映画-Movie Walker > 人物を探す > アルフレッド・ヒッチコック

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1994年 まで合計38映画作品)

1976年

ヒッチコックのファミリー・プロット

  • 1976年8月28日(土)
  • 監督

監督生活50年を迎えるアルフレッド・ヒッチコック監督の53作目の作品で、手数料目当てに資産家の遺産相続人を捜す若い男女と、ダイヤモンドを狙う誘拐犯の男女、の2組が織りなすサスペンス映画。監督は「フレンジー」のアルフレッド・ヒッチコック、脚本はアーネスト・リーマン、原作はビクター・カニング、撮影はレナード・J・サウス、美術はヘンリー・バムステッド、音楽はジョン・ウィリアムス(2)、衣裳デザインはイーディス・ヘッド、編集はJ・テリー・ウィリアムスがそれぞれ担当。出演はカレン・ブラック、ブルース・ダーン、バーバラ・ハリス、ウィリアム・ディベイン、エド・ローター、キャスリーン・ネスビット、キャサリン・ヘルモンドなど。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
カレン・ブラック ブルース・ダーン バーバラ・ハリス ウィリアム・ディヴェイン
1972年

フレンジー

  • 1972年7月22日(土)
  • 製作、監督

アルフレッド・ヒッチコック監督が、生まれ故郷のロンドンに帰ってつくったサスペンス編。製作・監督はアルフレッド・ヒッチコック。アーサー・ラ・バーンの原作をアンソニー・シェーファーが脚色。撮影はギル・テイラー、音楽はロン・グッドウィン、編集はジョン・シンプソンが各々担当。出演はジョン・フィンチ、アレック・マッコーエン、バリー・フォスター、バーバラ・リー・ハント、アンナ・マッセイ、ヴィヴィアン・マーチャントなど。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
ジョン・フィンチ アレック・マッコーウェン バリー・フォスター バーバラ・リー・ハント
1970年

トパーズ(1969)

  • 1970年6月19日(金)
  • 製作、監督

サスペンス映画の巨匠ヒッチコックが、「引き裂かれたカーテン」以来、3年ぶりにメガホンをとった作品。62年のキューバ危機、緊迫化する東西両陣営の背後で暗躍するスパイを描いた作品。製作・監督はアルフレッド・ヒッチコック、共同製作はハーバート・コールマン。レオン・ユーリスの同名小説をサム・テイラーが脚色。撮影はジャック・ヒルドヤード、音楽はモーリス・ジャール、編集はウィリアムス・H・ジーグラーがそれぞれ担当。出演は「アルデンヌの戦い」のフレデリック・スタフォード、「渚のデイト」のダニー・ロバン、「冷血」のジョン・フォーサイス、「夕陽に向って走れ」のジョン・ヴァーノン、「007は二度死ぬ」のカリン・ドール、「昼顔」のミシェル・ピコリ、「夜霧の恋人たち」のクロード・ジャド、その他にフィリップ・ノワレ、ミシェル・シュボールなど。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
ロスコー・リー・ブラウン フレデリック・スタフォード ダニー・ロバン ジョン・ヴァーノン
1966年

引き裂かれたカーテン

  • 1966年10月22日(土)
  • 製作、監督

ヒッチコック監督の50本記念作品。ブライアン・ムーアが自分の原作を脚色、「マーニー」のヒッチコックが演出したスパイ推理ドラマ。撮影をジョン・F・ウォレン、音楽はジョン・アディソンが担当している。主演は、「動く標的」のポール・ニューマンと「サウンド・オブ・ミュージック」のジュリー・アンドリュース。彼等をめぐり「その男ゾルバ」のリラ・ケドロワ、「栄光への脱出」のルドウィヒ・ドナート、バレリーナのタマラ・トゥマノヴァが絡んでいる。製作も、ヒッチコックが兼ねている。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
ポール・ニューマン ジュリー・アンドリュース リラ・ケドローヴァ Hansjoerg Felmy
1964年

