TOP > 人物を探す > 桐島好夫

年代別 映画作品( 1962年 ~ 1977年 まで合計24映画作品)

1967年

渡世人

  • 1967年7月30日(日)
  • 出演(児玉の子分B 役)

「三等兵親分出陣」の棚田吾郎がシナリオを執筆し、「残侠あばれ肌」の佐伯清が監督したやくざもの。撮影は「喜劇 急行列車」の飯村雅彦。

監督
佐伯清
出演キャスト
梅宮辰夫 市川和子 斎藤信也 水島道太郎

網走番外地 決斗零下30度

  • 1967年4月20日(木)
  • 出演(スキー帽の子分D 役)

伊藤一の原案を、「決着(おとしまえ)」の石井輝男が脚本化し、監督した“網走番外地”シリーズ第八作目。撮影は気鋭中島芳男。

監督
石井輝男
出演キャスト
高倉健 嵐寛寿郎 田中邦衛 吉野比弓

決着(おとしまえ)

  • 1967年5月20日(土)
  • 出演(チンピラC 役)

「網走番外地 南国の対決」の石井輝男と、内田弘三が共同でシナリオを執筆し、石井輝男が監督したやくざもの。撮影はコンビの稲田喜一。

監督
石井輝男
出演キャスト
梅宮辰夫 吉田輝雄 嵐寛寿郎 大木実

花札渡世

  • 1967年3月10日(金)
  • 出演(ぐれん隊の若者B 役)

「赤い夜光虫」の成澤昌茂がシナリオを執筆し、監督したやくざもの。撮影は「残侠あばれ肌」の飯村雅彦。

監督
成澤昌茂
出演キャスト
梅宮辰夫 鰐淵晴子 伴淳三郎 遠藤辰雄
1966年

ボスは俺の拳銃で

  • 1966年12月3日(土)
  • 出演(多和田組子分C 役)

新鋭山村英司がシナリオを執筆し、「男度胸で勝負する」の村山新治が監督したやくざもの。撮影はコンビの仲沢半次郎。

監督
村山新治
出演キャスト
梅宮辰夫 岡田英次 近藤宏 江原真二郎

侠客三国志 佐渡ケ島の決斗

  • 1966年10月1日(土)
  • 出演(黒石 役)

「続・兄弟仁義」の村尾昭がシナリオを執筆、「昭和最大の顔役」の佐伯清が監督したやくざもの。撮影はコンビの星島一郎。

監督
佐伯清
出演キャスト
鶴田浩二 大木実 菅原謙二 久保菜穂子
1965年

任侠男一匹

  • 1965年10月15日(金)
  • 出演(源次 役)

西川幸男の原案を、「悪魔のようなすてきな奴」の松浦健郎がシナリオ化、「日本侠客伝 関東篇」のマキノ雅弘が監督した任侠もの。撮影は、「無宿者仁義」の坪井誠。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
村田英雄 水島道太郎 長門裕之 根上淳

無宿者仁義

  • 1965年8月25日(水)
  • 出演(砂田組子分D 役)

「孤独の賭け」の長谷川公之がシナリオを執筆、「復讐の牙」の井上梅次が監督したアクションもの。撮影は「一発かましたれ」の坪井誠。

監督
井上梅次
出演キャスト
高城丈二 根上淳 三田佳子 岡崎二朗
1964年

竜虎一代

  • 1964年9月23日(水)
  • 出演(大介 役)

岩下俊作の原作を「日本侠客伝」の村尾昭が脚色「銃殺」の小林恒夫が監督したやくざもの。撮影は「ならず者(1964)」の林七郎。

監督
小林恒夫
出演キャスト
鶴田浩二 天知茂 加藤武 柳永二郎
1963年

暴力団(1963)

  • 1963年8月7日(水)
  • 出演(用心棒A 役)

「最後の顔役(1963)」の村尾昭のオリジナル・シナリオを、「用心棒市場」の小沢茂弘が監督したギャングもの。撮影は「陸軍残虐物語」の仲沢半次郎。

監督
小沢茂弘
出演キャスト
鶴田浩二 梅宮辰夫 小川守 多々良純

桐島好夫の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 桐島好夫