映画-Movie Walker > 人物を探す > 山内明

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1993年 まで合計141映画作品)

1957年

侍ニッポン

  • 1957年11月19日(火)公開
  • 出演(松平左兵衛督 役)

故阪東妻三郎の出世作となった「侍ニッポン」を今回はその遺児田村高廣が主演して映画化したもの。群司次郎正の原作をベテランの久板栄二郎が脚色「大忠臣蔵」のコンビ大曽根辰保が監督石本秀雄が撮影した。主演は「張込み」の田村高廣、高千穂ひづる「大忠臣蔵」の松本幸四郎、「黒い河」の山田五十鈴。ほかに森美樹、近衛十四郎、山内明、竜崎一郎など。

監督
大曽根辰保
出演キャスト
田村高廣 森美樹 松山清子 高千穂ひづる

恋して愛して喧嘩して

  • 1957年11月3日(日)公開
  • 出演(石川五郎 役)

「体の中を風が吹く」の川頭義郎と「黒い河」の松山善三の共同シナリオを川頭義郎が監督した諷刺コメディ。撮影は「体の中を風が吹く」の荒野諒一。主演は、「森繁の僕は美容師」の中村メイコ、「異母兄弟」の南原伸二、「逃げだした縁談」の田浦正巳、沢村貞子、川口のぶ。ほかに朝丘雪路、多々良純、片山明彦など。

監督
川頭義郎
出演キャスト
沢村貞子 中村メイコ 多々良純 桜むつ子

体の中を風が吹く

  • 1957年5月14日(火)公開
  • 出演(立田数馬 役)

“朝日新間”に連載された佐多稲子の同名小説の映画化。「この二人に幸あれ」の松山善三が脚色、「涙」の川頭義郎が監督した。撮影は「お勝手の花嫁」の荒野諒一。主演は「女の肌」の淡島千景、「東京暮色」の有馬稲子、山本和子、「大江戸風雲絵巻 天の眼」の田村高廣「近くて遠きは」の野添ひとみ。ほかに片山明彦、中川姿子、山内明、日守新一、新人の里見孝二など。

監督
川頭義郎
出演キャスト
淡島千景 安藤悦子 山本啓二 田村高廣

大江戸風雲絵巻 天の眼

  • 1957年4月16日(火)公開
  • 出演(田沼意知 役)

田沼意次の悪政に挑む怪盗の正義とロマンを描いた三村伸太郎の原作より「男の牙」の共同脚色者の一人鈴木兵吾が脚色、「顔(1957)」の大曾根辰保が監督した。撮影は同じく石本秀雄。主演は「伝七捕物帖 美女蝙蝠」の高田浩吉、「男の牙」の田村高廣、瑳峨三智子、「「朝雲暮雲」より 野武士と女」の高峰三枝子。ほかに雪代敬子、大河内傳次郎、松本幸四郎、小沢栄、高野真二、山内明など。色彩は松竹イーストマンカラー。

監督
大曾根辰保
出演キャスト
高田浩吉 田村高廣 松本幸四郎 雪代敬子

正義派

  • 1957年2月20日(水)公開
  • 出演(高岡 役)

志賀直哉の名作“正義派”と“清兵衛と瓢箪”の二作品より「楽天夫人」の斎藤良輔と、久しぶりの馬場当が共同脚色、「女の足あと」の渋谷実か監督する文芸篇。撮影担当は「別れの一本杉」の長岡博之。主な出演者は「白磁の人」の佐田啓二、「太陽とバラ」の久我美子、「雲の墓標より 空ゆかば」の田浦正巳、「いとしい恋人たち」の野漆ひとみ、「こぶしの花の咲くころ」の桑野みゆき、ほかに三好栄子、山内明、望月優子、伊藤雄之助、三井弘次、高橋豊子、山形勲などのヴェテラン陣。

監督
渋谷実
出演キャスト
三好栄子 田浦正巳 佐田啓二 久我美子

顔(1957)

  • 1957年1月22日(火)公開
  • 出演(飯島哲次 役)

“小説新潮”所載、松本清張原作の映画化、スリラー篇。脚色は「裸の青春」の井手雅人と「君美しく」の瀬川昌治の共同、「歌う弥次喜多 黄金道中」の大曽根辰保が監督、石本秀雄が撮影にあたる。主な出演者は松竹京都初出演の岡田茉莉子(大安吉日)、「雲の墓標より 空ゆかば」の大木実、笠智衆、「ここは静かなり」の佐竹明夫、ほかに山内明、千石規子、小沢栄、十朱久雄、宮城千賀子、森美樹、永田光男など。

監督
大曾根辰夫
出演キャスト
大木実 岡田茉莉子 笠智衆 森美樹
1956年

この世の花 完結篇

  • 1956年10月14日(日)公開
  • 出演(池田貞夫 役)

昨年三月に第一部を発表以来、すでに一年有半。幸せは何処?波乱と昂奮を追って完結を迎える。雑誌“明星”連載、朝日、文化放送連続放送劇、北条誠の原作を「文七元結より 泣き笑い五十両」の富田義朗が脚色、「漫才学校 爆笑八人組」の穂積利昌が監督する。撮影は同じく西川享。主な出演者は「君は花の如く」の川喜多雄二、「のんき夫婦」の淡路恵子、「漫才学校 第二部 ガヤガヤホテル」の七浦弘子、「文七元結より 泣き笑い五十両」の雪代敬子、その他佐竹明夫、若杉英二、山内明、夏川静江、山鳩くるみ、野村浩三など。

監督
穂積利昌
出演キャスト
淡路恵子 川喜多雄二 夏川静江 西川晋

夜あけ朝あけ

  • 1956年9月7日(金)公開
  • 出演(中杉万作 役)

農村の春夏秋冬の情景をオールロケでとらえた劇団民芸の第八回自主作品。三十年度毎日出版文化賞を獲得した住井すゑの同名小説より、「少年死刑囚」の片岡薫が脚色、「石合戦」の若杉光夫が監督し、「夜間中学」の前田実が撮影を担当した。主な出演者は「ある夜ふたたび」の乙羽信子「夜間中学」の宇野重吉、「真昼の暗黒」の内藤武敏、その他劇団民芸の人々。なお茨城県下二千名の少年少女の中から選ばれた六名の少年少女が出演する。

監督
若杉光夫
出演キャスト
遠井慶子 吉田隆 屋代将之 水越幸子

続・この世の花 第8部

  • 1956年6月22日(金)公開
  • 出演(池田貞夫 役)

雑誌“明星”に連載され日本文化、朝日の両放送で連続ラジオ・ドラマとなった北条誠原作の映画化。今年二月に公開された「続・この世の花 第6・7部」(月の白樺・別れの夜道)の続篇である。スタッフ、キャストは前作と大体同様であるが「人妻椿 (前後篇)(1956)」の左竹明夫、七浦弘子などが追加出演している。

監督
穂積利昌
出演キャスト
川喜多雄二 夏川静江 淡路恵子 山内明

緑なる人(二部作)

  • 1956年6月8日(金)公開
  • 出演(三谷康一郎 役)

“主婦の友”に連載された流行作家北条誠の同名小説を、「四人の誓い」のコンビ田畠恒男が脚色・監督し、布戸章が撮影を担当した。主な出演者は「ここに幸あり (二部作)」の水原真知子、山内明、「美貌の園 (前後篇)」の菅佐原英一、「女の足あと」の小林トシ子、「白い魔魚」の杉田弘子、沢村貞子、「父と子と母」の滝花久子など。

監督
田畠恒男
出演キャスト
水原真知子 滝花久子 シリア・ポール 菅佐原英一
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 山内明