マーニー

  • 1964年8月29日(土)
  • 製作、監督

ウインストン・グラハムの原作をジェイ・プレッソン・アレンが脚色、「鳥」のアルフレッド・ヒッチコックが製作・演出したミステリー・ドラマ。撮影はロバート・バークス、音楽はバーナード・ハーマンが担当した。出演は「鳥」のティッピー・ヘドレン、「わらの女」のショーン・コネリー、「逆転」のダイアン・ベーカーほかに、アラン・ネイピア、ルイーズ・ラサム、マーティン・ゲーベルなど。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
ティッピ・ヘドレン ショーン・コネリー ダイアン・ベーカー ルイーズ・ラサム
1963年

  • 1963年7月5日(金)
  • 製作、監督

鳥が人間を嫌い、食いちぎるという残酷な恐怖ドラマ。原作は女流作家ダフネ・デュ・モーリアの「鳥」であり、それを「逢うときはいつも他人」のエヴァン・ハンターが脚色した。監督は「ロープ」のアルフレッド・ヒッチコック、撮影は「結婚泥棒」のロバート・バークス、特殊撮影はアブ・アイワークス、音楽はレミ・ガスマンとオスカー・サラの2人。出演者は「海賊魂」のロッド・テイラー、「40ポンドのトラブル」のスザンヌ・プレシェット、「青年」のジェシカ・タンディ、チャールズ・マグロー、新人女優ティッピー・ヘドレンなど。製作は前記ヒッチコック。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
ロッド・テイラー ジェシカ・タンディ ティッピ・ヘドレン スザンヌ・プレシェット
1960年

サイコ(1960)

  • 1960年9月17日(土)
  • 監督

アルフレッド・ヒッチコック監督作品。原作はロバート・ブロックの推理小説。脚色を「黒い蘭」のジョセフ・ステファノがうけもつ。撮影と音楽はジョン・L・ラッセルとバーナード・ハーマンがそれぞれ担当。出演は「のっぽ物語」のアンソニー・パーキンスのほかジョン・ギャビン、ジャネット・リー、ベラ・マイルズら。製作もヒッチコック。最初の邦題は「サイコ-異常心理-」。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
アンソニー・パーキンス ヴェラ・マイルズ ジョン・ギャビン マーティン・バルサム
1959年

北北西に進路を取れ

  • 1959年9月26日(土)
  • 製作、監督

スリラー映画お得意のアルフレッド・ヒッチコックが「めまい」につづいて監督した、恋とスリルに満ちたサスペンス・ドラマ。脚本をアーネスト・リーマンが書下し、「黒い蘭」のロバート・バークスが撮影を、音楽はバーナード・ハーマンが担当している。出演は「無分別」のケーリー・グラント、「愛情の花咲く樹」のエヴァ・マリー・セイント、「針なき時計」のジェームズ・メイスン、他にジェシー・ロイス・ランディス、レオ・G・キャロル等。製作アルフレッド・ヒッチコック。テクニカラー・ビスタビジョン。1959年作品。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
ケイリー・グラント エヴァ・マリー・セイント ジェームズ・メイソン ジェシー・ロイス・ランディス
1958年

めまい(1958)

  • 1958年10月26日(日)
  • 製作、監督

「間違えられた男」につづくアルフレッド・ヒッチコック監督のスリラー。クルウゾーの「悪魔のような女」の原作を書いたピエール・ボアローと、トーマス・ナルスジャックの共作小説から、アレック・コッペルと「モンテカルロ物語」サム・テイラーが共同脚色した、伝奇的なロマンとニューロティックなスリラー手法をないまぜた一編。撮影監督は「間違えられた男」「ハリーの災難」のロバート・バークス。サンフランシスコ周辺の風光がロケによって生かされている。音楽はバーナード・ハーマン。出演者は「知りすぎていた男」「翼よ!あれが巴里の灯だ」のジェームズ・スチュアートに「愛情物語」「夜の豹」のキム・ノヴァクが顔を合わせる他、「暗黒の恐怖」のバーバラ・ベル・ゲデス、「バラの肌着」のトム・ヘルモア等。キム・ノヴァクは2つの役柄を演じわけてみせる。製作はヒッチコック自身。「悲しみよこんにちは」のソール・バスがタイトル・デザインを担当している。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
ジェームズ・スチュアート キム・ノヴァク バーバラ・ベル・ゲデス トム・ヘルモア
1957年

