映画-Movie Walker > 人物を探す > 陶隆司

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1981年 まで合計33映画作品)

1981年

巣立ちのとき 教育は死なず

  • 1981年11月14日(土)公開
  • 出演(教頭 役)

絶対に退学者をださないという教育方針をつらぬく高校を舞台に、全国から集まった落ちこほれ生徒と教師のふれあいを描く。若林繁太の同名の原作の映画化で、脚本・監督はこの作品がデビュー作となる板谷紀之、撮影は「三本足のアロー」「くるみ割り人形」の杉田安久利がそれぞれ担当。

監督
板谷紀之
出演キャスト
長門裕之 江利チエミ 陶隆司 新田昌玄
1980年

天平の甍

  • 1980年1月26日(土)公開
  • 出演(道抗 役)

天平年間、日本仏教界の確立のために黄土に渡った四人の日本人青年僧の青春と、唐の高僧、鑒真和上の二十年の歳月をかけて渡日に成功するまでの苦難の道を描く。井上靖の同名の小説の映画化で脚本は「お吟さま(1978)」の依田義賢、監督も同作の熊井啓、撮影は「復讐するは我にあり」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
熊井啓
出演キャスト
中村嘉葎雄 大門正明 浜田光夫 草野大悟
1978年

博多っ子純情

  • 1978年12月2日(土)公開
  • 出演(人形を依頼に来る老夫婦 役)

時には子供扱いされ、時には大人としての白覚を求められる年頃である男子中学生達の生活を、目ざめはじめた性、今だ知らぬ女性の神秘への興味などを中心に描く。長谷川法世の『漫画アクション』に連載中の同名の漫画を映画化したもので脚本は石森史郎と長谷川法世の共同執筆、監督は「女高生 天使のはらわた」の曽根中生、撮影は「ピンクサロン 好色五人女」の森勝がそれぞれ担当している。

監督
曽根中生
出演キャスト
光石研 小屋町英浩 横山司 松本ちえこ

人妻集団暴行致死事件

  • 1978年7月8日(土)公開
  • 出演(池本甚平 役)

どんな世界にも落ち着けず、転職を重ねるハミダシ者達の無軌道な青春を描く。脚本は「夜這い海女」の佐治乾、監督は「女教師」の田中登、撮影は「さすらいの恋人 眩暈(めまい)」の森勝がそれぞれ担当。

監督
田中登
出演キャスト
室田日出男 黒沢のり子 酒井昭 深見博
1977年

嗚呼!!花の応援団 男涙の親衛隊

  • 1977年3月19日(土)公開
  • 出演(青田玄道 役)

シリーズ第三作目。青田赤道も第三代目で、今回も学生らしい純情さと硬派精神を南河内大学応援団を中心に描く。脚本は「嗚呼!! 花の応援団 役者やのォー」の田中陽造、監督も同作の曽根中生、撮影は「発禁本「美人乱舞」より 責める!」の森勝のそれぞれが担当。

監督
曽根中生
出演キャスト
本間進 川畑信三 深見博 沢田情児
1976年

はだしのゲン

  • 1976年1月24日(土)公開
  • 出演(大西 役)

太平洋戦争終了時の広島を舞台に一人の少年を通して戦争の悲惨さと原爆の非道さを告発する。原作は中沢啓治の同名劇画。脚本・監督は「太陽の詩」の山田典吾、撮影も同作の安承[王文] がそれぞれ担当。

監督
山田典吾
出演キャスト
三國連太郎 左幸子 佐藤健太 石松宏和
1975年

蒼い日々

  • 1975年9月26日(金)公開
  • 出演(死にぞこない 役)

2年前に、文選工の青年と在日朝鮮人の少女を主人公にした短篇「影を曳く詩」を撮った山口恭平の第2作。25歳の山口は、プロダクション鷹で木俣尭喬監督の助監督をやっていたことのある青年である。(16ミリ)

監督
山口恭平
出演キャスト
粉川久子 伊藤勝昭 陶隆 近藤剛史
1974年

しあわせ(1974)

  • 1974年4月6日(土)公開
  • 出演(修理工場の親爺 役)

ガンのために余命いくばくもない娘の短い一生と、彼女を暖かく見守る夫と母の愛情を描く。原作は橋田寿賀子のテレビ・ドラマ「愛といのち」。脚本・監督は「恋の夏」の恩地日出夫、撮影は「狼の紋章」の上田正治がそれぞれ担当。

監督
恩地日出夫
出演キャスト
角ゆり子 岡田裕介 乙羽信子 井川比佐志

赤ちょうちん

  • 1974年3月23日(土)公開
  • 出演(松崎敬造 役)

都会の片隅で、ひっそりと同棲する若い二人が、さまざまな社会の障害にぶつかりながらも、ひたむきに生き続けていく姿を描いた青春映画。“かぐや姫”の同名のヒット曲を原案にしたもの。脚本は「団地妻 昼下りの誘惑」の中島丈博と、桃井章、監督は「修羅雪姫」の藤田敏八、撮影は「OL日記 濡れた札束」の萩原憲治がそれぞれ担当。

監督
藤田敏八
出演キャスト
高岡健二 秋吉久美子 長門裕之 河原崎長一郎
1973年

ゴキブリ刑事

  • 1973年6月9日(土)公開
  • 出演(松野 役)

ゴキブリ(暴力団)狩りを自認する人呼んで“ゴキブリ刑事”と呼ばれる刑事の妥協を許さない非情な捜査を描く。「週刊漫画TIMES増刊」に連載の新岡勲の同名劇画の映画化。脚本は剣持亘、監督は「夕日くん サラリーマン脱出作戦」の小谷承靖、撮影は「影狩り ほえろ大砲」の金宇満司がそれぞれ担当。

監督
小谷承靖
出演キャスト
渡哲也 加賀まりこ 神山繁 陶隆
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 陶隆司