映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘレン・パーリッシュ

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1953年 まで合計10映画作品)

1953年

西部の顔役(1942)

  • 1953年2月19日公開
  • 出演(Ellen_Sanford 役)

「静かなる男」のジョン・ウェイン主演の1942年度西部劇で「熱風の町」のJ・ロバート・ブレンとグラディス・アトウォーターの書き下ろしストーリーをガートルード・パーセルとフランセス・ハイランドが脚色し、古顔のウィリアム・マクガンが監督した。撮影は「地獄の銃火」のジャック・マータ、音楽は「死の接吻(1947)」のデイヴィッド・バトルフ。ジョン・ウェインを助けて「黒鷲」「黄金(1936)」のビニー・バーンズ、「ターザン魔法の泉」のアルバート・デッカー、ヘレン・パリッシュ「銀の靴」、パッツィ・ケリーなどが出演する。

監督
ウィリアム・マクガン
出演キャスト
ジョン・ウェイン ビニー・バーンズ アルバート・デッカー ヘレン・パーリッシュ
1939年

銀の靴(1939)

  • 1939年公開
  • 出演(B_rbara_Chinton 役)

「庭に千草」とほとんど同一スタッフによって製作されたディアナ・ダービン主演映画で、脚本はブルース・マニングの書卸しである。監督は「天使の花園」「オーケストラの少女」「庭の千草」のヘンリー・コスターで、音楽、撮影、美術監督等も数々のダービン映画に関係したチャールズ・プレヴィン、ジョセフ・ヴァレンタイン、ジャック・オターソンが夫々担当している。助演者は「庭の千草」「アヴェ・マリア」のヘレン・パーリッシュ、新人ロバート・スタック、「オーケストラの少女」「幽霊西へ行く」のユージーン・パレット、舞台から来たルイス・ハワード、往年のスタア、リートリス・ジョーイ、「アヴェ・マリア」のマーシャ・メイ・ジョーンズその他である。

監督
ヘンリー・コスター
出演キャスト
ディアナ・ダービン ヘレン・パーリッシュ ロバート・スタック ユージン・ポーレット

庭の千草

  • 1939年公開
  • 出演(Kay 役)

「年ごろ」に次ぐディアナ・ダービン主演映画で、「天使の花園」「オーケストラの少女」と同じくヘンリー・コスターが監督、ジョセフ・ヴァレンタインが撮影した。脚本は「年ごろ」「アヴェ・マリア」のブルース・マニングと「アヴェ・マリア」「パリの評判女」のフェリックス・ジャクソンが共作したもの。助演者は「天使の花園」のナン・グレイ、チャールズ・ウイニンジャー、ネラ・ウォーカー、アーネスト・コサート及び「アヴェ・マリア」のヘレン・バーリッシュ「バラはなぜ紅い」のロバート・カミングス、新人ウィリアム・ランディガン、「ペーテルの歓び」のフェリックス・ブレザートの面々である。

監督
ヘンリー・コスター
出演キャスト
ディアナ・ダービン ナン・グレイ ヘレン・パーリッシュ チャールズ・ウィニンジャー
1938年

裏町6人組

  • 1938年公開
  • 出演(Penny 役)

「わが家の楽園」「パリの評判女」のミッシャ・オーア、「躍り込み花嫁」「ラジオの歌姫」のエドワード・エヴァレット・ホートン「青春ホテル」「息子の顔」のめエリー・ポーランド、「フランダースの犬(1935)」「アヴェ・マリア」のヘレン・パーリッシュ、「小公子」のジャッキー・サール、及び「フランダースの犬(1935)」のフランキー・トーマス、「嵐の十字路」のデイヴィッド・ゴーシー及びホリー・チェスター、ウィリアム・ベネディクト、ハリス・バーガー、チャールズ・ダンカンの6少年俳優が共演する映画で「男装」「偽装の女」のモーティマー・オフナーと「子供の世界」のエドワード・エリスキュが協力して脚本を書卸し、「世紀の逃亡者」「潜水艦SOS」のアール・C・ケントンが監督にあたり、「スイングの女王」「平原児」のジョージ・ロビンソンが撮影した。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
ミッシャ・オウア メアリー・ボーランド エドワード・エヴァレット・ホートン ヘレン・パーリッシュ
1935年

フランダースの犬(1935)

  • 1935年公開
  • 出演(Maria 役)

ウィーダ作の有名な家庭小説の映画化で「ふるさとの唄」のドロシー・ヨーストが脚色し、エインスワース・モーガンが脚本化し、「わがまま者」のエドワード・スローマンが監督に当たり、「流線型超特急」のJ・ロイ・ハントが撮影した。主役は舞台の子役だったフランキー・トーマスが勤め、「紅雀」のO・P・ヘギー、「僕の武勇伝」のヘレン・パーリッシュ、クリスチャン・ラブ、デウィット・ジュニングス、リチャード・クワイン等が助演する。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
フランキー・トーマス O・P・ヘギー ヘレン・パーリッシュ リチャード・クワイン
1934年

我家の誇り

  • 1934年公開
  • 出演(Maijorie 役)

