映画-Movie Walker > 人物を探す > 山本陽子

年代別 映画作品( 1964年 ~ 2017年 まで合計66映画作品)

2017年

空と海のあいだ

  • 2017年5月6日(土)公開
  • 出演(ナンシー桜 役)

専門学校に通う学生が悩みながらも成長してゆく姿を描いたドラマ。家業の定食屋を手伝いながら、母と二人暮らしを送る専門学校生の漣子。自分の将来に不安を抱えつつも、知的障がいを持つ幼なじみの千穂子や友人たちと共に、明るく日々を過ごしていたが……。出演は「映画 暗殺教室―卒業編―」の春花(竹富聖花)、「あしたになれば」の小関裕太、「無限の住人」の山本陽子。

監督
南柱根
出演キャスト
春花 中井知鶴 小関裕太 比嘉梨乃
2016年

フローレンスは眠る

  • 2016年3月5日(土)公開
  • 出演(牧羽早苗 役)

公的記録のない独居高齢者や育児放棄された戸籍のない児童など、社会的なテーマで問題提起し、話題を呼んだ『369のメトシエラ』の小林兄弟監督の長編第2作となるクライム・サスペンス。同族経営の企業にふりかかった誘拐事件の行方が、身代金として要求された伝説のダイヤモンドを巡る愛憎劇とともに描かれる。

監督
小林克人 小林健二
出演キャスト
藤本涼 桜井ユキ 前田吟 池内万作
1991年

必殺!5 黄金の血

  • 1991年12月23日(月)公開
  • 出演(後藤千勢 役)

問答無用で悪を斬る仕事人の活躍を描く時代劇シリーズ第五弾。脚本は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の吉田剛が執筆。監督は「動天」の舛田利雄。撮影は「必殺4 恨みはらします」の石原興がそれぞれ担当。

監督
舛田利雄
出演キャスト
藤田まこと 三田村邦彦 村上弘明 光本幸子
1977年

八つ墓村(1977)

  • 1977年10月29日(土)公開
  • 出演(多治見春代 役)

数奇な運命に生まれた青年が、四百年にわたる怨念が息づく生地を訪れ、続発する血腥い殺人事件にまきこまれる姿を描くミステリー映画。原作は横溝正史の同名小説。脚本は「八甲田山」の橋本忍、監督は「昭和枯れすすき」の野村芳太郎、撮影は「錆びた炎」の川又昂がそれぞれ担当。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
萩原健一 小川真由美 山崎努 山本陽子
1976年

撃たれる前に撃て!

  • 1976年6月26日(土)公開
  • 出演(赤木美代子 役)

“刑事コブラ”シリーズ第二作目。前科者にコブラと恐れられている冷徹な刑事の活躍を描くアクション映画。脚本・監督は「夜霧の訪問者」の井上梅次、撮影は「青春の構図」の小杉正雄がそれぞれ担当。

監督
井上梅次
出演キャスト
田宮二郎 中丸忠雄 山本陽子 田口久美
1974年

怒れ毒蛇 目撃者を消せ

  • 1974年2月16日(土)公開
  • 出演(赤木美代子 役)

コブラの異名を持つ刑事が、殺人事件の捜査をしながら、恩人の復讐を果たすまでを描くアクション映画。脚本・監督は「男じゃないか 闘志満々」の井上梅次、撮影は「ひとつぶの涙」の小杉正雄がそれぞれ担当。

監督
井上梅次
出演キャスト
田宮二郎 奈良富士子 山本陽子 汪萍

華麗なる一族

  • 1974年1月26日(土)公開
  • 出演(万俵早苗 役)

富と権力獲得への手段として、華麗なる閨閥をはりめぐらす万俵一族を主役に、金融界の“聖域”銀行、背後で暗躍する政・財界の黒い欲望を描く。原作は山崎豊子の同名小説。脚本は「戦争と人間 完結篇」の山田信夫、監督も同作の山本薩夫、撮影は「朝やけの詩」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
山本薩夫
出演キャスト
佐分利信 月丘夢路 仲代達矢 山本陽子
1971年

女の意地

  • 1971年5月5日(水)公開
  • 出演(静江 役)

華やかな夜の世界に生きる女の悲しさを描く。西田佐知子の同名曲の映画化。「斜陽のおもかげ」以来沈黙を続けていた斎藤光正が「三人の女 夜の蝶」に続いて監督した。脚本は「波止場女のブルース」の下飯坂菊馬。撮影は「野良猫ロック 暴走集団'71」の萩原憲治がそれぞれ担当。

監督
斎藤光正
出演キャスト
松原智恵子 浜木綿子 中尾彬 根上淳

三人の女 夜の蝶

  • 1971年4月24日(土)公開
  • 出演(小島君子 役)

青江三奈の「昭和おんなブルース」の映画化。脚本は「非行少年 若者の砦」の来栖三郎と「ずべ公番長 はまぐれ数え唄」の宮下教雄。監督は「斜陽のおもかげ」の斎藤光正。撮影は「野良猫ロック 暴走集団'71」の萩原憲治がそれぞれ担当。

監督
斎藤光正
出演キャスト
松原智恵子 梶芽衣子 山本陽子 藤竜也
1969年

嵐の勇者たち

  • 1969年12月31日(水)公開
  • 出演(理江 役)

「やくざ番外地」の永原秀一がシナリオを執筆し、「大幹部 殴り込み」の舛田利雄が監督したアクションもの。撮影は「涙でいいの」の山崎善弘。

監督
舛田利雄
出演キャスト
石原裕次郎 二谷英明 浜田光夫 岡崎二朗

関連ニュース

日本映画史に名を残す女優陣が極寒の山中でクマと壮絶バトル
日本映画史に名を残す女優陣が極寒の山中でクマと壮絶バトル(2011年6月20日)

口減らしのために高齢になった老人を山に捨てるという姥捨て山伝説。今村昌平監督が深沢七郎の同名小説を映画化し、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールに輝いた『楢山節考』…

「どうしても熊と戦いたかった」と浅丘ルリ子ら大物女優陣が『デンデラ』舞台挨拶に登壇
「どうしても熊と戦いたかった」と浅丘ルリ子ら大物女優陣が『デンデラ』舞台挨拶に登壇(2011年6月6日)

気鋭作家・佐藤友哉の同名小説を題材に、大物女優が多数集結して贈る衝撃作『デンデラ』(6月25日公開)。その完成披露試写会が6月6日、丸の内TOEIで行われ、出演…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 山本陽子