間違えられた男

  • 1957年6月19日(水)
  • 監督

アルフレッド・ヒッチコックが「知りすぎていた男」に続いて監督したスリラー映画。原作は「悪い種子」のマクスウェル・アンダーソンが書いたが、題材は1953年、ニューヨークで起こった事件に基づくノン・フィクション。アンダースンと「知りすぎていた男」のアンガス・マクフェイルが共同で脚色した。撮影は「放浪の王者(1956)」のロバート・バークス、音楽は「灰色の服を着た男」のバーナード・ハーマンが担当した。主演は「戦争と平和」のヘンリー・フォンダ、「捜索者」のヴェラ・マイルズ、「戦艦シュペー号の最後」のアンソニー・クェイル。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
ヘンリー・フォンダ ヴェラ・マイルズ アンソニー・クェイル ハロルド・J・ストーン

関連ニュース

全世界注目の鬼才デヴィッド・ロバート・ミッチェル監督にインタビュー!
『アンダー・ザ・シルバーレイク』監督が明かす、驚きの脚本テクニックとは? 2018年10月17日 17:15

「アメイジング・スパイダーマン」シリーズや『ハクソー・リッジ』(16)で知られるアンドリュー・ガーフィールドが主人公のサム役を演じ、“光溢れる街”ロサンゼルスに潜む陰謀を解明していく『アンダー・ザ・シルバーレイク』(公開…

病室の窓から見える邸宅に住む女性に一目惚れする主人公。しかし彼女が父親にナイフを向け…
【レビュー】台湾の俊英が“青春”の原点へ立ち返る王道ミステリー『夏、19歳の肖像』 2018年8月31日 21:00

バイク事故で骨折した大学生の青年が、入院した病院の窓から見える邸宅に暮らす女性に一目惚れをする。そのシチュエーションだけで、アルフレッド・ヒッチコック監督の名作『裏窓』(54)をはじめとした“窃視ミステリー”の様相を呈す…

ヒッチコックは自身の名を冠したテレビドラマ「ヒッチコック劇場」で解説としても登場
裏方だけじゃ物足りない!?スクリーンに登場する名監督たち 2013年4月2日 16:00

4月5日(金)公開の映画『ヒッチコック』で、主人公として描かれる映画監督アルフレッド・ヒッチコック。サスペンス映画の神様として1940年から1960年代にハリウッドで一世を風靡した彼だが、自身の映画作品の多くにカメオ出演…

アカデミー賞に全く縁がなかったアルフレッド・ヒッチコック
ハリウッドで大成功した巨匠なのにアカデミー賞に最も嫌われた男とは? 2013年2月15日 10:30

サスペンスの神と崇められた巨匠アルフレッド・ヒッチコック。最大のヒット作はサスペンススリラー『サイコ』(61)だが、その知られざる製作秘話にスポットを当てた『ヒッチコック』(4月5日公開)に、今、熱い視線が向けられている…

ギャラ重視
ヒュー・グラント、儲かるロマコメ以外はお断り? 2010年4月8日 10:12

ロマコメの帝王ヒュー・グラントは、ロマンティック・コメディ映画に出演したほうがギャラが多いため、シリアスなドラマで興行成績が見込めない作品はお断りらしい。コンタクトミュージック誌に脚本家のロバート・ハリスが語ったところに…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

パラサイト 半地下の家族
パラサイト 半地下の家族

相反する2つの家族の出会いによって展開する悲喜劇を描いたポン・ジュノ監督作

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アルフレッド・ヒッチコック