映画-Movie Walker > 人物を探す > ゴードン・ウェストコット

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1935年 まで合計11映画作品)

1935年

カジノ・ド・パリ(1935)

  • 1935年当年公開
  • 出演(Fred 役)

「ワンダー・バー」「風来坊」のアル・ジョルソンと「泥酔夢」「お姫様大行進」のルビー・キーラーが主役を勤める映画で、ブラッドフォード・ロープスの原作を「太平洋攻防戦」「これがアメリカ艦隊」のアール・ボールドウィンが脚色し「国境の町」「最初の接吻」のアーチー・L・メイヨが監督に当たり「国境の町」のトニー・ゴーディオと「お姫様大行進」のソル・ポリートが共同撮影した。ダンス振り付けは「お姫様大行進」のボビー・コノリーの担当である。助演者は「彼の第六感」のグレンダ・ファレル、「僕は芸人」のヘレン・モーガン「Gメン」のバートン・マクレーン、「青春の頬杖」のシャロン・リン、「影無き男(1934)」のパッシー・ケリー、「ゴルフ狂時代」のペニー・ルービン、「泥酔夢」のフィル・リーガン、「雲とつばさ」のゴードン・ウェストコット、「運ちゃん武勇伝」のウィリアム・デヴィッドスン「流星二丁拳銃」のジョイス・コンプトン、エイキム・タミロフ等の面々である。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
アル・ジョルソン ルビー・キーラー グレンダ・ファレル ヘレン・モーガン

ブラウンの千両役者

  • 1935年当年公開
  • 出演(Wellington 役)

「ブラウンの怪投手」「ブラウンのサーカス」のジョー・E・ブラウンが主演する映画でロイス・リーソンの原作から「これがアメリカ艦隊」のベン・マークソンとベニー・ルービンが潤色し、「ブラウンのサーカス」のバート・カルマーとハリー・ルビーが脚色し、「ゴールド・ディガース36年」のバスビー・バークレーが監督、「運ちゃん武勇伝」のシド・ヒコックスが撮影したもの。助演者は「Gメン」「スイート・ミュージック」のアン・ヴォーザーク、「運ちゃん武勇伝」のパトリシア・エリス、「雨」のウィリアム・ガーガン、「スイート・ミュージック」のジョセフ・カウソーン、ヘンリー・オニール等である。

監督
バスビー・バークレー
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン アン・ヴォーザーク パトリシア・エリス ウィリアム・ガーガン
1934年

からくり競馬大会

  • 1934年当年公開
  • 出演(LuckyLuke_Bartratt 役)

「ハリウッド征服」のバット・ベイタースンとハーバード・マンディンが、主演する映画で、ダッドリ・ニコルズとジョージ・マーシャルが書き下ろした物語を、「苦闘五十年」と同じくダッドリー・ニコルズとラマー・トロッティが共同脚色し、そして「踊るカレッジ」を監督したジェームズ・ティンリングが監督に当たり「恐怖の夜」のジョセフ・ヴァレンタインが撮影した。助演者は「成吉斬汗の仮面」のチャールズ・スターレット、「餓ゆるアメリカ」のゴードン・ウェストコット、「生ける人形」のジョージア・ケイン、セオドア・フォン・エルツ、スーザン・フレミング等である。

監督
ジェームズ・ティンリング
出演キャスト
パット・パターソン ハーバート・マンディン チャールズ・スターレット ゴードン・ウェストコット

雲とつばさ

  • 1934年当年公開
  • 出演(Georae_Wexley 役)

「異人種の争闘」「恋の手ほどき(1933)」のアン・ヴォーザークと「殺人鬼と光線」「南風の恋唄」のライル・タルボットが主役を勤める映画で、ロイ・チャンスラーとドア・シャーリーが原作脚色し「国境飛行隊」「兄貴は世界一」のD・ロス・レダーマンが監督に当たり、「ブラウンの爆笑大勝利」のヲーレン・リンチが撮影した。助演者は「ブラウンの爆笑大勝利」のゴードン・ウェストコットを始め、「殺人鬼と光線」のジョージ・クーパー、ヘンリー・オニール、ロバート・ライト、チャールズ・ウィルソン、アーサー・ピアソンその他である。

監督
D・ロス・レダーマン
出演キャスト
ライル・タルボット アン・ヴォーザーク ゴードン・ウェストコット ロバート・ライト

ブラウンのサーカス

  • 1934年当年公開
  • 出演(Frank 役)

「ブラウンの本塁打」と同じくパトリシア・エリスを相手としてジョー・E・ブラウンが主演する映画で「メリケン万歳爆走の巻」と同じくバート・カルマーとハリー・ルビーが原作脚色し、「二千万人の恋人」「劇場王ブラウン」のレイ・エンライトが監督し「女性二重奏」のシッド・ヒコックスが撮影した。助演者は「流行の王様」のドロシー・バージェス及びゴードン・ウェストコット、「笑う巨人」のドナルド・ディラウェイその他である。

監督
レイ・エンライト
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン Chuckles Howard パトリシア・エリス ドロシー・バージェス

