映画-Movie Walker > 人物を探す > 志満順一

年代別 映画作品( 1975年 ~ 2019年 まで合計41映画作品)

1996年

幻想 アンダルシア

  • 1996年3月9日(土)公開
  • 録音

平穏な生活をおくっている主婦が幻想の世界へと迷い込んでいき、次第に内面に眠っていたもうひとりの自分を見つける様を描いたファンタジー・ロマンス。「凶銃ルガーP08」「狼たちのカーニバル CARNIVAL_OF_WOLVES」などこれまでアクションものを多く手掛け評価の高かった渡辺武監督が、一転して新境地に挑んでいる。脚本は監督としても知られる伊藤秀裕と村上修に、加藤千恵の共同。主演は「勝手に死なせて!」の名取裕子と、「GONIN」の根津甚八。

監督
渡辺武
出演キャスト
名取裕子 根津甚八 中島宏海 中山大吾朗
1995年

BOXER JOE

  • 1995年5月27日(土)公開
  • 録音

ボクサーとしては致命的な網膜剥離を克服し、現役復帰を果たしたプロボクサー・辰吉丈一郎。彼の勇姿は多くのボクシング・ファンを大いに熱くさせたが、そんな彼のインタビューと架空のドラマを融合させた異色のボクシング映画。ドキュメンタリー部分では辰吉のインタビューの他に、父親や奥さんのインタビューや、日本中を興奮の渦に叩き込んだ薬師寺保栄との試合をじっくり見せている。また、ドラマ部分では辰吉の熱狂的ファンである、あるお好み焼屋の主人を中心とする人たちの人間模様を、コメディ・タッチで描く。監督は「トカレフ」の阪本順治。脚本は阪本と「潤の街」の金秀吉。撮影は「エンジェル・ダスト」の笠松則通と「女帝(1995)」の田中一成が担当している。ドラマ部分の主演は宇崎竜童。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
阪本順治
出演キャスト
辰吉丈一郎 辰吉粂二 宇崎竜童 黒谷友香
1994年

第2回欽ちゃんのシネマジャック

  • 1994年9月23日(金)公開
  • 録音

15分映画の5本立、1本300円、料金は見た本数分だけ自己申告で払うというユニークな上映方式で93年大きな話題を集めた、萩本欽一の製作総指揮による「欽ちゃんのシネマジャック」の第2弾。第1回に続き、萩本欽一監督による「なんかへん?」の第2作、「生きる」に続く山本晋也監督の「食べる」の他、アニメーションなど全6作。おまけとして前回一般公募した新人監督による1分間映画も。

監督
萩本欽一 山本晋也 さだまさし 石黒昇
出演キャスト
渡哲也 宮沢りえ 仲代達矢 関根勤

極道の姐・玲子

  • 1994年4月16日(土)公開
  • 録音

組長である夫や舎弟たちのために立ち上がり、対立組織と戦う極道の姐の姿を描くやくざ映画。脚本・監督は「XX 美しき凶器」の小水一男(ガイラ)。撮影は伊藤昭裕が担当。「新・極道の妻たち 惚れたら地獄」の川島なお美の初主演作。

監督
小水一男
出演キャスト
川島なお美 本田博太郎 川上泳 一条さゆり(二代目)
1993年

XX(タプル・エックス) 美しき凶器

  • 1993年12月22日(水)公開
  • 録音

殺し屋という裏の顔を持つピアニストと男との危険な駆け引きを描くエロティック・サスペンス。大沢在昌の小説『眠りの家』(ケイブンシャ文庫・刊)を原作に、「ほしをつぐもの」の小水一男が監督・脚本を手がけたVシネマ作品で、劇場公開された。ヒロイン役の宮崎ますみの熱演が話題となった。

監督
小水一男
出演キャスト
宮崎ますみ 村井国夫 草刈正雄 加藤武

お墓と離婚

  • 1993年7月31日(土)公開
  • 録音

お墓のセールスマンをする主人公の、結婚十年目を迎えての妻とのすれ違いを淡々とコミカルに描くドラマ。劇団東京乾電池の作・演出出身の岩松了が「バカヤロー!2幸せになりたい」の一挿話『新しさについていけない』に続いて監督、本作が長編デビュー作となる。脚本は「MISTY(1997)」の香川まさひと。主演の夫婦役を演じる小林薫、田中好子のほか、RCサクセションの忌野清志郎の役者デビューも話題となり、またベンガル、渡辺えり子、周防正行らが友情出演している。

監督
岩松了
出演キャスト
小林薫 田中好子 忌野清志郎 左幸子
1992年

シーズン・オフ

  • 1992年9月26日(土)公開
  • 録音

シーズン・オフのペンションに居合わせた4組のカップルの交流を描く。監督は「12人の優しい日本人」の中原俊、脚本は劇団・自転車キンクリートの飯島早苗、撮影は重田恵介が担当。(16ミリ)

監督
中原俊
出演キャスト
土家里織 塩見三省 伊東景衣子 林泰文
1991年

12人の優しい日本人

  • 1991年12月14日(土)公開
  • 録音

もし日本にも陪審員制度があったらという仮定に基づいて、ある殺人事件の審議に奮闘する12人の陪審員の姿をユーモラスに描く。東京サンシャインボーイズによる同名戯曲の映画化で、脚本は同劇団主宰の三谷幸喜が執筆。監督は「櫻の園」の中原俊。撮影監督は「風の国」の高間賢治がそれぞれ担当。

監督
中原俊
出演キャスト
塩見三省 相島一之 上田耕一 二瓶鮫一
1990年

ほしをつぐもの

  • 1990年2月3日(土)公開
  • 録音

突然倒れた定年間近の男が思いおこす少年時代を描く「その男、凶暴につき」で監督デビューしたビートたけしの初プロデュース作品で、脚本・監督は「井上あんりのザ・裏モデル」のガイラこと小水一男、撮影は「…これから物語 少年たちのブルース」の伊藤昭裕がそれぞれ担当。

監督
小水一男
出演キャスト
田中邦衛 足立龍児 脇田麻衣子 藤波俊一
1989年

ザジ ZAZIE

  • 1989年10月14日(土)公開
  • 録音

伝説のロックンローラーと彼を取り巻く男女の青春群像を描く。脚本・監督は「近頃なぜかチャールストン」で共同脚本・助監督・出演の3役を務めた利重剛、撮影監督は「THE KAI BAND MOVIE HERE WE COME THE 4 SOUNDS」の井出情児がそれぞれ担当。

監督
利重剛
出演キャスト
中村義人 宮崎萬純 RIKACO 杉本哲太
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 志満順一