映画-Movie Walker > 人物を探す > フランク・サリヴァン

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1958年 まで合計7映画作品)

1953年

ターザンの憤激

  • 1953年11月23日(月)
  • 編集

ソル・レッサー「ターザン魔法の泉」製作、レックス・バーカー(「ターザン魔法の泉」)主演の1952年作ターザン映画。「烙印」のシリル・ヒューム、「オペラの怪人」のハンス・ジャコビー、及びシャーリー・ホワイトの3人が合作した脚本を作家出身のシリル・エンドフィールドが監督した。撮影は「ライムライト」のカール・ストラッス、音楽は「平原の勇者」のポール・ソーテル。バーカー以下の出演者は「裸の町」ノドロシー・ハート、「わが谷は緑なりき」のパトリック・ノウルズ、「嵐を呼ぶ太鼓」のチャールズ・コーヴィン、トミー・カールトンなどである。

監督
シリル・エンドフィールド
出演キャスト
レックス・バーカー ドロシー・ハート パトリック・ノウルズ チャールズ・コービン

銃弾都市

  • 1953年3月13日(金)
  • 編集

製作ベネディクト・ボジャース、脚本リチャード・H・ランドー、監督ロバート・フローリー、音楽ルイス・フォーブスと、「片眼のジョニー」と同じスタッフによって製作されたギャング映画1949年作品。原作はロバート・モンローのラジオ・ドラマ“No Blade too Sharp”で、撮影は「夜歩く男」のジョン・アルトン。出演者は「南支那海」のジョン・ペイン、「落日の決闘」のソニー・タフツ、「コロラド」のエレン・ドリュー、「わが谷は緑なりき」のライス・ウィリアムズ、以下ジョン・ハーモン、ハリー・ブロンスン、グレタ・グランステットら。

監督
ロバート・フローリー
出演キャスト
ジョン・ペイン ソニー・タフツ エレン・ドリュー ライス・ウィリアムズ
1958年

アパッチ街道

  • 1958年9月23日(火)
  • 編集

アパッチを殺した男のために砦が危うくなる西部劇。E・ヘイコックス原作の映画化で、同年に公開された同じ原作による「アパッチの狼火」(52年制作)のオリジナル。日本では44分の短縮版で公開。監督はリチャード・ソープ、製作はサミュエル・マークス、原作はアーネスト・ヘイコックス、脚本はモーリス・ジェラティ、撮影はシドニー・ワグナー、音楽はソル・カプラン、編集はフランク・サリヴァンが担当。出演はロイド・ノーラン、ドナ・リード、チル・ウィルス、ファジー・ナイト、グロリア・ホールデンほか。

監督
リチャード・ソープ
出演キャスト
ロイド・ノーラン ドナ・リード チル・ウィルス ファジー・ナイト
1937年

悪漢の町

  • 1937年
  • 編集

「拾万ドル玉手箱」「悔悟」と同じくJ・ウォルター・ルーペン監督、クライド・デ・ヴィナ撮影によるウオーレス・ビアリー主演映画である。ストーリーはルーペンがプロデューサーのハリー・ラッフと協力執筆し、「戦友」と同じくシリル・ヒュームとリチャード・メイボームが共同脚色した。助演者は「春に背くもの」「踊るアメリカ船隊」のヴァージニア・ブルース、無名より抜擢されたデニス・オキーフ、「夕陽特急」のジョセフ・カレイア、「拾三番目の椅子(1937)」のルイス・ストーン、「山の法律」のガイ・キッビー、「モヒカン族の最後(1936)」のブルース・キャボット、「戦友」のクリフ・エドワーズ、「大都会」のグィン・ウィリアムスその他である。

監督
J・ウォルター・ルーベン
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ヴァージニア・ブルース デニス・オキーフ ジョゼフ・キャレイア
1930年

海行かば(1930)

  • 1930年
  • 編集

アルバート・リチャード・ウェチェン原作の小説を映画化したもので「藪睨みの世界」「ビッグ・パレイド」の原作者ローレンス・ストーリングスとW・L・リヴァー、チャールズ・マッカーサーの3人が脚色し台詞を付し「鴛鴦の舞」のサム・ウッドが監督した作品である。主演者は「生ける屍」「赤熱の抱擁」のジョン・ギルバートで、「ビッグ・ハウス」「支那街の夜」のウォーレス・ビアリー、「ビッグ・ハウス」「世界の与太者」のリーラ・ハイアムス、「人世の乞食」の原作者ジム・タリー、ポリー・モーラン、ドリス・ロイドその他が助演、カメラは「有頂天時代(1930)」「生ける屍」のパーシー・ヒルバーンが担任している。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ジョン・ギルバート ウォーレス・ビアリー リーラ・ハイアムス ジム・タリー
1929年

キートンの結婚狂

  • 1929年
  • 編集

「キートンの船長(キートンの蒸気船)」「キートンのカメラマン」につぐバスター・キートン氏の主演喜劇で「カメラマン」と同じくルー・リプトン氏の原作をアーネスト・パガノ氏が改作し「大飛行艦隊」「カメラマン」のリチャード・スカイヤー氏が撮影教本を作り「滑れケリー」「カメラマン」のエドワード・セジウィック氏が監督したもの。俳優としては主演者のほかに「冒険狂」「踊る娘たち」のドロシー・セバスチャン嬢、「遥かなる叫び」のリーラ・ハイアムス嬢、「風」のエドワード・アール氏その他が出演している。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
バスター・キートン ドロシー・セバスチャン エドワード・アール リーラ・ハイアムス
1928年

俺は探偵

  • 1928年
  • 編集

「俺は探偵」「俺は新兵」と同じくカール・デーン氏ジョージ・ケイ・アーサー氏の共演喜劇でロバート・ロード氏がストーリーを合作し併せて撮影台本を作りチェスター・エム・フランクリン氏が監督したもの。俳優としては主演者の他に「俺は新兵」「キートンのカメラマン」のマーセリン・デイ嬢、「活動役者」「黄金の世界へ」のテネン・ホルツ氏、駒井哲氏、クラレンス・リール氏等が出演している。キャメラは「ブロードウェイ・メロディー」「風」のジョアン・アーノルド氏が担任。

監督
チェスター・M・フランクリン
出演キャスト
カール・デーン ジョージ・K・アーサー マーセリン・デイ テネン・ホルツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フランク・サリヴァン