映画-Movie Walker > 人物を探す > 高島利隆

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1978年 まで合計35映画作品)

1976年

学生情婦 処女の味

  • 1976年11月27日(土)公開
  • 照明

心中未遂の子猫のような女高生と、中年の暴力団員との奇妙な愛とほのかな心のふれあいを描く。脚本は「四畳半青春硝子張り」のいどあきお、監督は「東京(秘)ナイト・レポート 熱い樹液」の小原宏裕、撮影は同じ「東京(秘)ナイト・レポート 熱い樹液」の山崎敏郎がそれぞれ担当。

監督
小原宏裕
出演キャスト
八城夏子 遠藤征慈 清水国雄 宮下順子

四畳半青春硝子張り

  • 1976年8月21日(土)公開
  • 照明

陸送の若者と純粋な少女の硝子張りのように、キラキラと、そしてもろい愛と彼らの流れゆく青春のときを描く。脚本は「江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者」の井戸晶雄、監督は「奴隷妻」の加藤彰、撮影は「キャンパス・エロチカ 熟れて開く」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
加藤彰
出演キャスト
原真也 永島暎子 真木洋子 郷えい治

キャンパス・エロチカ 熟れて開く

  • 1976年7月7日(水)公開
  • 照明

女子大生が東京六大学の学生と次々と関係していくという宇能鴻一郎の同名小説の映画化。脚本は出倉宏、監督は「夫婦秘戯くらべ」の武田一成、撮影は「淫絶未亡人」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
武田一成
出演キャスト
北川たか子 山村裕 沢田情児 杉浦亘

淫絶未亡人

  • 1976年5月15日(土)公開
  • 照明

好色な男たちに狙われる熟れきった体をもつ未亡人を描いたロマン・ポルノ。脚本は「団地妻 肉体金融」の桂千穂と「ロスト・ラブ -あぶら地獄-」の吉原幸夫、監督は「ホステス情報 潮ふき三姉妹」の曽根中生、撮影は「全開 特出し姉妹」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
曽根中生
出演キャスト
珠瑠美 牧れいか 山科ゆり 江角英明

濡れた壷

  • 1976年3月19日(金)公開
  • 照明

心の奥深く沈潜しているSEXの発露を描いたロマン・ポルノ。脚本は「赤線飛田遊廓」の宮下教雄、監督は「修道女ルナの告白」の小沼勝、撮影も同作の水野尾信正がそれぞれ担当。

監督
小沼勝
出演キャスト
谷ナオミ 井上博一 藤ひろ子 水乃麻希

SEX野郎 (秘)移動売春

  • 1976年2月7日(土)公開
  • 照明

マイクロバスを改造し移動売春を行なう三人の若者を描いたロマン・ポルノ。脚本は渡辺孝一と斉藤信幸、監督は「鎌倉夫人 童貞倶楽部」の林功、撮影は「発禁肉蒲団」の山崎敏郎がそれぞれ担当。

監督
林功
出演キャスト
小杉治 神坂ゆずる 谷口香織 立花りえ

修道女ルナの告白

  • 1976年1月8日(木)公開
  • 照明

復讐に執念を燃やす清楚な修道女を描いたロマン・ポルノ。脚本は「東京エマニエル夫人 個人教授」の芦沢俊郎、監督は「大江戸 (秘)おんな医者あらし」の小沼勝、撮影は「ホステス情報 潮ふき三姉妹」の水野尾信正がそれぞれ担当。

監督
小沼勝
出演キャスト
高村ルナ 中島葵 田口久美 梓ようこ
1975年

白い牝猫 真昼のエクスタシー

  • 1975年11月1日(土)公開
  • 照明

現代社会のひずみの中で屈折したエネルギーを爆発させる若者たちを描く。脚本は「東京エマニエル夫人」の中野顕彰、監督は「続実録おんな鑑別所」の小原宏裕、撮影は「新・レスビアンの世界 陶酔」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
小原宏裕
出演キャスト
梢ひとみ 立花りえ 南郷俊介 宮本博

東京エマニエル夫人

  • 1975年7月1日(火)公開
  • 照明

ヒットしたフランス映画「エマニエル夫人」をヒントにして製作されたポルノ映画。脚本は「肉体犯罪海岸 -ピラニヤの群れ-」の中野顕彰、監督は「襟裳岬」の加藤彰、撮影は「アフリカの光」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
加藤彰
出演キャスト
田口久美 村上不二夫 葵三津子 冬木なか

赤線飛田遊廓

  • 1975年5月10日(土)公開
  • 照明

赤線シリーズ第4作目で、「東の吉原、西の飛田」と並び称された大阪の飛田遊廓を舞台に娼婦の哀感を描く。脚本は「レスビアンの世界 恍惚」の宮下教雄、監督は「新・団地妻 売春グループ13号館」の西村昭五郎、撮影は「女子大生 モーテル歌麿遊び」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
西村昭五郎
出演キャスト
片桐夕子 星まり子 花上晃 谷文太
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 高島利隆