映画-Movie Walker > 人物を探す > ユージーン・オブライエン

年代別 映画作品( 1916年 ~ 1926年 まで合計12映画作品)

1926年

野薔薇

  • 1926年公開
  • 出演(Brian_Alden 役)

「当たり狂言」「女王蜂」に続くグローリア・スワンソン嬢主演映画で嬢のパラマウント社に於ける最後の作品である。ジェームズ・アシュモア・クリールマン氏とフランク・ヴリーラン氏とが特にスワンソン嬢のために合作し更にクリールマン氏が改訂しJ・クラークソン・ミラー氏が脚色した台本によって「豪雨の一夜」等に出演したリチャード・ロツソン氏が監督に昇進しての処女作品で、スワンソン嬢の相手役は「海行く恋」「さすらいの人々」等出演のユージーン・オヴライエン氏が勤め、ウオルター・ゴス氏、ヘレン・ダンバー嬢、ジョン・ミルターン氏等が共演している。

監督
リチャード・ロッスン
出演キャスト
グロリア・スワンソン ユージーン・オブライエン ウォルター・ゴス ヘレン・ダンバー
1925年

乙女の危険期

  • 1925年公開
  • 出演(Anthony_Seymour 役)

パラナ・ウィン女史原作の「アンは馬鹿娘」“Ann' an Idiot”に基づきルイス・マイルストーン氏が脚色し、「名家の秘密」「騒擾の巷」等と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督したもの。主役は「燃ゆる情火」「バタフライ」等出演のローラ・ラフランド嬢で、対手は「尖塔の声」等出演のユージー・オブライエン氏である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ユージーン・オブライエン ジーン・ハーショルト アルフレッド・アレン

二人の道化師

  • 1925年公開
  • 出演(Simon_de_Gex 役)

ウィリアム・ジエー・ロック氏作の小説を映画化したもので、フランセス・マリオン女史が脚色し、「ある男の過去」「シーク」等と同じくジョージ・メルフォード氏が監督した。主役は「秘密」「さすらいの人々」等出演のユージーン・オブライエン氏で、「爆笑七日間」「学窓の思い出」等出演のリリアン・リッチ嬢「支那の鸚鵡」「囁く電線」等出演のエドモンド・バーンズ氏が相手役を勤め、ヘンリー・ウオルソール氏、ウィリアム・ブラット氏等が助演している。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
ユージーン・オブライエン リリアン・リッチ エドモンド・バーンズ ヘンリー・B・ウォルソール

さすらいの人々

  • 1925年公開
  • 出演(Roland_Kenne 役)

J・K・マクドナルド氏作の小説を基として「王様万歳」等を監督したヴィクター・シェルツィンゲル氏が監督製作した人情活劇である。「女房征服」「売られ行く魂」等出演のメイ・ブッシュ嬢と「海行く恋」「包囲の中に」等出演のユージーン・オブライエン氏とが主演し「いとしの我児」「子供の世界」等主演のベン・アレクサンダー君が可憐な所を見せ、その他トム・サンチ氏、ミルドレッド・ハリス嬢、ミッチェル・ルイス氏等が助演している。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
ユージーン・オブライエン メイ・ブッシュ ベン・アレクサンダー トム・サンチ

包囲の中に

  • 1925年公開
  • 出演(Kenyon_Ruyland 役)

コリアー誌に連載されたサミュエル・ホブキンス・アダムス氏の原作を、ハーヴェイ・シュウ氏が脚色し「五番街のモデル」等と同じくスヴェンド・ガーダ氏が監督したもの。主役は「歓楽の代償」「発明の楽冠」等主演のヴァージニア・ヴァリ嬢「乙女の危険期」等出演のユージーン・オプライエン氏「女性の悩み」「荒鷲の翼」等出演のメアリー・アルデン嬢等である。題名は戦争劇のようであるが、そうではなくて性格描寫劇である。

監督
スヴェント・ガーデ
出演キャスト
ヴァージニア・ヴァリ ユージーン・オブライエン メアリー・アルデン マーク・マクダーモット
1924年

海行く恋

  • 1924年公開
  • 出演(Rex_Herrington 役)

C・ガードナー・サリヴァン氏が特に書き却した脚本により、「我が懐かしの紐育」「蜂雀」等と同じくシドニー・オルコット氏が監督したもので、主役は「尖塔の声」「法に泣く女」等出演のノーマ・タルマッジ嬢で相手役は「尖塔の声」「包囲の中に」等出演のユージーン・オブライエン氏が演ずる。その他マシュー・ベッツ氏やウィンター・ホール氏が助演している。

監督
シドニー・オルコット
出演キャスト
ノーマ・タルマッジ ユージーン・オブライエン エドワード・デイヴィス ウィンター・ホール
1923年

尖塔の声

  • 1923年公開
  • 出演(Andrew_Fabian 役)

「ベラ・ドンナ」の原著者ロバート・ヒッチェンスの小説を、「汝犯す勿れ」「涙の街」等と同じくフランセス・マリオンが脚色し、「オリヴァー・トウィスト」「不滅の情火」等と同じくフランク・ロイドが監督したもの。主役は「久遠の微笑」「不滅の情火」等出演のノーマ・タルマッジで、かつてセレクト映画時代にノーマの相手をしたユージーン・オブライエンが久し振りで対手を勤める。東洋の香り高き作品である。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
ノーマ・タルマッジ ユージーン・オブライエン エドウィン・スティーヴンス ウィンター・ホール
1922年

過去の暗影

  • 1922年公開
  • 出演(John_Smith 役)、出演(Lawrence_Hilljard 役)

「風曇のセンダ城」を監督したヴィクター・ヒアマン氏が原作を書きルイス・アレン・ブラウン氏が脚色し、ヒーアマン氏が監督した古いセルズニック映画で「さすらいの人々」「包囲の中に」等出演のユージーン・オブライエン氏が「ドン・Q」「栄冠は吾れに」等出演のメアリー・アスター嬢が相手役を演じジョージ・フォーセット氏、J・バーニー・シェリー氏等が助演している。

監督
ヴィクター・ヒアマン
出演キャスト
ユージーン・オブライエン メアリー・アスター ジョージ・フォーセット J・バーニー・シェリー
1918年

地獄のローマンス

  • 1918年公開
  • 出演(Thomas_McDonald 役)

フランク・A・キーニー氏が映画界へ入って製作せる第一回映画で、紐育の暗黒街が詳しく描写されてある。「暗黒界」の作者ポール・アームストロング氏の夫人なるキャサリン・カルヴァート嬢出演。今はセレクトの花形、「愛人の面影」等出演のユージーン・オブライエン氏や、「グローリア譚」のデイヴィッド・パウエル氏が共演して居る。

出演キャスト
キャサリン・カルヴァート デイヴィッド・パウエル Edwin Forsberg ユージーン・オブライエン

緑樹の下に

  • 1918年公開
  • 出演(Jack_Hutton 役)

ヘンリー・エスモンド氏原作の舞台劇で1908年始めて紐育で公演されたもの。之を「硝子の家」「操り人形」等の監督者エミール・ショータール氏が監督して撮影する人情劇である。主役は「沙漠の人影」「名花薔薇」「嘘言」等で紹介されたエルシー・ファーガソン嬢と、「愛人の面影」でノーマ・タルマッジ嬢の対手をしたユージーン・オブライエン氏の共演である。

監督
エミール・ショータール
出演キャスト
エルシー・ファーガスン ユージーン・オブライエン エドモンド・バーンズ Mildred Havens
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ユージーン・オブライエン