映画-Movie Walker > 人物を探す > 二代目中村吉右衛門

年代別 映画作品( 1968年 ~ 1995年 まで合計8映画作品)

1995年

歌舞伎役者片岡仁左衛門・登仙の巻

  • 1995年12月23日(土)公開
  • 出演

8年という歳月をかけて、歌舞伎役者・片岡仁左衛門丈の舞台から私生活に至るまでの姿をフィルムに収め続けてきた羽田澄子監督による、日本映画史上空前の長編ドキュメンタリーの最終章。平成3年11月の京都・南座の顔見世興行から、平成6年3月26日に90歳で登仙するまでを綴る。芸術文化振興基金助成作品。94年度キネマ旬報文化映画ベストテン第2位。16ミリ。

出演キャスト
片岡仁左衛門 片岡喜代子 片岡孝夫 中村勘九郎

鬼平犯科帳

  • 1995年11月18日(土)公開
  • 出演(長谷川平蔵 役)

小説・テレビ・舞台でと、幅広くその人気を誇る鬼平こと長谷川平蔵の活躍を描いたチャンバラ時代劇。監督は同テレビシリーズの監督もつとめている小野田嘉幹。原作は池波正太郎の同名ベストセラー。主演はテレビシリーズでもおなじみの中村吉右衛門。松竹創業100周年記念作品。

監督
小野田嘉幹
出演キャスト
中村吉右衛門 岩下志麻 藤田まこと 石橋蓮司
1989年

利休

  • 1989年9月15日(金)公開
  • 出演(徳川家康 役)

織田信長、そして豊臣秀吉に茶頭として仕えた千利休の生涯を描く。野上彌生子原作の小説『秀吉と利休』の映画化で、脚本・監督は「アントニー・ガウディー」の勅使河原宏、共同脚本は赤瀬川原平、撮影は「226」の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
勅使河原宏
出演キャスト
三國連太郎 三田佳子 松本幸四郎 中村吉右衛門
1978年

白き氷河の果てに

  • 1978年6月10日(土)公開
  • ナレーション

1977年に日本人隊員が登頂の難しさでは世界一といわれるK2登頂に成功するまでの姿を描く。監督は「チェチエメニ号の冒険」の門田龍太郎、撮影は瀬川順一他。

監督
門田龍太郎

お吟さま(1978)

  • 1978年6月3日(土)公開
  • 出演(高山右近 役)

茶道の名匠・千利休の娘・吟の悲恋を描く、今東光原作の同題名小説の映画化。脚本は「京舞・四世井上八千代」の依田義賢、監督は「北の岬」の熊井啓、撮影は「ねむの木の詩がきこえる」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
熊井啓
出演キャスト
志村喬 中野良子 梅野泰靖 高橋長英
1969年

あゝ海軍

  • 1969年7月12日(土)公開
  • 出演(平田一郎 役)

「闇を裂く一発」の菊島隆三と「殺し屋をバラせ」の石松愛弘が脚本を共同執筆し、かつて「海軍兵学校物語 あゝ江田島」を演出した村山三男がメガホンを握った戦記もの。撮影は「ある見習看護婦の記録 赤い制服」の上原明が担当した。

監督
村山三男
出演キャスト
中村吉右衛門 峰岸隆之介 森雅之 村瀬幸子

心中天網島

  • 1969年5月24日(土)公開
  • 出演(紙屋治兵衛 役)

近松門左衛門の同名原作を「あかね雲」の篠田正浩と詩人の富岡多恵子と武満徹が共同で脚色し、篠田が監督した文芸もの、撮影は、「雪夫人繪圖(1969)」の成島東一郎が担当した。第43回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位。

監督
篠田正浩
出演キャスト
岩下志麻 中村吉右衛門 小松方正 滝田裕介
1968年

薮の中の黒猫

  • 1968年2月24日(土)公開
  • 出演(彼(薮ノ銀時) 役)

「華岡青洲の妻」の新藤兼人がオリジナル・シナリオを執筆し、監督も担当した。平安期に時代をとった妖怪もの。撮影は「性の起原」の黒田清巳。

監督
新藤兼人
出演キャスト
乙羽信子 太地喜和子 中村吉右衛門 佐藤慶
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 二代目中村吉右衛門