久彌 市原悦子 夏純子 米倉斉加年
1971年

人間標的

  • 1971年9月15日(水)
  • 原作

刑事のために刑務所に送られ、恋人の気持まで奪われた男の復讐劇。原作は藤原審爾の『新宿警察 復讐の論理より』。脚本・監督は「花の不死鳥」の井上梅次。撮影は「俺は眠たかった!!」の小杉正雄がそれぞれ担当。

監督
井上梅次
出演キャスト
若林豪 山崎努 香山美子 尾崎奈々

藤原審爾の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 藤原審爾