「お人好しの仙女」「風来坊」のフランク・モーガンが「黄金(1936)」「小都会の女」のビニー・バーンズを相手に主演する映画でアースュラ・パーロット作の小説を「模倣の人生」のウィリアム・ハールバットが脚色し、「フランダースの犬(1935)」「わがまま者」のエドワード・スローマンが監督にあたり、「お人好しの仙女」「第三階段」のノーバート・ブロディンが撮影した。助演者は「ますらを」のロイス・ウイルスン、「愛と光」のロバート・テイラー、「ジャバの東」のエリザベス・ヤング、「二つの顔(1935)」のアラン・ヘール、新人のルイズ・サティマー、「フランダースの犬」のヘレン・パーリッシュ、モーリス・マーフィーという顔ぶれである。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
フランク・モーガン ビニー・バーンズ ロイス・ウィルソン ルイズ・レティマー
1932年

僕の武勇伝

  • 1932年公開
  • 出演(Diana 役)

「チャンプ(1931)」「スキピイ」のジャッキィ・クーパーが主演する映画で、ウィリアム・ジョンストン作の物語「リンピイ」Limpyを「夜歩きパリ雀」「ニュウムーン」と同じくフランク・バトラーとシルヴィア・サルバーグが共同脚色し、「燃ゆる海原」「南方の放浪者」のハリー・ポラードが監督、「キューバの恋唄」「印度の寵児」のハロルド・ロッソンが撮影した。助演者は「都会の世紀末」のチック・セールを始め、「希望の星」「大飛行船」のラルフ・グレイヴス、「少年時代」のドロシー・ピーターソン、「ビッグ・トレイル」のアンディー・シューフォード、オスカー・アッフェル、ヘレン・パーリッシュ、ドナルド・ヘインズ等である。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
ジャッキー・クーパー チャールズ・チック・セール ラルフ・グレイヴス ドロシー・ピーターソン
1931年

シマロン(1931)

  • 1931年公開
  • 出演(Donna_Cravat(younger) 役)

「母」「ショウボーイ」の原作者エドナ・ファーバーの名作小説をトーキー化したもので「地獄の天使(1930)」「キスメット(1930)」のハワード・エスタブルックが脚色して台詞をつけ、「ストリート・ガール」「海魔」のウェズリー・ラッグルズが監督し、「七つの鍵」「愛の医者」のリチャード・ディックスが据えんしている。助演者は舞台女優だったアイリーン・ダンを始め「国際盗賊ホテル」「リリオム」のエステル・テイラー、「花嫁選手権」「妾は貴方のものなのよ」の小ウィリアム・コリナー、「怪物団」「チャンプ(1931)」のロスコー・エイツ、「特集社会面」「ギャングを追う女」のジョージ・E・ストーン、「市街」「明暗二人女」のスタンリー・フィールズ、「王様ごっこ」のエドナ・メイ・オリヴァー、某他である。カメラはパ社時代からディックス映画をクランクしたエドワード・クロンジェガーの担任である。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
リチャード・ディックス アイリーン・ダン エステル・テイラー ナンス・オニール

ビッグ・トレイル(1930)

  • 1931年公開
  • 出演(Honey_Girl 役)

「藪睨みの世界」「巴里よいとこ」に次いでラウール・ウォルシュが監督したフォックス超特作映画で、脚本はウォルシュ自身がハル・エヴァーツと協同で書き卸ろし「ハッピイ・デイス」「老番人」のルシエン・アンドリオが撮影した。主役は無名の新人ジョン・ウェインと「巴里見るべし」のマーゲリット・チャーチルが抜擢され、「巴里よいとこ」「ハッピイ・デイス」のエル・ブレンデルを始め「泥人形」「快走王」のタリー・マーシャル、「足音」のタイロン・パワー、「浮気発散」「空中サーカス」のデイヴィッド・ローリンスのほか「恋の大分水嶺」のアイアン・キース、「トム・ソーヤーの冒険」のチャールズ・スティーヴンス、ウィリアム・モング、フレデリック・バートン等が出演している。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
ジョン・ウェイン マーゲリット・チャーチル エル・ブレンデル タリー・マーシャル

母性

  • 1931年公開
  • 出演(Margaret 役)

チャールズ・ノーリス作の小説「種」に基づいて「猫は這い寄る」「飛び入り婿君」のグラディス・レーマンが脚色、台詞を書き、「囁きの小道」「恋人」のジョン・M・スタールが監督し、「嵐に咲く花」「高速度尖端娘」のジャクソン・J・ローズが撮影したものである。主なる出演者は「復活(1931)」「キング・オブ・ジャズ」のジョン・ボールズ、舞台から招へいされたジュヌヴィエーヴ・トバン、「世話女房」「或る男の一生」のロイス・ウィルソンで、助演者は「モンテカルロ」「ハニー」のザス・ピッツ「猫は這い寄る」「マダムX」のレイモンド・ハケット、舞台から来たベティ・デイヴィス「屠殺者(1930)」「令嬢暴力団」のリチャード・タッカー及び子役ディッキー・ムーアの面々。

監督
ジョン・M・スタール
出演キャスト
ジョン・ボールズ ジュヌヴィエーヴ・トバン ロイス・ウィルソン レイモンド・ハケット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘレン・パーリッシュ