映画-Movie Walker > 人物を探す > 津田京子

年代別 映画作品( 1970年 ~ 1996年 まで合計12映画作品)

1996年

菜の花

  • 1996年当年公開
  • 出演

刑事の職を投げ打って被差別部落研究、部落開放運動に身を投じた実在の人物をモデルに、彼の足跡を記録とドラマの両面から描いた作品。大正9年に福岡県で生まれ、朝鮮総督府の巡査を経て福岡県警の刑事となった故・松崎武俊氏が被差別部落史研究にひかれてゆく姿を通して、同和問題を正面から扱った劇映画スタイルの文化映画である。松崎刑事は在職中に、ある傷害事件で逮捕した青年が被差別部落出身者であることを知り、青年の境遇を知るうちにそれまで無知だった被差別部落問題に目覚めていく。彼はやがて刑事を辞めて被差別部落史研究に没頭し、のちの被差別部落研究、部落開放運動に新たな一石を投じた存在となった。人生の後半にして被差別部落問題にのめり込んだ主人公の気持ちの移り変わりをじっくりと描いた好篇。監督は瀬木直貴。主演の松崎氏を演じるのは中西和久。郷土史研究の仲間に常田富士男がふんしている。96年度キネマ旬報文化映画ベストテン第8位。

監督
瀬木直貴
出演キャスト
中西和久 常田富士男 津田京子 境賢一
1985年

ぬくもり

  • 1985年7月6日(土)公開
  • 出演

監督
瀬藤祝
出演キャスト
早川純一 津田京子 園田裕久 杉本孝次
1979年

あゝ野麦峠

  • 1979年6月30日(土)公開
  • 出演(木谷やえ 役)

明治中期、長野県岡谷市にある製系工場に、岐阜県飛騨地方から野麦峠を越えて働きに出た少女達の姿を描く。昭和四十三年に発表された山本茂実の同名小説を映画化したもので、脚本は服部佳、監督は「皇帝のいない八月」の山本薩夫、撮影は「曽根崎心中」の小林節雄がそれぞれ担当。

監督
山本薩夫
出演キャスト
大竹しのぶ 原田美枝子 友里千賀子 古手川祐子
1978年

オレンジロード急行

  • 1978年4月29日(土)公開
  • 出演(西山敦子 役)

海賊放送を続ける心優しい若者と、したたかな行動派で、自動車泥捧を続ける二人の老人との交流を描く、城戸賞を受賞した大森一樹脚本の映画化。脚本・監督は「暗くなるまで待てない!」の大森一樹、撮影は「瞳の中の訪問者」の阪本善尚がそれぞれ担当。

監督
大森一樹
出演キャスト
嵐寛寿郎 岡田嘉子 森本レオ 中島ゆたか
1974年

小林多喜二

  • 1974年2月20日(水)公開
  • 出演(織田勝恵 役)

昭和初期の暗い時代に生きたプロレタリア作家・小林多喜二の愛と青春を描く、フィルムによるモニュメント。脚本は勝山俊介、監督は「海軍特別年少兵」の今井正、撮影は中尾駿一郎がそれぞれ担当。

監督
今井正
出演キャスト
山本圭 中野良子 森幹太 北林谷栄
1973年

二十歳の原点

  • 1973年10月27日(土)公開
  • 出演(松田 役)

二十歳で自ら命を断った女子大生・高野悦子が遺した日記集の映画化で、揺れ動く青春の愛と死を描く。脚本は「俺たちの荒野」の重森孝子と「放課後」の森谷司郎、監督は新人大森健次郎、撮影は「初めての愛」の中井朝一がそれぞれ担当。

監督
大森健次郎
出演キャスト
角ゆり子 鈴木瑞穂 福田妙子 高林由紀子

必殺仕掛人 梅安蟻地獄

  • 1973年9月29日(土)公開
  • 出演(お仲 役)

“必殺仕掛人”シリーズ第二作目。江戸時代、被害者の晴らせぬ怨みを代りに晴らす仕掛人の活躍を描く。原作は池波正太郎の同名小説。脚本は宮川一郎、監督は脚本も執筆している「必殺仕掛人」の渡辺祐介、撮影も同作の小杉正雄がそれぞれ担当。

監督
渡辺祐介
出演キャスト
緒形拳 林与一 山村聡 佐藤慶
1972年

娘たちは風にむかって

  • 1972年6月12日(月)公開
  • 出演(クリちゃん 役)

四十一年に大阪・西淀川にある被服工場で実際に起こった労働争議を素材に今崎暁巳が脚本を執筆した。監督は「母のない子と子のない母と」など民芸映画社の作品を多数手がけた若杉光夫。撮影は井上莞がそれぞれ担当。

監督
若杉光夫
出演キャスト
小林千鶴子 津田京子 坂本真理 早川玲子

制服の胸のここには

  • 1972年2月26日(土)公開
  • 出演(千代子 役)

「小説ジュニア」に連載されていた富島健夫の同名小説の映画化。誰もが学生時代に一度は経験したようでいて、想像しただけにとどまっているセンチメンタルな初恋と友情を具体的なエピソードで描く青春映画。脚本は武末勝、監督は脚本にも参加し、これが監督昇進第一作の渡辺邦彦。撮影は「初めての旅」の中井朝一がそれぞれ担当。なお渡辺邦彦は渡辺邦男監督の長男で昭和三十一年早稲田大学英文科卒業。同年東宝に入社した。

監督
渡辺邦彦
出演キャスト
島居恵子 石川博 鮎川いづみ 沖田駿一

その人は炎のように

  • 1972年2月5日(土)公開
  • 出演(中田千津 役)

現在を刹那的に生きる一人の青年と真実の愛を求めて激しく生きる美しい人妻との愛を通して、現代人にとって愛とは何かを描く。脚本は神馬伸。監督は「誰のために愛するか」の出目昌伸。撮影は「西のペテン師・東のサギ師」の逢沢譲がそれぞれ担当。

監督
出目昌伸
出演キャスト
岩下志麻 岡田裕介 加藤和夫 鈴木政弘
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 津田京子