映画-Movie Walker > 人物を探す > 土屋伊豆夫

年代別 映画作品( 1972年 ~ 1976年 まで合計14映画作品)

1976年

花芯の刺青 熟れた壷

  • 1976年9月25日(土)公開
  • 美術

伝統的で古風な世界に育ってきた女と、ドライで現代的な義理の娘の二人が、一人の男をはさんで織りなす凄艶な肉欲の執念を描く官能篇。脚本は「犯す!」の松岡清治、監督は「犯される」の小沼勝、撮影は「真夏の夜の情事 悶え」の森勝がそれぞれ担当。

監督
小沼勝
出演キャスト
谷ナオミ 北川たか子 中丸信 花柳幻舟

感じるんです

  • 1976年8月11日(水)公開
  • 美術

仲間たちの旺盛なセックスに刺激され、とまどいながらの初体験を経験する女の子を描く、泉大八原作「ジュンちゃん」の映画化。脚本は「あるコールガールの証言 露出」の吉原幸夫、監督は「新・団地妻 夫婦交換」の白鳥信一、撮影も同作の畠中照夫がそれぞれ担当。

監督
白鳥信一
出演キャスト
泉じゅん 水城ゆう 信太且久 影山英俊

濡れた壷

  • 1976年3月19日(金)公開
  • 美術

心の奥深く沈潜しているSEXの発露を描いたロマン・ポルノ。脚本は「赤線飛田遊廓」の宮下教雄、監督は「修道女ルナの告白」の小沼勝、撮影も同作の水野尾信正がそれぞれ担当。

監督
小沼勝
出演キャスト
谷ナオミ 井上博一 藤ひろ子 水乃麻希

新どぶ川学級

  • 1976年3月13日(土)公開
  • 美術

“ドレイ工場”日本ロールの解雇撤回闘争中に労働者の子供たちを集めて開いた“どぶ川学級”を記録した須長茂夫の同名原作の映画化の第2作目。脚本は「アフリカの鳥」の勝目貴久、監督は脚本も執筆している新人・岡本孝二、撮影は「大江戸 (秘)おんな医者あらし」の森勝がそれぞれ担当。

監督
岡本孝二
出演キャスト
森次晃嗣 丘みつ子 夏純子 山本由香利
1975年

残酷・女高生(性)私刑

  • 1975年7月23日(水)公開
  • 美術

“SM”シリーズの第五作目で、成熟した肉体をもてあましている女子高生のセックスを描く。脚本は「お柳情炎 縛り肌」の久保田圭司、監督は「新・団地妻 ブルーフィルムの女」の林功、撮影も同作の山崎敏郎がそれぞれ担当。

監督
林功
出演キャスト
東てる美 谷ナオミ 中島葵 浜口竜哉

お柳情炎 縛り肌

  • 1975年6月18日(水)公開
  • 美術

昭和初期、任侠一家を舞台にした団鬼六のSM小説を映画化した任侠SMポルノ。脚本は「残酷・黒薔薇私刑」の久保田圭司、監督も同作の藤井克彦、撮影は「主婦の体験レポート おんなの四畳半」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
藤井克彦
出演キャスト
谷ナオミ 三亜節朗 東てる美 風間杜夫

十代の性典'75

  • 1975年1月25日(土)公開
  • 美術

高校生たちが初めて異性を知り、大人になっていく過程を描いた青春ポルノ。脚本は「(秘)色情めす市場」のいど・あきお、監督は「花嫁は濡れていた」の近藤幸彦、撮影は「バージンブルース」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
近藤幸彦
出演キャスト
朝倉葉子 内藤杏子 安達清康 沢田情児
1974年

生贄夫人

  • 1974年10月26日(土)公開
  • 美術

異常なセックスの数々を描写するS・Mシリーズ二作目。脚本は「秘本袖と袖」の田中陽造、監督は「花と蛇」の小沼勝、撮影は「くノ一淫法 百花卍がらみ」の森勝がそれぞれ担当。

監督
小沼勝
出演キャスト
谷ナオミ 東てる美 坂本長利 影山英俊

四畳半襖の裏張り しのび肌

  • 1974年2月16日(土)公開
  • 美術

大正中期から昭和にかけて収集したセックスに関する資料「高資料」の“小さな悪魔”を原作に、当時の色街育ちの早熟な少年と、芸者たちのセックスを通して当時の世相風俗を描く。脚本は「津軽じょんがら節」の中島丈博、監督は「四畳半襖の裏張り」の神代辰巳、撮影も同作の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
神代辰巳
出演キャスト
宮下順子 江角英明 丘奈保美 絵沢萠子

おさな妻の告白 失神 エクスタシー

  • 1974年1月15日(火)公開
  • 美術

自分の恋人が兄のために娼婦のようにさせられた少年は、二人の命を狙う……。脚本・監督は「人妻 -残り火-」の磯見忠彦、撮影は「性教育ママ」の萩原憲治がそれぞれ担当。

監督
磯見忠彦
出演キャスト
立野弓子 市川亜矢子 井上博一 大野木克志
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 土屋伊豆夫