TOP > 人物を探す > 荒野諒一

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1974年 まで合計46映画作品)

1959年

風の中の瞳

  • 1959年6月9日(火)
  • 撮影

新田次郎の原作を、「母子草」の楠田芳子が脚色したもので、中学生を主人公にした青春ドラマ。「有楽町0番地」のコンビ川頭義郎が監督し、荒野諒一が撮影した。

監督
川頭義郎
出演キャスト
田村高廣 有沢正子 富永ユキ 平山芙美子
1958年

有楽町0番地

  • 1958年10月7日(火)
  • 撮影

東京・有楽町の新名所フードセンターに舞台をとる諷刺喜劇。「青空よいつまでも」の川頭義郎が監督する。松山善三・勅使河原宏・川頭義郎のオリジナル・シナリオ。撮影は「青空よいつまでも」の荒野諒一。主演は「彼奴は誰だッ」の瞳麗子(主演第一回)、脚本執筆の勅使河原宏(映画初出演)、「彼岸花」の高橋貞二、「女侠一代」の渡辺文雄などで、他に千田是也などヴェテランをそろえる。

監督
川頭義郎
出演キャスト
瞳麗子 高橋貞二 勅使河原宏 渡辺文雄

青空よいつまでも

  • 1958年5月5日(月)
  • 撮影

「二人だけの橋」の共同脚本を執筆した楠田芳子のオリジナル・シナリオを、「恋して愛して喧嘩して」の川頭義郎が監督、同じく「恋して愛して喧嘩して」の荒野諒一が撮影したホーム・ドラマ。主演は「月給一三、〇〇〇円」の石浜朗、「花のうず潮」の田村高廣、「としごろ(1958)」の桑野みゆき、「恋して愛して喧嘩して」の朝丘雪路、「若い広場」の瞳麗子。他に、藤原釜足、岸輝子など。

監督
川頭義郎
出演キャスト
石浜朗 朝丘雪路 藤原釜足 岸輝子
1957年

恋して愛して喧嘩して

  • 1957年11月3日(日)
  • 撮影

「体の中を風が吹く」の川頭義郎と「黒い河」の松山善三の共同シナリオを川頭義郎が監督した諷刺コメディ。撮影は「体の中を風が吹く」の荒野諒一。主演は、「森繁の僕は美容師」の中村メイコ、「異母兄弟」の南原伸二、「逃げだした縁談」の田浦正巳、沢村貞子、川口のぶ。ほかに朝丘雪路、多々良純、片山明彦など。

監督
川頭義郎
出演キャスト
沢村貞子 中村メイコ 多々良純 桜むつ子

体の中を風が吹く

  • 1957年5月14日(火)
  • 撮影

“朝日新間”に連載された佐多稲子の同名小説の映画化。「この二人に幸あれ」の松山善三が脚色、「涙」の川頭義郎が監督した。撮影は「お勝手の花嫁」の荒野諒一。主演は「女の肌」の淡島千景、「東京暮色」の有馬稲子、山本和子、「大江戸風雲絵巻 天の眼」の田村高廣「近くて遠きは」の野添ひとみ。ほかに片山明彦、中川姿子、山内明、日守新一、新人の里見孝二など。

監督
川頭義郎
出演キャスト
淡島千景 安藤悦子 山本啓二 田村高廣
1955年

お勝手の花嫁

  • 1955年9月21日(水)
  • 撮影

「遠い雲」の木下恵介の脚本により川頭義郎が監督。(第一回)同じく第一回として荒野諒一が撮影を担当。主なる出演者は「花嫁はどこにいる」の日守新一、「青空の仲間」の岸輝子、「遠い雲」の田村高廣、佐田啓二、「あすなろ物語」の久我美子、他に日塔智子、山本和子など。

監督
川頭義郎
出演キャスト
日守新一 岸輝子 日塔智子 山本和子

荒野諒一の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 荒野諒一