映画-Movie Walker > 人物を探す > 成澤昌茂

年代別 映画作品( 1949年 ~ 2006年 まで合計78映画作品)

1951年

飛騨の小天狗

  • 1951年11月9日(金)公開
  • 脚色

原作は「講談倶楽部」連載の梶野悳三原作の『坊ちやん教師』より「馬喰一代(1951)」「牝犬」の成澤昌茂が脚色し、「奴隷の街」の小石栄一が監督に、同じく姫田真佐久が撮影に当っている。出演者は、「湯の町情話」の菅原謙二に「ひばりの子守唄」の荒川さつきの他、潮万太郎、見明凡太朗、佐々木孝丸、植村謙二郎などの助演。

監督
小石栄一
出演キャスト
菅原謙二 荒川さつき 小宮一晃 潮万太郎

牝犬

  • 1951年8月10日(金)公開
  • 脚本

脚本は「宮城広場」の成澤昌茂と木村恵吾の共同で「熱砂の白蘭」に次ぐ木村恵吾の監督作品である。撮影は「密林の女豹」の山崎安一郎である。出演者の主なものは、「情炎の波止場」の京マチ子、「青い真珠」の志村喬、「江の島悲歌」の久我美子他に北林谷栄、根上淳、加東大介、見明凡太朗、藤原釜足などの助演陣である。

監督
木村恵吾
出演キャスト
志村喬 北林谷栄 久我美子 京マチ子

宮城広場

  • 1951年1月6日(土)公開
  • 脚本

製作は「羅生門」の箕浦甚吾、原作は川口松太郎の夕刊読売連載の小説、脚本は「ごろつき船」の成澤昌茂、監督は「指名犯人」の久松静児である。出演者の主なるものは「鬼あざみ」の山根寿子、「処女峰」の乙羽信子に二本柳寛、「奥様に御用心」の森雅之、「姉妹星」の三益愛子、「黒い花」の久我美子それに、英百合子の息子でニュー・フェースとして初登場の長谷部健なのである。

監督
久松静児
出演キャスト
山根寿子 乙羽信子 長谷部健 三益愛子
1950年

ごろつき船

  • 1950年11月18日(土)公開
  • 脚本

大佛次郎の原作を「午前零時の出獄(1950)」の成澤昌茂と「人生選手」の菊島隆三とが脚色して「ある婦人科医の告白」の森一生が監督に当っている。「赤城から来た男」に次ぐ大河内傳次郎の主演作品で、「殺陣師段平(1950)」の月形龍之介、「東海道は兇状旅」の相馬千恵子、「鬼あざみ」の本間謙太郎、「浅草の肌」の若杉須美子改め紀英子などが助演している。

監督
森一生
出演キャスト
大河内傳次郎 相馬千恵子 月形龍之介 本間謙太郎

午前零時の出獄(1950)

  • 1950年8月19日(土)公開
  • 脚本

監督
小石栄一
出演キャスト
岡田英次 宇野重吉 久我美子 荒川さつき

続向う三軒両隣り 恋の三毛猫

  • 1950年5月7日(日)公開
  • 脚本

「続向う三軒両隣り どんぐり歌合戦」と同じスタッフ・キャスト、ただ第四話で新しい登場人物に伴淳三郎が出演する。

監督
斎藤寅次郎
出演キャスト
柳家金語楼 野上千鶴子 杉山美子 飯田蝶子

続向う三軒両隣り どんぐり歌合戦

  • 1950年4月9日(日)公開
  • 脚本

ラジオで既に二年越し放送を続けているドラマの映画化、二五年渡邊邦男の監督で製作したものと趣向を変え「あきれた娘たち」「おどろき一家」の斎藤寅次郎監督、脚本は「無頼漢長兵衞」「白雪先生と子供たち」の八住利雄に、北条誠、伊馬春部、北村寿夫の四人が共同執筆、カメラ担当は「男の涙」「おどろき一家」の友成達雄、キャストは柳家金語楼、飯田蝶子の外、野上千鶴子、新人杉山美子に少女ヴギウギ美空ひばりが出る。

監督
斎藤寅次郎
出演キャスト
柳家金語楼 野上千鶴子 杉山美子 飯田蝶子
1949年

恋狼火

  • 1949年8月2日(火)公開
  • 脚本

「小判鮫・前篇」「小判鮫・後篇」につぐ新演伎座プロダクション第二回作品である。製作は田口功夫が担当し「命ある限り」以来の楠田清が、成澤昌茂と協同で脚本を書き、洲田競(楠田清の改名)が監督する。キャメラは「命ある限り」の仲沢博治が担当する。主演は「小判鮫・前篇」「小判鮫・後篇」につぐ山田五十鈴「戦争と平和」や「青い山脈(1949)」の伊豆肇で、それに「母紅梅」の岡譲二「わが恋は燃えぬ」の小堀誠「地獄の貴婦人」の河野秋武、その他キングレコードの三門博らが出演する。

出演キャスト
山田五十鈴 伊豆肇 岡譲二 小堀誠
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 成澤昌茂