TOP > 人物を探す > 須賀不二男

年代別 映画作品( 年 ~ 2013年 まで合計265映画作品)

1974年

悪名 縄張荒らし

  • 1974年4月24日(水)
  • 出演(長五郎 役)

かって大映で映画化された「悪名」シリーズの再映画化。河内生まれの暴れん坊朝吉が、腕と度胸で男を売り出していく姿を猫く。脚本は依田義賢、監督は「御用牙 かみそり半蔵地獄責め」の増村保造、撮影も同作の宮川一夫が担当。

監督
増村保造
出演キャスト
勝新太郎 北大路欣也 二代目中村鴈治郎 アイ・ジョージ
1973年

海軍横須賀刑務所

  • 1973年11月17日(土)
  • 出演(金田刑務所長 役)

大担不敵で反逆精神旺盛な男が、海軍海兵団に入隊して、上官や刑務所監守を相手に大暴れする姿を描く。原作は青山光二の小説『喧嘩一代・帝国海軍なんのその』。脚本は「現代任侠史」の石井輝男、監督は「山口組三代目」の山下耕作、撮影は「やくざと抗争 実録安藤組」の仲沢半次郎。

監督
山下耕作
出演キャスト
勝新太郎 赤木春恵 長谷川明男 山田圭子

夜の歌謡シリーズ なみだ恋

  • 1973年8月11日(土)
  • 出演(松本剛 役)

“夜の歌謡”シリーズ10作目。金とセックスのうごめく夜の盛り場で、唯一人純心でウェットなホステスと、組に追われて逃亡中の若いやくざとの悲恋を描く。脚本は「夜の歌謡シリーズ 女のみち」の成澤昌茂、監督は「子連れ狼 親の心子の心」の斎藤武市、撮影は「不良番長 骨までしゃぶれ」の山沢義一がそれぞれ担当。

監督
斎藤武市
出演キャスト
中島ゆたか 奈良あけみ 谷隼人 ささきいさお

子連れ狼 冥府魔道

  • 1973年8月11日(土)
  • 出演(作手惣左衛門 役)

“子連れ狼”シリーズ五作目。柳生一族絶滅のために怨念の旅をつづける拝一刀・大五郎親子の、柳生との凄絶な闘いと、非情な親子の愛を描く。小池一雄・作、小島剛夕・画の劇画『子連れ狼』の映画化。脚本は「高校生無頼控 突きのムラマサ」の小池一雄、と中村努、監督は「桜の代紋」の三隅研次、撮影も同作の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
三隅研次
出演キャスト
若山富三郎 富川晶宏 大楠道代 佐藤友美

毘沙門天慕情

  • 1973年5月19日(土)
  • 出演(金田 役)

砂塚秀夫が自ら、企画・製作し、花柳界にあって今もなお、その伝統を現代に伝えて粋な笑いふりまく“たいこもち”の泣き笑いを描く。脚本は「着流し百人」の松浦健郎、監督は「男の挑戦(1968)」の土居通芳、撮影は永井仙吉がそれぞれ担当。

監督
土居通芳
出演キャスト
砂塚秀夫 西村晃 北条希功子 石山健二郎

夜の歌謡シリーズ 女のみち

  • 1973年4月14日(土)
  • 出演(河本健一 役)

ドライなプレイボーイにもて遊ばれ、騙されていると分っていても離れられず一途に思いを寄せる哀れで悲しい女の愛を描く。脚本は「経験」の成澤昌茂、監督は「銀蝶流れ者 牝猫・博奕」の山口和彦、撮影は清水政郎がそれぞれ担当。

監督
山口和彦
出演キャスト
梅宮辰夫 中島ゆたか 賀川雪絵 渡辺やよい

桜の代紋

  • 1973年4月21日(土)
  • 出演(山崎捜査四課長 役)

暴力団も恐れるやくざ刑事が、警察の非人間性を内部から告発するとともに、暴力団組織を徹底的に壊滅していく姿を描く。脚本は「無宿人御子神の丈吉 川風に過去は流れた」の石松愛弘、監督は「御用牙」の三隅研次、撮影は「新座頭市物語 折れた杖」の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
三隅研次
出演キャスト
若山富三郎 関口宏 松尾嘉代 東三千

釜ヶ崎極道

  • 1973年6月20日(水)
  • 出演(秋葉秀忠 役)

“極道”シリーズ八作目。大企業と結託し、法の目をかいくぐって厖大な資金を貯える暴力団組織に対抗する島村清吉と、その子分の活躍を描く。脚本は「昭和おんな博徒」の鳥居元宏と「非情学園 ワル」の松本功、監督は「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」の山下耕作、撮影も同作の山岸長樹がそれぞれ担当。

監督
山下耕作
出演キャスト
若山富三郎 清川虹子 東美千 加賀まりこ
1972年

銀蝶流れ者 牝猫・博奕

  • 1972年10月25日(水)
  • 出演(相星総之助 役)

“銀蝶”シリーズ二作目。札師だった父親の復讐のためヤクザな世界に身を投げうった主人公緋ざくらナミが仇を討つまでを、賭場の札さばきなどをおりまぜながら描く。脚本は「不良番長 一網打尽」の松本功、監督は脚本も執筆している「銀蝶渡り鳥」の山口和彦、撮影は「ポルノの帝王 失神ソープランド」の中島芳男がそれぞれ担当。

監督
山口和彦
出演キャスト
梶芽衣子 千葉真一 須賀不二男 伴淳三郎

人斬り与太 狂犬三兄弟

  • 1972年10月25日(水)
  • 出演(貝塚剛 役)

“人斬り与太”シリーズ二作目。組織に反逆、暴力には暴力と、疾風の如く暴れまわる狂犬三匹の凄まじい暴力を描く。脚本は「女囚701号 さそり」の神波史男と松田寛男、監督は「現代やくざ 人斬り与太」の深作欣二、撮影は「女囚701号 さそり」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

監督
深作欣二
出演キャスト
菅原文太 田中邦衛 三谷昇 今井健二

須賀不二男の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 須賀不二男