ブラウンの爆笑大勝利

  • 1934年当年公開
  • 出演(Harry_St.Clair 役)

「爆裂珍艦隊」「海底マラソン」と同じくロイド・ベーコンが監督したジョー・E・ブラウン主演喜劇で、「家なき少年群」「生の創め」の脚色家アール・ボールドウィンが原作脚色したもの。助演は新人マクシーン・ドイル「流行の王様」のフランク・マクヒュー、「ブラウンのサーカス」のゴードン・ウェトコット、「昨日」のドロシー・クリスティー、アーサー・エイルスワース等で、キャメラはウォーレン・リンチが担当している。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン マクシーン・ドイル フランク・マクヒュー ゴードン・ウェストコット

流行の王様

  • 1934年当年公開
  • 出演(Harry 役)

「ケンネル殺人事件」「宝石泥棒」のウィリアム・パウエルが主演する映画で、ハリー・コリンズとウォーレン・ダフが書き下ろしたストーリーを「紅唇罪あり」「真夜中の処女」と同じくジーン・マーキーとカスリン・スコラが共同して改作し、「肉の蝋人形(1933)」のカール・エルックソンがF・ヒュー・ハーバートと共同脚色し、「暁の砂漠」「宝石泥棒」のウィリアム・ディーターレが監督にあたり、「ケンネル殺人事件」のウィリアム・リースが撮影した。助演者は「失踪者三万人」「母」のベティ・デイヴィス、「肉の蝋人形(1933)」「生の創め」のフランク・マクヒュウ、「豪華船」「殺人魔の魂」のヴェリー・ディーズデールを始め、「凡その人の人生」のレジナルド・オーウェン、新人フィリップ・リード、「世界は還る」のゴードン・ウェストコット及びヘンリー・オニール、「失踪者三万人」のヒュー・ハーバート、「死線突破」のドロシー・バージェス等で、「フットライト・パレード」のバスビー・バークレーが舞踏創案並びに振り付けにあたっている。

監督
ウィリアム・ディターレ
出演キャスト
ウィリアム・パウエル ベティ・デイヴィス フランク・マクヒュー ヴェリー・ティーズデール
1933年

餓ゆるアメリカ

  • 1933年当年公開
  • 出演(Roger_Winthton 役)

「つばめの天使」と同じくウィリアム・A・ウェルマンが監督したリチャード・バーセルメス主演映画で、「拳闘のキャグネー」の共同脚色者ロバート・ロードとウィルソン・ミヅナーが共同して書き下ろしたものである。撮影は「生の創め」「タキシー」のジェームズ・ヴァン・ツリースが受け持った。「生の創め」のアリーン・マクマホン及びローレッタ・ヤングを筆頭に「恋愛百科全集」のゴードン・ウェストコット、ロバート・バラット、ナャールス・グレイプウィンなどが助演者の主なるものである。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
ロレッタ・ヤング ゴードン・ウェストコット ロバート・バラット バートン・チャーチル

フットライト・パレード

  • 1933年当年公開
  • 出演(Thompson 役)

「四十二番街」と同じくロイド・ベーコンが監督にあたったレヴュー映画で、「地獄の市長」「駄々っ子キャグニー」のジェームズ・キャグニーが「ゴールド・ディガース」に共演したジョーン・ブロンデル、ルーヒー・キーラー、ディック・パウエル、ガイ・キッビーと共に主演するもの。「四十二番街」「ゴールド・ディガース」の脚色者ジェームズ・シーモンがマヌエル・セフと共同して原作脚色、ダンスも同じくバスビー・バークレイが考案演出にあたり、撮影は「シャーロック・ホームズ(1932)」「地獄のサーカス」のジョージ・バーンズが担当している。助演者はフランク・マクヒュー、ルース・ドネリー、ヒュー・ハーバート、クレア・ドッド、アーサー・ホール、ゴールド・ウェストコット、フィリップ・フェイヴァシャムその他の堂々たる顔ぶれを揃えている。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー ジョーン・ブロンデル ルビー・キーラー ディック・パウエル

恋愛百科全書

  • 1933年当年公開
  • 出演(Eddie_Clifford 役)

「ラジオは笑う」「ハリウッドは大騒ぎ」のスチュアート・アーウィンが「夜毎来る女」「明日は晴れ」のアリソン・スキップワースと共に主演する映画で、「進めオリンピック」のスーザン・フレミング、「悪魔と深海」のゴードン・ウェストコット、「キートンの歌劇王」のシドニー・トーラー、グラント・ミッチェル、クロード・キング、トム・リケッツ等が助演している。「春ひらく(1931)」「翼破れて」のロイド・コリガンが原作監督したもので脚色は「お化け大統領」の共同脚色者ハーラン・トムスンとレイ・ハリスが共同して担当している。撮影は「悪魔と深海」「地下の雷鳴」のチャールズ・ラングが受け持っている。

監督
ロイド・コリガン
出演キャスト
スチュアート・アーウィン アリソン・スキップワース スーザン・フレミング ゴードン・ウェストコット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ゴードン・ウェストコット