TOP > 人物を探す > 荒野諒一

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1974年 まで合計46映画作品)

1962年

かあさん長生きしてね

  • 1962年10月13日(土)
  • 撮影

加藤日出男原作「根っ子文庫刊」より「僕チン放浪記」の楠田芳子が脚色、「霧子の運命」の川頭義郎が監督した母子の愛情物語。撮影もコンビの荒野諒一。

監督
川頭義郎
出演キャスト
勝呂誉 田中絹代 倍賞千恵子 川津祐介

霧子の運命

  • 1962年5月27日(日)
  • 撮影

井上靖原作「春の雑木林」から「流し雛」の木下恵介が脚色「小さな花の物語」の川頭義郎が監督した異色ドラマ。撮影もコンビの荒野諒一。

監督
川頭義郎
出演キャスト
岡田茉莉子 兼松恵 野々村潔 佐々木すみ江
1961年

小さな花の物語

  • 1961年12月15日(金)
  • 撮影

平凡連載の壷井栄の原作を、「はだかっ子」の成澤昌茂が脚色。「ママおうちが燃えてるの」の川頭義郎が監督した社会ドラマ。撮影もコンビの荒野諒一。

監督
川頭義郎
出演キャスト
瑳峨三智子 兼松恵 桑野みゆき 清川虹子

ママおうちが燃えてるの

  • 1961年10月11日(水)
  • 撮影

ベストセラーの松尾ちよ子の同名記録を原作に「故郷は緑なりき」の楠田芳子が脚本を書き「かあちゃんしぐのいやだ」の川頭義郎が監督した、一人の母の生活記録。撮影は「母と娘(1961)」の荒野諒一。

監督
川頭義郎
出演キャスト
淡島千景 鰐淵晴子 塩野淳子 宗方勝巳

母と娘(1961)

  • 1961年7月9日(日)
  • 撮影

小糸のぶの原作を、「宮本武蔵(1961)」の成澤昌茂が脚色し、「かあちゃんしぐのいやだ」の川頭義郎が監督したハイティーンもの。撮影も「かあちゃんしぐのいやだ」の荒野諒一。

監督
川頭義郎
出演キャスト
鰐淵晴子 佐分利信 浅茅しのぶ 平山清

かあちゃんしぐのいやだ

  • 1961年5月26日(金)
  • 撮影

平林良孝のベスト・セラーの映画化で、「笛吹川」の木下恵介が脚色し、「伊豆の踊子(1960)」の川頭義郎が監督した叙情編。撮影は「明日はいっぱいの果実」の荒野諒一。

監督
川頭義郎
出演キャスト
有馬稲子 平山清 山崎二郎 下元勉
1960年

明日はいっぱいの果実

  • 1960年11月13日(日)
  • 撮影

新人斎藤正夫の第一回作品で、斎藤自身と山田太一の脚本を監督した、鰐淵晴子帰国第一作のコメディ。斎藤監督は昭和五年生れ、東大経済学部卒後、昭和二十八年大船に入り川頭義郎のチーフを勤めていた。撮影は「暴れん坊三羽烏」の荒野諒一が担当した。

監督
斎藤正夫
出演キャスト
鰐淵晴子 姫ゆり子 杉浦直樹 桂小金治

暴れん坊三羽烏

  • 1960年7月14日(木)
  • 撮影

「大いなる愛の彼方に」の富田義朗と「銀座のお兄ちゃん挑戦す」の菅野昭彦の共同脚本を、「銀嶺の王者」の番匠義彰が監督した大船おなじみの三羽烏もの。「伊豆の踊子(1960)」の荒野諒一が撮影した。

監督
番匠義彰
出演キャスト
山本豊三 十朱幸代 佐野周二 桂小金治

伊豆の踊子(1960)

  • 1960年5月13日(金)
  • 撮影

川端康成の同名小説の、今回は三度目の映画化で、「美貌に罪あり」の田中澄江が脚色し、「手さぐりの青春」の川頭義郎が監督した。撮影も「手さぐりの青春」の荒野諒一が担当。

監督
川頭義郎
出演キャスト
鰐淵晴子 津川雅彦 桜むつ子 田浦正巳
1959年

手さぐりの青春

  • 1959年8月30日(日)
  • 撮影

壷井栄の『潮時計』を映画化したもので、「浪花の恋の物語」の成澤昌茂が脚色し、「風の中の瞳」のコンビ川頭義郎が監督し、荒野諒一が撮影した。

監督
川頭義郎
出演キャスト
鰐淵晴子 織田政雄 石浜朗 鳳八千代

荒野諒一の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 荒野諒一